思わず読みたくなる”刺さる”ブログタイトルのコツとは

この記事を書いている人 - WRITER -

広島出身、関西在住のセールスコピーライター。
ブログやメルマガといったツールを活用し、文章で信頼関係を築くライティングを得意としている。

自身が過去に病気を患ったことがきっかけで、大切な人(家族、友人)と過ごす「当たり前の日常」に幸せを感じるようになった、2人の娘を持つパパライター。

➡詳しいプロフィールはこちら

中村 悠

うも、こんにちはセールスコピーライターの中村です。

今回は「人に読まれるブログタイトル」というテーマでお話をしていきます。

 

 

読まれるブログのポイントとは

あなたがネットを見る際、ホームページやブログなど、いろいろと目に入ると思いますが、目を引くブログと目を引かないブログの違いって意識してみたことありますか?

 

思わず読んでしまうブログって内容が面白いのはもちろんなんですが、「タイトル」に目がいってしまうんですね。

 

面白いタイトルだったり、自分に向けて書いているんじゃないか?と思うぐらいぴったりのタイトルだったり。

 

人が読みたくなるブログを作ろうとすると、この「タイトル」をしっかりと考えて運営していくことが最初の難関になります。

 

ブログのタイトルがいまいちだったり目を引かなかったら、どんなに内容の良い記事でも読んでもらえる可能性が下がってしまいます。

 

逆にいうと、タイトルが「おっ♪」っと目を引くようなものだったら、人は気になって内容を見ちゃうんです。

 

人に響くタイトルは、「いつの間にか集めてくれる集客ツール」にもなります。

ブログタイトルは最初に決めてしまえば、気が変わらない限りは、ずっと変わらないですよね?

 

だからこそ、最初にどんなに時間がかかったとしても、先を見据えた時には非常に時間効率のいい投資になるんです。
そう聞くと、「じゃあ、どんなタイトルにしたらいいの?」って気になりますよね?

 

先に結論を言うと、あなたにぴったりのブログタイトルはあなたにしか見つけ出せません。

 

 思わず読みたくなる、ブログタイトルの決め方

こういうと身も蓋もないので、今日は思わず読みたくなる、ブログタイトルの決め方のヒントをお伝えします。

 

いいタイトルを考えていく前に「よくないブログタイトル」ってどんなのだと思いますか?
すこし考えてみてください。

 

・・・

・・・

・・・

・・・

考えましたか?

 

答えは・・・

悪い例の典型はブログの初期設定などにある、「あなたの名前」の日記というタイトルなどです。

 

人は一般人の私生活に興味はない

あなたが芸能人や有名人であれば話は別なのですが、顔も名前もわからない人の日記を「忙しい時間を削ってでも読みたい!」

と思う人っていると思いますか?


なかなかいないんですね汗

では、また質問です。
逆に人が思わず読んでしまうブログってどんなものでしょう?

 

あなたが今まで気になったブログのことを思い出してみてください。

どうでしょう?


おそらく、あなたが興味があるキーワードが入っているのではないでしょうか?

 

僕の場合は最近はずっとコピーライティングを勉強していたので、「記憶術」とか「コピーライター」という言葉が入っていると、思わずクリックして中を読んでしまいます。

 

これが、すごく大切なポイントです。

 

タイトルを決める時には、何をテーマにしたブログか明確にする。

シンプルですが、これが原則となります。

そして大切なポイントがもう一つ。

 

読み手がメリットを感じるタイトルにする。

 

例えばですが読書好きの人が、「読書バカの書店めぐり放浪記」と少し気取ったタイトルをつけたとします。

確かにイメージしやすいタイトルではありますが、このブログを読むことで自分にメリットを感じませんよね?

 

「読書が好きでいろんな本屋さん巡りをしているんだな~」という印象しか受けません。

 


では、こんなタイトルだったらどうでしょう?

 「年間500冊を読破する、読書マニアが厳選する、泣ける1冊を紹介」

 

先ほどに比べたらイマイチセンスは悪いですが、最初よりは読みたくなりませんか?

このようにイメージしやすいタイトルだと、読み手の反応はよくなります。

 

それがなぜかというと?

実は”人間はみんな知りたがり”だからです。

 

 

何かのノウハウであったり、自分が興味があるタイトルだと思わず読まずにはいられません。

このポイントを意識するだけで一気に読者の反応はよくなります。

 

 

あなたもぜひ、ブログのタイトルはどんな人に読んでもらいたいか?意識して書いてみてくださいね^^

 

追伸:いいタイトルを思いついたら教えてください^^

⇒当サイトに来られた方はこちらのページもご覧になっています

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA