福岡在住のセールスコピーライター「中村 悠」の公式サイト&ブログ

神話の法則とは?映画や漫画など人々を魅了する物語の原点を徹底解説

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こぴらぼの運営者、奥さんと2人の娘と福岡で暮らすセールスコピーライター。 伝え方を知らないだけで「良い商品」が消えていく一方、伝え方が上手ければ「粗悪品でも売れていく」現状に不満を感じている。 本業の傍ら、ブログで「自分がいいと思った商品を”勝手に”紹介する」ことが趣味。 モットーは「商品(サービス)の価値を100%引き出す文章」を書くこと。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、セールスコピーライターの中村です。

この記事では、人気映画や漫画など「人々を魅了する物語の型」となった「神話の法則」について解説していきます。

 

あなたは、「神話の法則」という言葉をご存じでしょうか?

多くの人を魅了する「映画」や「漫画」などは、必ず「物語の型」というものが存在しています。

 

一見、同じようには見えないストーリであっても、根っこの部分は、基本的に同じ構成で出来ているということですね。

 

実は、この「物語の型」は、文章の書き方にも応用することができるんです。

 

そこで、今回の記事で、人を惹きつける文章を書くためのキモとなる「ストーリーライティング」について役立つ「神話の法則」という本の紹介をしていきます。

人気映画のストーリーを分析できるようになれば、自然と読まれる文章が書けますよ

中村

ストーリーの流れを意識しながら映画を見ることないですもんね

文子

 

気になる部分から読む

「神話の法則」ってそもそも何なの?

「神話の法則」とは、すべてのストーリーに使われている王道の型です。

世界中で流行っている映画も漫画も、この世の中に溢れるすべてのストーリーに、今回お話しする「神話の法則」が使われているんですね。

 

神話の法則とは、簡単にいうと「人が共感してしまうストーリー」のこと。

そして、神話の法則は「書籍」にもなっています。

 

な、なんですか!この値段はー!!

文子

実は、神話の法則はすでに廃刊になっていて、一般書店で買えないからプレミアがついちゃってるんだよね。

中村

 

「神話の法則」ライターズ・ジャーニーは、著者のジョーゼフキャンベルが、彼自身の神話研究とカール・Gユングの深層心理学をもとに書いた「ヒーローズ・ジャーニー」をさらに発展させたものです。

「神話の法則」も「ヒーローズ・ジャーニー」もかなり読み応えのある本なので、もし興味がある場合は気合を入れて購入することをおすすめします。

 

簡単にいうと「神話の法則」は、クリストファーフォグラーが、ライター向けのガイドブックを書こうと思いヒーローズジャーニー」のコンセプトと現代的なストーリーライティングを何とか結びつけようとしてできたものなんです。

 

内容的には、

  • 異なった事柄の相対的な関係
  • 物語を書く工程
  • ストーリーの中で絶対に機能しなくてはいけない部分
  • ライターであることの喜びと苦しみ
  • 人生を通しての魂の旅

このようなことが書いてあり、ストーリーライティングを身につけたい人にとって、「神話の法則」は、ぜひとも手に入れておきたい名著でもあります。

 

ただ、誰にでも手に入れられるものではないのは事実です。

そこで、今回の記事で本を読まなくてもエッセンス的なことは理解できる」ようにお話ししていきます。

 

神話の法則は「どんな場所」で使われているの?

実は、神話の法則は文章だけではなく、マンガや映画などあなたの身近なところで使われています。

 

有名どころでは、

  • ドラゴンボール
  • ワンピース

などの大人気漫画。

  • ジブリ映画
  • スターウォーズ

といった、大人気映画など様々なシーンで使われているんですね。

 

このように、多くの人を魅了する物語には「神話の法則」を題材にした型によって作られているわけです。

もし、今回お話する神話の法則の型を踏まえた上で、お気に入りの映画や漫画などを、もう1度見てみるとまた違った視点を持つことができますよ。

 

「神話の法則」にはどんなことが書いてあるの?

神話の法則の気になる内容ですが、実はストーリーライティングについて書かれている本ではありません。

心を動かす文章を書く為の本といっても、別にセールス法が書かれている本とかではなくて、ギリシャ神話がどういう風に作られているのか?」というのを説明しているだけの内容なんです。

 

じゃあなぜ、神話の法則が人を魅了するストーリーの型だといわれているんでしょうか?

その理由は、神話の法則の中に人生と共通する部分が沢山でてくるからなんです。

 

神話の法則を使ったストーリーを見ているとわかるんですが、「あ、これなんか自分体験したことあるな」というような感情を無意識に感じ、ストーリーの主人公と自分の人生とを重ね合わせてみるようになります。

 

映画でいうと主人公と自分をいつの間にかリンクさせてみることになるので、自然とストーリーに引き込まれていくわけですね。

 

神話の法則のストーリー(物語)が「人々の共感」を生む理由

なぜ、神話の法則を使った物語が共感されやすいのかというと、神話の法則の中で書いてある内容が人生とで迎えるステージと共通する部分が多いからなんですね。

 

ステージっていうのは、言い方を変えると「場面」のことで、人生でよく出くわすような場面のようなものです。

人生でおこるような様々な場面と同じようなシーンというのが神話の法則にも出てくるというわけです。

 

それともうひとつ共感される理由があります。

それが何かというと、共通のキャラクターが出てくることです。

 

神話の法則ではアーキタイプと呼ばれていますが、よくある典型的なキャラクターの事を指しています。

 

簡単にいうと、メンターとか敵とか、門番という風に色々なキャラクターが出てきて主人公に様々な影響を与えていくわけです。

で、そういうのが人が生きていく上での人生と似ているように思われて、共感を生んでいくんですね。

 

具体的に、神話の法則は12のステージで構成されています。

それぞれのステージを具体的にお伝えしていきますね。

 

神話の法則における「12のステージ」を紹介

神話の法則は、12のステージから作られています。

具体的には、

  1. ステージ1. 日常の世界(オーディナリーワールド)
  2. ステージ2:冒険への誘い(コールトゥアドベンチャー)
  3. ステージ3.冒険への拒絶(リフューザル・オブ・ザ・コール)
  4. ステージ4.賢者との出会い(ミーティング・ウィズ・ザ・コール)
  5. ステージ5.第一関門突破(クロッシング・ザ・ファースト・シュレストホールド)
  6. ステージ6.試練、仲間、敵対者(テスト、アライズ、エネミーズ)
  7. ステージ7.最も危険な場所への接近(アプローチ・トゥ・ジ・インモウスト・ケイブ)
  8. ステージ8:最大の試練(オーディール)
  9. ステージ9.報酬(リウォード)
  10. ステージ10.帰路(ザ・ロード・バック)
  11. ステージ11.復活(リシュアラクション)
  12. ステージ12:宝を持って帰還(リターン・ウィズ・ジ・エリクサー)

この12のステージですね。

 

1段ずつステージを上がっていくことで、未熟な主人公が成長していくというストーリー構成になっているんです。

では、1つずつお話していきますね。

 

神話の法則ステージ1. 日常の世界(オーディナリーワールド)

神話の法則ではオーディナリーワールドという風に呼ばれています。

物語は、最初「必ず日常の世界から」はじまります。

つまり平穏な日々ですね。

 

いきなりバトルや事件から始まるんじゃなくて、主人公の平穏な生活シーンから始まります。

 

神話の法則ステージ2:冒険への誘い(コールトゥアドベンチャー)

日常生活を過ごしている主人公に「冒険への誘い」があります。

これを神話の法則ではコールトゥアドベンチャーといっていますが、主人公が冒険に誘われるステージです。

 

誘うのは、人であったり何か使者が来て冒険への誘いをしてきたりとか、使者がそのまま賢者になることもあります。

つまり、日常から抜け出すための何か出来事」が起こるわけですね。

 

神話の法則ステージ3.冒険への拒絶((リフューザル・オブ・ザ・コール)

これは、必ずあるわけではないですが、一部の主人公は一度冒険を断ります。

 

誘われるんですけど「いや、自分はいいです」みたいな。

映画とか見ていたら、意外とこういう主人公も多いですよね。

 

神話の法則ステージ4.賢者との出会い(ミーティング・ウィズ・ザ・コール)

賢者というのはメンターのことですね。

主人公を導く賢者(メンター)を紹介するステージです。

 

賢者の役割は、主人公に見知らぬ世界と直面するための準備をさせる事」であり、賢者は案内や手引き、アドバイス、魔法のアイテムなどの手助けとなる道しるべを主人公に提供するなどします。

賢者は主人公とは一時的にしか行動を共にしない場合が多く、大体は賢者抜きで冒険に立ち向かうことになるわけです。

 

神話の法則ステージ5.第一関門突破(クロッシング・ザ・ファースト・シュレストホールド)

5つめのステージは、第一関門突破。

主人公が第一関門を突破する事で本格的な冒険が始めることになります、ここが第一幕のターニングポイントに当たる場面ですね。

 

“特別な世界”の入り口には関門があり、その関門には妨害する何かがあり、試練を乗り越えることで主人公は冒険の世界に入り込んでいくわけです。

一人でいったり、メンターと一緒にいくなどパターンはありますが、その関門を突破しなくてはいけないというような第一の試練が必ずでできます。

 

神話の法則ステージ6.試練、仲間、敵対者(テスト、アライズ、エネミーズ)

冒険の旅を始めた主人公の前に、試練や仲間、敵といった様々なキャラクター達が出てきます。

主人公は、連続して起こる試練を切り抜けていくことになります。

 

神話の法則ステージ7.最も危険な場所への接近(アプローチ・トゥ・ジ・インモウスト・ケイブ)

7番目が最も危険な場所への接近。

簡単にいうと、ラスボスのようなものがいる場所に近づいて行っているイメージ」ですね。

 

ドラクエで例えると魔王の城みたいな。

ここでは主人公が計画を立てたり入念な準備をして、強健な門番や罠といった降りかかる様々な障害を潜り抜けて行きます。

 

神話の法則ステージ8.最大の試練(オーディール)

物語真ん中に来る山場の一つです。

最も危険な場所の最深部であり、最強の敵「影(悪役)」と対決します。

 

主人公に最大のピンチが訪れますが、最大の危機を序盤で”賢者”から受け取ったアイテムを使い回避します。

読者は主人公と共にピンチからの大逆転を見る事で興奮を感じるシーンとなります。

 

ボスである最強の敵は痛めつけられはするものの、そこではやられず、後々クライマックスである「復活」で再登場するパターンが多いようです。

 

神話のステージ9.報酬(リウォード)

危険を乗り越えた後は、見事最大の試練を乗り越えた主人公に報酬が与えられます。

それは、冒険の目的であった何かを手に入れるという事であり、「復活」を控えた束の間の勝利でもあります。

 

魔王を倒して姫を連れて帰るというようなイメージですね。

 

神話の法則ステージ10.帰路(ザ・ロード・バック)

実はまだ完全にクリアとはなっておらず、手に入れた報酬を持ち帰る過程で何かしら危機が訪れます。

それは、「最大の試練」で逃げられ体勢を立て直したラスボスからの反撃や追跡だったり、残党による復讐。

 

または建物が壊れていくシーンでだったりします。

そういった最後の難関からの主人公の脱出を描くのがこのステージです。

 

神話の法則ステージ11.復活(リシュアラクション)

ストーリーの最大の山場であるクライマックス。

ラスボスとの最後の対決であり、成長のラストチャンスです。

「徹底的に主人公を追い詰め間違い無く死ぬ」という所までいきながら、大逆転し読者の感情を爆発させます。

最終的に悪は滅び、主人公は勝利を手にします。

「復活」での勝利は、得るものが大きい分代償も大きい場合があり、ほとんどの場合何かを犠牲にして達成されます。

それは仲間、信念、道具、自らの命であったりします。

 

神話の法則ステージ12:宝を持って帰還(リターン・ウィズ・ジ・エリクサー)

冒険によって手に入れた宝(物、経験、教訓)を”日常の世界”に持ち帰ります。

主人公がこの冒険の中で教訓を学び取ったか確かめるため、かつて主人公が失敗を犯した時と同じ状況がまた現れ、今度は正しい行動を取る事で読者に主人公の成長を理解させたりする場合もあります。

 

かつて、未熟だった主人公は内面的にも成長しており、新たな人格を備えて物語は完結することになります。

作品によっては、はっきり結論を出さないものや衝撃的などんでん返しが起こる場合もあります。

 

まとめ.神話の法則を理解すると世界観が伝わる

今回は、読まれる文章を書くなら必須となるストーリーライティングの教科書についてお伝えしました。

この記事を読んだからといって、すぐにストーリーライティングを書けるようにはなりません。

 

やっぱり練習は必要なわけです。

ただし、お手本もなくガムシャラに練習するよりは、お手本を参考にして練習をした方が確実に上達は早くなります。

 

神話の法則を理解して文章を書くことができれば、あなたの文章は何倍も魅力的になります。

世界観を伝えるストーリーライティングをぜひ身につけてみてくださいね。

 

おまけ(ここまで読んでくれた方へのお礼を兼ねた情報)

今回、神話の法則について僕なりの解釈でお話させていただきました。

ここまで書くのに、どうやってお伝えしようかと考えながら何度も書き直していたので、4日くらいかかっています笑

 

僕なりにイメージしやすくお伝えしたつもりですが、もしかしたら「ドラゴンボール見たことないし!」という衝撃の事実が、あなたの口から飛び出すかもしれませんもんね。

 

「どうしても実物を手に入れて読んでみたい、しかも中古じゃなくて新品がいい!」と思ったあなたのために特別に僕が新品を手に入れたルートをお教えします。(怪しいルートじゃないですよ)

 

 

市場には出回っていませんが、出版元であるストーリーアーツ&サイエンス研究所さんに必要事項をメールすれば、なんと!神話の法則の新品を定価で手に入れることができます。

 

現在、手元にある在庫で完全に終了らしいので、どうしても手に入れたいという方は連絡してみてください。

運が良ければまだ購入できるはずですよ。

 

⇒当サイトに来られた方はこちらのページもご覧になっています

 

この記事を書いている人 - WRITER -
こぴらぼの運営者、奥さんと2人の娘と福岡で暮らすセールスコピーライター。 伝え方を知らないだけで「良い商品」が消えていく一方、伝え方が上手ければ「粗悪品でも売れていく」現状に不満を感じている。 本業の傍ら、ブログで「自分がいいと思った商品を”勝手に”紹介する」ことが趣味。 モットーは「商品(サービス)の価値を100%引き出す文章」を書くこと。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© コピラボ|セールスコピーライターの研究室 , 2017 All Rights Reserved.

error: