文章を”資産化”する方法を研究するメディア

福岡県に住むセールスコピーライター「中村 悠」のプロフィール

WRITER
 
スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住のセールスコピーライター。 商品(サービス)の価値を言語化し、「必要な人に必要なモノを届ける」ことを生業としている。 最近は、クライアントに安心と確かな価値を提供するため、薬機法ライティングについてもコソコソ研究中。
詳しいプロフィールはこちら

はじめまして!福岡県在住のセールスコピーライター「中村悠(なかむら ゆう)」です。

当ブログに興味をもっていただきありがとうございます。

 

この記事では、「僕のプロフィール」「このブログで伝えたいこと」「提供できるスキル」などをお伝えしていきますね。

 

当サイト運営者「中村 悠」の簡単な経歴

自己紹介するイラスト

1981年生まれの37歳、広島県出身。

2人のかわいい娘と怖い奥さんに囲まれ、4人で細々と生活しています。

 

好きなことは「ドライブ」「自転車でのポタリング」「家族写真の撮影」というステキなアラフォーパパです。

自分でステキとかいうなー!

文子

 

元々、転勤族だったこともあり「広島」⇒「名古屋」⇒「兵庫」⇒「福岡」と移住生活を送ってきまたが、生活においては福岡が一番住みやすいと感じています^^

 

一応、上場企業に勤めていたため、転勤もめずらしくなく、数年周期で「家族を振り回す生活」を繰り返していました。

引っ越しに関しては、「娘が友達を離れるのを悲しむ姿」は、親としてやらり見ていて辛かったです。

 

引っ越しを重ねるにつれ、「一生家族を振り回し続ける生活は嫌だ!」という思いがフツフツと湧いてきて、未経験ながらブログを使った副業にチャレンジ。

 

ブログをはじめて半年以上は、全く結果の出ない毎日を過ごしましたが、色々な出会いや支援に助けられ、紆余曲折がありながらも収益化させることに成功しました。

自分の書いた文章がお金に変わる経験をしたことで、少しだけ「家族に楽をさせてあげる」ことができたのは、父親として最高の喜びでしたね。

 

現在は、クライアントの「集客」や「販売」を支援するかたわら、ブログを通して自分と同じような悩みを持つ方に向けた情報発信などを行っています。

 

せっかく訪れてくださった縁です。

もしかしたら長いお付き合いになるかもしれませんので、僕の過去を紹介しますね。

 

「潰瘍性大腸炎」という難病との闘病生活で人生のどん底を味わった

僕は昔から「自分の気持ちを表現する」ことが苦手でした。

 

言いたいこともいえず、我慢し続けた結果、19歳の時に原因不明の「潰瘍性大腸炎」という難病にかかってしまうことに。

3年間の闘病生活は、僕の人生にとって大きなターニングポイントになりました。

 

食事制限でまともに食べられるものがなく、何を楽しみに生きればいいのかわからない日々を送っていたんですね。

この時期は「なぜ、自分だけがこんな思いをしなくてはいけないんだろう」と世の中のすべてを恨んでいました。

 

しかし、闘病生活も3年の月日が流れたある日、僕の人生はガラリを変わります。

ネットで偶然知った「薬」と「医師」との出会いで「当たり前の日常」を取り戻すことができたんです。

 

詳しくは下記の記事で書いています。

 

当たり前の日常とはたとえば、

  • 普通に、ごはんを食べること
  • 普通に、仕事をすること
  • 普通に、好きな恋人とデートをすること
  • 普通に、結婚して子供を授かること

このような何気ない日常が「特別なもの」だと感じるようになったんですね。

多くの人は「普通の日常」に不満を持ちますが、その普通の日常を過ごせない人も世の中には大勢いるわけけです。

 

広島漢方のおかげで、当たり前の日常を取り戻した僕は、「後悔しない人生を送る」と決め、社会人になると同時に、様々なことにチャレンジし失敗を繰り返しました。

 

過去に経験した恥ずかしい失敗の数々

「とにかく直感を信じて行動する」と決めた僕は、思うがままに就職と転職を繰り返します。

結果的に、20代のうちに3回の転職を経験しました。

 

過去に経験した職種は以下のような感じです。

1社目:「呉服を販売できれば何でも売れる」という言葉で動機付き、離職率約70%の呉服企業に就職するが3年後に倒産。(ちなみに、この会社は当時ブラック企業のランキングで殿堂入りしていました)

2社目:家族経営の美容企業に入社するも、3年「社長、部長に次ぐ3番目の古株」になるという異常事態を経験。(離職率約90%)

3社目「事業を拡大するから手伝わないか?月収100万も夢じゃないぞ?」と誘われ、雇用保険もないベンチャー企業に入社するも、たった2か月で会社の方針転換を理由に解雇。

4社目:ガムシャラに働き、取締役に引き上げて新規プロジェクトメンバーに抜擢されるも「取締役の突然の退職」が原因で部署が解散となり別部署に左遷

 

このように、「上層部の都合に左右される人生」をおくり続けていたんです。

その結果、「人の都合に左右される人生」に疲れてしまった自分がいました。

ほんと何をやっても上手くいかなかったんだよね

中村

 

ぜんぜんダメじゃないですか~

文子

 

自分の子供に不自由のない生活をさせたい

やる気スイッチON

独身時代は、本当に直感だけで生きてきました。

色々と勢いだけで挫折を経験し、失敗しても何とかなりましたからね。

 

でも、結婚して子供を授かったことで、「このままではダメだ」という気持ちが芽生えたわけです。

自分の欲望のままに生きるのではなく、「家族を守れるチカラがほしいという思いが湧いてきました。

 

 

以前から「このままではいけない……」ということは、わかっていたんです。

ただ、”自分を変えたい” という気持ちはあっても、「自分に何ができるのか?」という答えが見つかりませんでした。

 

とにかく行動しなければ始まらないと「自己啓発本」を読み漁った時期もあります。

色々な資格やセミナーなどを受講して、自分にできることを探してきましたが、頑張れば頑張るほど、思いと実力のギャップに落ち込んでいきました。

 

 

がんばっても報われない現実に、「自分は何をやっても無理なんじゃないか」と何度も諦めかけました。

 

そんな時に、僕に人生の転機が訪れることになります。

それが、知人が投稿した1本のFacebook投稿でした。

 

セールスコピーライターという職業との出会い

何気なくFacebookの投稿を見ている時に、知人がある講座をシェアをしているのを見つたんです。

 

その講座こそ、恩師が主催していた、セールスコピーライター養成講座でした。

当時コピーライティングというスキルの存在も知らないド素人の僕は、講座のセールスレターを読んだ瞬間「ハート」をズドン!と打ち抜かれました。

 

「自分が求めていたのはこれだ!」と直感で、感じてしまったんです。

どうしても受講したい!」という気持ちを抑えきれず、投稿を見た翌日に、当時妊婦だった奥さんに「受講させてほしい」と頼み込むことになります。

 

当然ながら、あり得ないほど反対され「離婚の話」も出たほど激怒されました。

今思い出すだけでもおそろしい……

中村

 

何度も頼みこんだ結果、結果的に「諦め気味に許可してくれた」奥さんには本当に感謝しています。

「セールスコピーライターいう職業」「コピーライティング」というスキルと出会えたことで、今の僕があるわけですから。

 

副業でブログ「こぴらぼ」をはじめる

新装開店のイラスト

セールスコピーライターは「パソコン1台」で仕事を完結できるため、様々な働き方ができます。

 

たとえば、収益を得る方法1つとっても、

  • ストック型…自分で仕事を生み出す働き方(仕組みを作って継続収入を得る)
  • フロー型…仕事をもらう働きかた(単発受注で数をこなす)

といった2種類の働き方ができるんですね。

 

僕は正直、コピーライターとしては「王道ではない働き方」をしているかもしれません。

初心者必見!経験ゼロでもできるセールスコピーライターの始め方にも詳しく書いていますが、僕の場合、「本業」と「子育て」を両立しながら副業で活動をスタートさせたので、外に出向いて営業するというスタイルがとれませんでした。

自由があっても、グイグイ営業するのいは苦手なんですけどね

中村

コミュ障か!

文子

 

そのため、「ブログを使ってコピーライターとして認知してもらう」という方法しか取れなかったんです。

講座で一緒だった同期が、次々に成果を出していく姿をSNSで見かけて焦ってしまうこともありました。

 

ただ、遠回りした経験が僕のスキルを高めてくれることに繋がっています。

 

過去にご依頼いただいたクライアントの実績は守秘義務にご紹介できないので、僕自身のケースを少しお伝えしていくと、

  • 「定員10名の小規模講座」を運営し、チラシのみで「累計1784名」を動員(広告作成)
  • 健康系、子育て系、ビジネス系など狙ったキーワードで上位表示を達成(SEOライティング)
  • ブログ主要記事の平均滞在時間(月)6分以上を達成(コピーライティング)
  • 導線を意識したサイト構成にした後、直帰率が20%低下(ブログノウハウ)
  • ブログからの収益月10万以上を達成(アフィリエイト)

といったように、華々しい実績ではありませんが、凡人の僕でも成果を出すことができました。

「失敗し続けた」ことで得ることができた経験は、僕にとって大きな財産になっています。

 

努力をしたことに、1つも無意味なことなんてないんです。

 

これから実現していきたい「未来」と「方向性」

僕が、今後実現していきたい目標は2つあります。

それは、

  1. 「文章を資産化できる仕組み」を作りをできる人を100人作ること
  2. 「いいもの、サービス」を扱っているのに「売れない」人の支援をすること

僕自身、過去にいろいろあったことがきっかけで「コピーライティング」という、文章を資産化できるスキルと出会うことができました。

それと同時に、世の中には「伝え方を知らないだけで埋もれてしまっている、いい商品(サービス)」がたくさんあることも気づいたんです。

 

資本のある企業であれば、広告で「商品をバンバン販促」できるかもしれません。

しかし「個人レベルのビジネス」であれは、どうしても自分の手で記事を書いたり、販促したりする必要がでてくるはずですよね。

 

そんな方にも「文章を資産化してほしい」と思いメルマガ講座「Secret Labo(秘密の研究室)」を作成し、情報をお届けしています。

 

参加無料なので、興味があれば登録してみてください^^

 

自分の子供が大人になった時に、安心して「いいモノ、サービス」を手に入れることができる世の中であるために、小さな力ではありますが、日々精進していきます。

 

様々な失敗を経験した「挫折神」からのメッセージ

神の字

当サイトは、「自分の文章を資産化する」というテーマで情報情報発信をしているブログです。

自分の文章を資産化することは、努力次第で誰にでもできます。

 

何をやっても上手くいかなかった僕でもできたんです。

あなたにできないはずはありません。

 

大切なのは「正しい努力」を続けることができるかどうかです。

 

ちなみに僕が伝える「文章を資産化する方法」とは、主に3つの定義を持っています。

  • 自分の書いた文章で「集客」をすることができる=人を集める
  • 自分の書いた文章で「ファン」ができる=信頼を構築できる
  • 自分の書いた文章で「商品(サービス)を広める」ことができる=お金を生み出す

これらのスキルを高めることで、あなたの書いた文章は資産になります。

 

そして身につけた文章は「あなたの一生の財産」になります。

その理由は、「この世界が言葉でできている」からなんですね。

 

つまり一生廃れないスキルを身につけることができるということなんです。

 

たとえ、あなたが忙しくても関係ありません。

  • 子育て中の主婦
  • 副業に興味のあるサラリーマン
  • 自分の商品を世に広めたい個人事業主

活動を制限されている方にこそ、「文章で人を行動させる方法」を知ってほしいと思います。

文章を資産化できれば、きっとあなたの人生は変わるはずです。

 

「自分の文章」を資産化して人生を変えよう

人差し指を指している男女のイラスト

人生の大半を「挫折」と共に過ごしてきた僕ですが、「コピーライティング」と「ブログ」と出会ったことで、僕の人生はいい方に好転しました。

「人生は自分の選択ですべて決まる」とよくいいますが、本当にそう思っています。

 

何の取り柄もない凡人の僕でも、現実を変えることができんたんです。

たった、1日1時間の活動でも積み重ねれば、「人生を変える」こともあります。

 

以前に比べたら、「子供と過ごす時間」は増えましたし、「子供の望みを叶えてあげられる自分」になりました。

 

ただ、僕自身現時点で、「成功者」と呼べるほどの「実績」も「資産」もあるわけではありません。

「ブログの読者さん」「信頼いただいたクライアント」の悩みを解決することで、コツコツ築いていきたいと考えています。

 

何か文章悩んでしまう場合は「問い合わせフォーム」から、お気軽にご相談ください。

それでは、これからどうぞよろしくお願いいたします!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住のセールスコピーライター。 商品(サービス)の価値を言語化し、「必要な人に必要なモノを届ける」ことを生業としている。 最近は、クライアントに安心と確かな価値を提供するため、薬機法ライティングについてもコソコソ研究中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© コピラボ|コピーライティング研究所 , 2018 All Rights Reserved.

error: