【衝撃の事実】人間は8つの基本的欲求によって知らない間に操作されていた

この記事を書いている人 - WRITER -

広島出身、関西在住のセールスコピーライター。
ブログやメルマガといったツールを活用し、文章で信頼関係を築くライティングを得意としている。

自身が過去に病気を患ったことがきっかけで、大切な人(家族、友人)と過ごす「当たり前の日常」に幸せを感じるようになった、2人の娘を持つパパライター。

➡詳しいプロフィールはこちら

中村 悠

どうも、コピーライターの中村です。

なんだかわからないけど、どうしてもその商品が欲しい!ってなっちゃうことってありますよね。

僕は物欲はそんなに強い方ではありませんが、1度欲しいと思ってしまうと何としてでも手に入れたいと思ってしまう厄介な性格をしています。

俗にいうカタチから入るタイプですね笑

 

実は人間には逆らうことのできない、基本的な欲求があります。

今回は決して逆らうことのできない人間の8つの衝動というテーマでお伝えしていきますね。

 

人間の行動を支配している欲の正体とは

僕たちの行動を支配している欲とは、そもそもどんなものなんでしょう?

欲とは

何かを欲しいと思うことや、そう感じている状態、欲望、欲求などともいう。

人間(ヒト)、動物が、それを満たすために何らかの行動・手段を取りたいと思わせ、それが満たされたときには快を感じる感覚のことである。

生理的(本能的)なレベルのものから、社会的・愛他的な高次なものまで含まれる。心の働きや行動を決定する際に重要な役割をもつと考えられている。

引用:Wikipediaより

 

ちょっと書いてあることが回りくどいですが、簡単にいうと僕たちの中に本能的にプログラムされている感情のことですね。

 

欲と聞いてどうですか?

「確かに毎日欲にまみれてるな~」という人と、「いやいや、欲は持たずに毎日がんばってるよ!」という2つのタイプに分かれると思います。



ちなみに僕は欲にまみれています。(欲って大事だよ)



あなたがよっぽどの資産家でお金に不自由していない場合を除けば、大体の人はどこかで節約しなくてはいけないという気持ちは持っています。

でも、なぜか欲に勝てずに買ってしまう。

 

なぜなんでしょう?

最初にお伝えしておくと、人間は基本的に「欲」に勝つことは不可能とはいいませんが、かなり難しいです。



テレビ番組を見ているとよくわかりますが、私たちの欲をグイグイ刺激してきます。

特に食べ歩きする番組で紹介されたお店なんかは、翌日から多くの人が押し寄せます。

 

あれなんかまさに人間の「食欲」を刺激しているから起こるんですね。

 

他にも、お金持ちの大豪邸紹介コーナーなんかもよくありますね、あれは「自分もこんな風になりたいな」という「名誉欲」を刺激してきます。

 

あなたは、今まで何か文章を書くときに「欲」を意識しながら書いたことってありますか?

恐らくないのではないでしょうか?

 

これからお伝えする話を読めば、今後は欲を意識した文章を書くことがどれだけ大切かということが分かるはずです。

 

人が逆らう事ができない生命の8つの躍動

ここまで「欲」についてお話してきましたが、ひと言で「欲」といっても色々ありますよね?

 

例えば、

  • 「あと10分だけ・・・」と2度寝してしまう
  • 「キレイな女性や素敵な男性とデートしたい」
  • 「ブランドのバッグがほしい」
  • 「高級な外車に乗りたい」
  • 「いつも、自分をバカにしているあいつをいつか見返してやりたい」
  • 「かっこいい彼氏を作りたい」
  • 「かわいい彼女を作りたい」
  • 「マイホームを持ちたい」

 

というように、色々な欲がありますが、数ある欲求の中でも特に強力な欲求があるんです。

 

その欲求のことを「生命の8つの躍動」といいます。

 

 

どれくらい強力なのか?というと、

人間に命があるかぎり「生命の8つの躍動」からは逃れることはできません。

 

だからこそ、広告業界の人間やコピーライターは意識的に8つの躍動を使ったプロモーションを打ちだしていきます。



プロも使っている、欲を刺激する文章をあなたも自在に操ることが出来たらどうでしょう?

想像するだけでワクワクしてきませんか?

 

人間が本能的に持っている「生命の8つの躍動とは」

では、実際に8つの躍動にはどういうものがあるのかを紹介していきますね。

生命の8つの躍動

  1. 生き残り、人生を楽しみ、長生きしたい
  2.  食べ物、飲み物を味わいたい
  3.  恐怖、痛み、危険を逃れたい
  4.  性的に交わりたい
  5.  快適に暮らしたい
  6.  他人に勝り、世の中に後れを取りたくない
  7. 愛する人を気遣い守りたい
  8. 社会的に認められたい

 

この8つです、どうでしょうか?

何となく、この欲求にいつも行動させられている気がしませんか?

 

ちゃんとしたCMや広告、通販番組などは必ずどれかの欲を刺激して思わず購入したくなるように仕向けています。

意識して広告などを見てみると、どんな欲求を刺激しようとしているのかわかってきて面白いですよ。

 

 

ひとつ具体例を挙げてみると・・・

通販生活のカタログって見たことありますか?

通販生活のカタログはキャッチコピーなどもよく考えられていて、グイグイ欲求を刺激してきますので思わずほしくなっちゃう文章が多く、参考にするのにおすすめです。

 

例えば、通販生活の中にあるアラジントースターという商品を例にとってみると、

 

トーストがこれほど美味しく焼ける機種はほかに見当たらない。これがトーストファン納得の「外カリ内ホワ」の本物だ。

というキャッチコピーで、特に「外カリ内ホワ」という言葉が2番の食べ物を味わいたいという「食欲」を増幅させるイメージを沸かせます。

 

こういう視点で広告を見てみると、電車のつり革広告も、街中の看板も、ポストに投函してあるチラシも、すべてが文章を勉強するための教材になります。

ぜひ、ゲーム感覚で意識してみてくださいね。

 

生命の8つの躍動の使い方

8つの欲のことはわかった。
じゃあ、どういう風に使えばいいの?

とうあなたのために、使い方も少しお話ししていきます。

8つの躍動を使えるようになると、どんなメリットがあるかわかりますか?

・・・

 

・・・

 

・・・

考えましたか?



実は8つの躍動を使うことで、読み手の脳を刺激し心を鷲掴みに出来るんです。

そして、商品が欲しくてたまらない!という気持ちにさせることもできます。怖いね

 

  •  美味しいもの食べたい。
  •  旅行に行きたい。
  • 好きな人に感謝されたい。
  • 上司に認められたい。

こんな欲求を刺激することで、読み手は自分の欲求を抑えることが出来なくなるんです。

 

そんなイヤらしい文章書いたら読んでくれる人に嫌われちゃうよ!と思いましたね?

でも、違うんです。

 

むしろ、直接「欲」を刺激してあげたほうが読み手は反応しますし、特に商品などを売る場合は反応率が上がります。

 

以前の記事でも書きましたが、人は基本的にあなたの文章を読みません。

読んでもらうためには、インパクトのあるメリットを読み手に一瞬で感じてもらう必要があります。

 

つまり、本気で売れる文章が書けるようになりたければ、グイグイ欲求を刺激する文章も書けるようにならないといけないんです。

いったん書けるようになってから、自分のカラーに薄めていくと反応はありつつ、イヤラシイ文章ではなくなります。

 

でも、最初から自分のカラーを出しすぎると全く響かない文章になってしまうので、グイグイ欲求を刺激する文章を書けるようまずは意識してみてくださいね

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は人間が知らない間に支配されている、8つの欲についてお話しました。

欲をグイグイ刺激する文章と聞くと拒否反応を示したかもしれません。

 

でも、本当にいいもので買ったお客さんにとって必要なものならば、欲しい!という気持ちにさせてあげる必要なあります。

あなたがすすめてあげないと、もしかしたらお客さんは粗悪品を買ってしまうかもしれません。

本当にいいものを必要としている人に届けてあげるためにも、欲を刺激する文章は身につけてみてくださいね。

では、また^^

 

⇒当サイトに来られた方はこちらのページもご覧になっています

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA