文章を”資産化”する方法を研究するメディア

なんで集中するの?コンビニが隣同士で出店する本当の理由を考察してみた

WRITER
 
【アイキャッチ画像】コンビニが隣接しているのはなぜ?
スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住のセールスコピーライター。 商品(サービス)の価値を言語化し、「必要な人に必要なモノを届ける」ことを生業としている。 最近は、クライアントに安心と確かな価値を提供するため、薬機法ライティングについてもコソコソ研究中。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、セールスコピーライターの中村です。

今回は、僕が以前から思っていた「コンビニはなぜ隣接して出店するの?」という疑問について検証したことについて書いています。

 

あなたの町にも「え?なんでこんなにコンビニが密集してるの?」と感じるエリアがあるのではないでしょうか?

僕の田舎にはコンビニ自体があまりありませんが、ある程度の規模の町であれば、どこでも見る光景ですよね。

 

昔から「こんなにコンビニ必要ある?」という疑問はもっていたのですが、今回その疑問を解消するきっかけとなる記事や知人に聞いた情報をもとに考察をしてみました。

あくまで調べてみた上での個人の感想ですので、あらかじめご了承ください。

中村

 

 

なぜ、コンビニは同じ場所に何店も出店するのか?

なぜ、コンビニは近隣地域に密接して出店するのでしょうか。

コンビニって、密集して出店していることが多いですよね。

 

セブンイレブンやファミリーマートが隣接していたり、ローソンのすぐ近くにローソンが出店したりしているのを見かけると思います。

 

一般的には、この1つの地域に集中して同じ店舗を出店するというマーケティングのことを”ドミナント戦略”といいます。

近くにコンビニがたくさん並んでいるのはコンビニ業界や他にもファミレスなどが、行うドミナント戦略だったわけです。

ドミナント戦略とは

ドミナント(dominant)は、「支配的な」「優勢な」「優位に立つ」という意味を持つ言葉です。

小売業がチェーン展開をする場合に、地域を特定し、その特定地域内に集中した店舗展開を行うことで経営効率を高める一方で、地域内でのシェアを拡大し、他小売業の優位に立つことを狙う戦略ドミナント戦略といいます。

引用:マーケティング用語集 ドミナント戦略 

ドミナント戦略の最大のメリットは何かというと、該当エリアでの認知度を上げることで、地域に根ざした商売ができるということでしょう。

 

地域によって、

  • セブンイレブンが多い地域。
  • ローソンが多い地域。
  • ファミリーマートが多い地域。
  • ミニストップが多い地域

など色々な特性がありますが、一番目につくコンビニといえば「セブンイレブン」ですよね。

 

もちろん、ドミナント戦略で出店数を増やす上でのデメリットもあります。

  • 災害などの影響を受けたら被害が大きい
  • 自社店舗同士で、客を取り合う。

このように、出店数を増やす事で起こるメリットとデメリットの両面があるというわけですね。

 

一般的には、コンビニ同士が近くにあるのはこのような理由があるからだといわれています。

でも、本当にドミナント戦略で認知度を向上することだけがコンビニが隣接している理由なのでしょうか?

 

その理由を続いてお話していきます。

 

同じコンビニが近隣で出店する本当の理由

コンビニが隣接する理由は、コンビニ業界の運営形態が関係しています。

 

あなたもご存じかもしれませんが、コンビニの運営形態には2種類あります。

  • 企業の本部が運営する「直営店」
  • オーナーが運営する「フランチャイズ店」

の2つですね。

フランチャイズとは

一方が自己の商号・商標などを使用する権利、自己の開発した商品(サービスを含む)を提供する権利、営業上のノウハウなど(これらを総称してフランチャイズパッケージと呼ぶ)を提供し、これにより自己と同一のイメージ(ブランド)で営業を行わせ、他方が、これに対して対価(ロイヤルティー)を支払う約束によって成り立つ事業契約である。

通常、権利や商標、ノウハウなどを提供する側をフランチャイザー(本部)と呼び、受ける側をフランチャイジー(加盟者・加盟店)と呼ぶ。

引用:フランチャイズ – Wikipedia

簡単にいうと、フランチャイズとは契約料を払い、看板やノウハウを借りてお店を経営することです。

フランチャイズオーナーは、企業にマージン料を払い、「コンビニチェーンの看板」と「ブランドバリューや経営のノウハウ」などを活用して、コンビニ経営をしていきます。

  • 直営店の店長は雇われ店長なので給料制。
  • フランチャイズのオーナーは、自営業なので売り上げによって変動する。

このように一見みると、オーナー店舗は素晴らしいシステムにみえますが、もちろんデメリットもあります。

 

フランチャイズ店のデメリットは?

フランチャイズ店のデメリットは「企業の判断次第で経営が左右される」という点です。

 

通常、脱サラしてコンビニのオーナーになる場合は多額の資金が必要になります。

退職金や貯金などを工面して独立するわけですが、オーナー店はオープンして集客をするだけで上手くいくというわけにはいかないんです。

 

その理由が、本部からの様々な提案にあります。

出さないなら他に出す

実は、この2店を経営しているのは同一のオーナー一家だ。コンビニチェーンが既存店のすぐ隣に新店を設けることが、全くないわけではない。建物が古くなり、駐車場などの既存のスペースに店舗を建て替える場合などがそうだ。だがそういったケースでは店舗の「移転」などとして扱うのが普通で、旧店は新店開業後に閉める。だが田端の店舗の場合、新店の開業後3か月が経過しても、旧店を閉める気配はない。

 この新店の出店経緯については、セブンイレブン本部もオーナー一家も、かたくなに口を閉ざす。ただ、事情を知るという複数の近隣商店主らの証言によると、ライバルのコンビニチェーンの出店を危惧した本部が用地を確保し、既に1店を経営しているオーナーに2店目の出店を打診したとされる。「オーナーが断っても、本部側はじゃあ別の経営者を探す、という姿勢だった」(関係者)という。

引用:セブンの隣にセブンができるワケ:日経ビジネスオンライン

このように、コンビニの本部は目星を付けたエリアを先に確保した上で、近隣オーナーに出店を持ちかけます。

 

本部からすれば、他社のコンビニが出店しなければ、どのオーナーが経営しても収益に変わりはありません。

しかし、すでにコンビニを経営しているオーナーからすれば、「自分以外のオーナー」が出店してしまうと、集客数は減り経営状況の悪化は免れないわけです。

 

まず、本部は多額のフランチャイズ料を徴収してお店を出させます。

そして、経営が軌道に乗ってきて、このエリアは流行ると確信を持てた段階で、すぐ近くに直営店を出すんです。

つまり、金銭的な不可が増えたとしても「オーナーは出店せざるを得ない」ということなんです。

 

コンビニは、どこに店舗を構えるかという「立地条件」が売り上げを大きく左右させます。

 

そのため市場調査に余念がありません。

駅の広告などにフランチャイズ説明会の案内を見かけることがありますが、そのような説明会で一国一城の主になりたいという、オーナー候補を集めるわけです。

 

コンビニの新店舗を先に作った上で「フランチャイズオーナー募集中!」なんて張り紙が貼ってある光景などは、地方で時々見る光景ですよね。

あのような店舗に、やる気のあるオーナーが出店するという構図になっています。

 

フランチャイズ店のオーナーになると危険なの?

ここまでお話すると「フランチャイズオーナーは危険なんじゃないか」という疑問が浮かぶと思います。

でも、きちんと説明会で疑問を解消した上で参画するならば「最初からブランドをう看板」を借りた上で経営できるのは魅力的ですよね。

 

ビジネスをする上で1番悩みとなるのは「集客」ですから。

「セブンイレブンが近所に出店した」というだけで、新店オープンキャンペーンには多くの人が訪れます。

 

これは、ゼロからビジネスを立ち上げることを考えると考えられないメリットです。

とはいえ、契約料や借金問題、アルバイトの不足など、運営する上で頭を抱える問題はでてくるでしょう。

僕も学生時代にコンビニでアルバイトしていましたが、バイトが休むとオーナー夫婦が穴埋めをしていて大変そうでした

中村

 

まとめ.商品で差別化できないからこそ、個人ブランドが大事

ここまでお話してきたように、コンビニが隣同士に出店する理由は「企業のマーケィング戦略」が背景にあります。

 

コンビニで成功するためには「立地」が大きな要因をしめるので、どこに出店するかは重要な要素です。

扱う商品は「差別化できない」し、「価格が高い(定価)」ので、いかにお客さんが集まるエリアに出店できるかが大事なのは納得できますよね。

 

コンビニで他店と差別化をするのは難しい部分があります。

ただ、「コンビニオーナー奮闘記」みたいなブログを作って、フランチャイズの裏側や日々考えていることを発信している方もおられるので、工夫次第でライバル店と差別化できる可能性は十分にあるのではないでしょうか。

 

特に、下記の記事で書いているような基本を学んでブログを構築していけば、「集客」と「販売」をWeb上で行うこともできるので、差別化が難しい業界の方ほど、チャレンジしてみる価値はあると考えています。

 

 

今の世の中は、自分の工夫次第でいくらでもチャンスを活かす環境は整っています。

商品力だけに頼らず、自分の力と工夫で「自身のサービスをより魅力的に見せるにはどうしたらいいのか」という部分は意識していきたいポイントですね。

 

何にしても、脱サラして起業するというのは勇気のいる行為です。

フランチャイズに参加する決意をした、オーナーさんに成果を出してほしいものですね。

 

では、最後までありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住のセールスコピーライター。 商品(サービス)の価値を言語化し、「必要な人に必要なモノを届ける」ことを生業としている。 最近は、クライアントに安心と確かな価値を提供するため、薬機法ライティングについてもコソコソ研究中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© コピラボ|コピーライティング研究所 , 2016 All Rights Reserved.

error: