【書籍レビュー】現代広告の心理技術101の評価はググるな!即買いしてでも7回以上読んでほしい3つの理由

この記事は「現代広告の心理技術101」について解説していきます。

現代広告の心理技術101は、ひと言でいうと「人の心を動かす心理トリックの裏側」を学べる書籍です。

一般的に、広告は「人に行動(購入・申し込み)させること」を目的に活用されています。

広告と聞くと「自分には関係ない」と思う方が多いかもしれませんが、見方を変えれば「ブログなどの文章」も、「人を行動させる」ことを目的に書くことになります。

あなたがこの本に興味を持っているということは、「人の心を動かす文章」を書きたいと思っているのかもしれません。

この本を読めば、「人の心を動かす文章」を書くためのテクニックを知ることができます。

この記事を読んでいるということは、「現代広告の心理技術101の評価」を知りたいと考えているのだと思います。

これをいうと身も蓋もないですが「口コミを見ても納得できる答え」は見つかりません。

なぜなら、あなたが満足できるか否かは「購入して読んでみたいとわからない」からです。

個人的には、現代広告の心理技術101は「即買い」しても後悔しないレベルの良書だと感じていますが、あなたも共感できるとは限りません。

しかし、あなたが購入を検討する上での「参考」にはしていただけるはずです。

今回の記事を読んで「1歩を踏み出すきっかけ」にしてみてください。

文子のアイコン画像文子

お買い物は失敗したくないですもんね

中村のアイコン画像中村

この本は公式サイトで買えば「90日間の返金保証」があるから安心だよ

\ 90日間の返金保証付き /

目次

現代広告の心理技術101とは?一般のライティング本と何が違う?

現代広告の心理技術101の特徴は、「人の欲求を刺激してほしいと思われる文章」を書くためのテクニックがこれでもかというくらい書いてある本です。

書籍の中身の話をする前に、まずは本書の特徴を3つお伝えしておきます。

  1. 書店には売っていない(古本屋は別)
  2. 試し読みができない(内容がわからない)
  3. 価格が一般書籍の2~3倍

上記のような特徴があります。

それぞれ簡単にお伝えしていきますね。

特徴1.「現代広告の心理技術101」は一般書店に売っていない

ひとつ目の特徴は、一般書店には売っていないことです。

「現代広告の心理技術101」の評価が割れてしまう理由のひとつに、「書店で買うことができない=信用できない」という印象を与えてしまっていることが原因にあります。

現代広告の心理技術101は「ダイレクト出版」という会社が販売している書籍です。

書店では買えない実践的なビジネス洋書を翻訳出版しています。通常の流通経路を使わず、ネットで広告をし直販にすることで、巷で見かける「売れる薄っぺらい本」ではなく、実務に役立つ本格的な本を販売しています。「ここでしか読めない」「良書が多い」と好評いただいています。

引用:ダイレクト出版(私たちのサービス)より

上記のように、ダイレクト出版が独自に洋書を翻訳して自社出版しています。

そのため、一般の書店に流通していないわけですね。

上記のような理由で「一般に流通していない=怪しい」という心理が働いてしまうわけです。

そしてもう1点、ダイレクト出版の書籍が「怪しい」と言われる理由は、ダイレクト出版にとって、書籍が「フロントエンド」に位置づけられているからです。

フロントエンド商品とは、簡単にうと「集客用の商品」です。

買ってもらいやすい集客商品を一度買ってもらい、価値を感じてもらった後に「利幅の大きい本命商品を紹介」し買ってもらうというマーケティング手法に使われています。

つまり、ダイレクト出版の戦略としては「現代広告の心理技術101」を購入した方に対して、別の商品やサービスを告知して顧客単価を上げているわけですね。

ダイレクト出版で書籍を購入すると、

  • アップセル
  • クロスセル
  • バックエンドセールス

といった具合に、様々な方向から毎日のように「オファーのメルマガ」が届くようになります。

中村のアイコン画像中村

セールスへの免疫がない人だと「恐怖」を感じるレベルでグイグイきます

メルマガには解除リンクがあるので、迷惑だと思えば「メルマガ解除」をしてしまえばいいのですが、現代広告の心理技術101に興味を持っているあなたには購読することをおすすめします。

なぜなら、ダイレクト出版はプロのライター集団の方々なので「欲しいと思わせる文章」が上手だからです。

自分がセールスを受けてみることは、セールスや文章の勉強をするにはちょうどいいですよ。

僕自身も、ダイレクト出版のメールを受け取って下記のように分けています。

  • 最後まで読んだもの
  • タイトルを見て開かなかったもの
  • メルマガのリンクをクリックしたもの

上記のように仕分けすることで「なぜ、メルマガを読みたくなったのか」を分析するわけです。

本を買ったら「セールスのオファーがくる」とわかっていれば、怖くないですよね。

毎日メールが来るだけですから。

特徴2.「現代広告の心理技術101」は試し読みができない

ふたつ目の特徴は、立ち読み(試し読み)ができないことです。

普通書籍を買う時って、目的買いじゃない限り、中身をパラパラめくって役に立ちそうな本を買ったりしますよね。

しかし、「現代広告の心理技術101」は書店に売っていないため「試し読み」はできません。

そのため購入までのハードルが高く感じてしまいがちなのですが、実はダイレクト出版の本には「90日間の返金保障」がついています。

つまり、購入して「参考にならない!」と思ったら、返金できるわけです。

いってみれば、リスクゼロで購入することができるということですね。

どうしても立ち読みしたいという方は、ブックオフ巡りをしてみれば「中古本」があるかもしれませんが、現代広告の心理技術101は人気の本なので古本屋に置いてある確率はかなり低いです。

僕も過去に1度だけ、ブックオフで見つけたことがありますが、中古本(書き込み有り)のものでも、2,980円とかだったので、定価で買う方がメリットが大きい上に、あるか分からない中古本を探し求めるのは時間の無駄だと考えています。

特徴3.「現代広告の心理技術101」価格が一般書籍の2~3倍高い

3つ目の特徴は、辞書並みに価格が高いという点です。

一般書籍は1,500円くらいで購入することができますが、「現代広告の心理技術101」の価格は「税込で3,996円」(時々期間限定で2,980円になる)です。

Amazonなどでも中古本が出回っていますが、意味不明なプレミアム価格(定価より高い)状況なので、騙されないようにしてくださいね。

なぜこの本が、一般書籍に比べて高いのかは後ほど紹介していきます。

ここから現代広告の心理技術101で学べる内容をお伝えしていきます。

\ 90日間の返金保証付き /

「現代広告の心理技術101」の内容は?どんなことが学べる?

具体例を伝えるイラスト

「現代広告の心理技術101」で学べる内容をひと言でいうと「人間が支配されている欲求の裏側」を知ることができるという点に集約されます。

僕も初心者の頃に、コピーライティングの師匠に推薦いただき本書を購入したのですが、それまで何となくしかイメージ出来ていなかった「人が商品を欲しくなる心理の裏側」を具体的に解説してくれていたので、かなり参考になりました。

使い方を間違えると「ただの胡散臭い文章」になってしまいますが、正しい考え方で現代広告の心理技術101で学べるノウハウを実践すれば、人の心を動かせる文章を書けるようになります。

中でも必読なのが、現代広告の心理技術101で紹介されている「LF8(Life Force 8)」の存在です。

僕は10回以上この本を読んでいますが、1番役立ったのは「人間が逃れることのできない8つの欲求」です。

むしろ、「LF8を学ぶためだけに現代広告の心理技術101を購入した」といっても過言ではなりません。

現代広告の心理技術101で学べる「生命の8つの躍動(LF8)」とは?

人間には以下の8つの欲求が、生物学的に遺伝子レベルで組み込まれています。

  1. 生き残り、人生を楽しみ、長生きしたい
  2. 食べ物、飲み物を味わいたい
  3. 恐怖、痛み、危険を逃れたい
  4.  性的に交わりたい
  5.  快適に暮らしたい
  6.  他人に勝り、世の中に後れを取りたくない
  7. 愛する人を気遣い守りたい
  8. 社会的に認められたい

具体的な解説は、生命の8つの躍動(LF8)とは?遺伝子レベルで組み込まれている「人間の8大欲求」を解説の記事で解説していますが、上記8つの欲求を抑えた文章を書くことで「読み手の購買欲求を刺激できるよ」というのが、現代広告の心理技術101に書いてある本質部分です。

本書の幹に関しては、LF8が軸となりますが、枝葉のテクニックに関しても「かなり具体的な事例」が101個紹介されているので、「購入して実践すればセールスライティングに磨きをかける」ことが可能です。

\ 90日間の返金保証付き /

現代広告の心理技術101を「買って得する人」と「後悔する人」

個人的には、現代広告の心理技術101は、自信を持って「読んだほうがいい」と言い切ることができます。

ただし、すべての人が満足できるかというとそうではないんですね。

購入を検討している方の現状や意識の問題に左右されてくるのですが、僕なりに考える「現代広告の心理技術101」を購入すべき人、購入してはいけない人の基準をお伝えしておきます。

現代広告の心理技術101を購入して「満足」できる人

まず、どんな方が買うべきかというと「ライティングに携わるすべての方」は購入して実践すれば、買って後悔することはありません。

世の中にはライティング本や心理学の本が数えきれないほどありますが、現代広告の心理技術101ほど、「ライティング×購買心理」の要素を体系立てて解説してくれている本はありません。

  • 人がどんな欲求を持っていて
  • どんな時に商品を欲しいを思い
  • どういう風に表現すれば商品が売れていくのか

このように、「セールスライティングの具体的なテクニックが1冊に凝縮されている点」でも見ても、読み手の心を動かす文章を学びたい方には、最適な教科書になります。

何より、「情報を受け取る側」ではなく、「情報を発信する側」の視点が分かるようになるので、「世の中の企業がどんな目的で情報を発信しているのか?」も手に取るようにわかるようになります。

あなたが何か商品を販売していきたいと思うならば、「情報を発信する側の視点を身につけることは必須スキル」なので、現代広告の心理技術は必読の書です。

現代広告の心理技術101を購入して「後悔」する人

「現代広告の心理技術101」にももちろん、デメリットはあります。

本書を購入して実践するためには「何の知識もない素人」では理解できない点が出てくると思います。

具体的には、以下の2つの点で、完全な初心者の方にはおすすめできません。

  1. 1度で理解するには「ある程度の知識」が必要
  2. 翻訳本のため海外の事例が多い

それぞれ、簡単に解説しておきます。

理由1.1度で理解するには「ある程度の前提知識」が必要

ひとつ目の理由は「何度も読まないと良さを実感できない可能性がある」ことです。

現代広告の心理技術101は、内容が濃い反面「知識がある程度ないと理解できない部分」もあります。

たとえば、広告に関して全くの初心者であれば、広告に関してのテクニックを聞いても「どんなシーンで使えばいいのか、リアルなイメージができない」ですよね。

つまり、全くの初心者というよりは「ある程度知識のある人向け」に書かれているということです。

じゃあ、「コピーライティングを勉強し始めたばかりの自分は、読まないほうがいいのか?」という疑問がわくかもしれませんが、そんなことはありません。

僕が言ったのは「1回で理解するには、前提知識が必要」ということです。

たとえ初心者であったとしても、「何度も読み返す意識」と「知らない事を調べる探求心」があれば、しっかりと理解し実践できる内容になっています。

理由2.翻訳本なので海外の事例が多く、少しイメージしづらい

ふたつ目の理由は、海外の事例が多いので具体的なイメージがしにくいことです。

ダイレクト出版が取り扱う書籍は、基本的に「洋書の翻訳本」です。

「現代広告の心理技術101」も洋書を翻訳して発売されているわけですね。

そのため、海外の事例が多く「僕たち日本人にはなじみのないシーン」も多々でてくるわけです。

つまり、自分のビジネスに置き換えながら、本書の内容を理解する必要があるわけです。

人によっては、「翻訳の自体が読みにくい」と感じる可能性もありますが、裏を返せば「海外の貴重なノウハウ」を日本にいながら学ぶことができるわけなので、現時点で初心者であっても「努力ができる人」ならば、十分にモノにできる内容となっています。

なぜ、現代広告の心理技術101は「一般書籍の2~3倍」の価格なの?

先ほど、「現代広告の心理技術101」は価格が少し高いというお話をしましたが、それには明確な理由があります。

なぜなら、ダイレクト出版は「海外の優良書籍を自社で翻訳して書籍化している」からです。

「現代広告の心理技術101」だけが高いわけではなく、全体的にダイレクト出版の本は、約3,000円~4,000円の価格帯の商品を展開しています。

大きな出版社ではない分、様々なコストが価格に少し上乗せされているということですね。

上記の点に加えて、ダイレクト出版の書籍は「アフィリエイトできる」という点も価格を上昇させている原因です。

アフィリエイトとは、人の商品を紹介して「報酬を得る」ビジネスモデルですが、現代広告の心理技術101の報酬は通常2,000円ほど支払われます。

そのため、多くのアフィリエイターの人が紹介しているし、「現代広告の心理技術101を紹介している人を非難して、他の商品に誘導している人」なども存在するわけです。

このアフィリエイト報酬の仕組みが「口コミで賛否両論」の評価を生んでいる原因です。

ただ、個人的には「アフィリエイトできる仕組み」は、最高のアウトプット環境が準備されていると感じています。

「多くの人が紹介している=競合が多い」という状況なので、適当なレビュー記事を書いても得れるわけないですし、現代広告の心理技術101に魅力を伝えるためには、中身を熟知して、なおかつ自分で実践している必要があります。

つまり、「現代広告の心理技術101」をアフィリエイトすることで、セールスライティングのスキルアップに繋がり、あなたの紹介から本書が売れたときの喜びは、何者にも代えがたい達成感を味わうことにも繋がるわけです。

ここまでお話しても、4,000円を投資するのが惜しい(飲み会に使った方がマシだと思う価値観)ならば、購入する必要もないですし、買っても後悔するだけだと思います。

反対に、購買心理をキチンと学んで「自分のライティングに活かしたい」と思えたならば、現代広告の心理技術101を購入して実践していきましょう。

まとめ.「現代広告の心理技術101」は7回以上読むべき良書

今回は、僕自身が購入してよかったと感じた「現代広告の心理技術101」という本を紹介しました。

個人的には、「現代広告の心理技術101」は、即買いしても後悔しないと断言できる良書です。

僕自身、数冊のライティング本を購入した後に、現代広告の心理技術101と出会いました。

正直、この本にもっと早く出会っていれば、「無駄な本を買って、お金を無駄にしなくても済んだな」感じています。

ライティングといっても「色々な種類の本」があるので、あなたがどの方向に進みたいかによりますが、特に、コピーライティング勉強したい人にとっては、知らないと後悔するレベルの本です。

「書籍に4,000円出すのはしんどい」と思うかもしれませんが、「90日間の返金保証」がついているので実質的なリスクはゼロです。

あなたが理想とする未来を手に入れるために「後悔しない選択」をしてくださいね。

\ 90日間の返金保証付き /

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

1981年広島生まれ。
呉服販売、美容商材の営業を経験した後、化粧品や健康食品を扱う企業で、「代理店営業」「店舗運営」に約12年間携わる。
一貫してWebに苦手意識を持つシニア層(50代以上)の女性経営者様の支援をしてきたため、相手の悩みに寄り添うサポートを得意をしている。
信念:商品の価値を”正しく”引出し必要としている方に届けること
趣味:読書・キャンプ

コメント

コメントする

2 + 18 =

目次
閉じる