2018/04/08

まさにバイブル!?現代広告の心理技術101は独学でコピーライティングを学ぶなら黙って持っておきたい必読書

 

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住、2人の娘を持つセールスコピーライター。 福岡在住、2人の娘を持つセールスコピーライター。 「”未来に残すべき商品”の価値を引き出す」という信念のもと、「読み手が正しい行動ができるように導く文章」を書くことを心掛けている。 最近の悩みは、4歳と1歳の娘のパワフルさに体力面がついていかないこと。 最近の悩みは、4歳の娘のパワフルさに体力面がついていかないこと。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、コピーライターの中村です。

今回は、コピーライティングを独学で学ぶなら必ず持っておきたい「現代広告の心理技術101」という本についてのレビュー記事を書いていきます。

 

あなたがこの記事を読んでいるということは、コピーライティングを勉強するつもりで、「現代広告の心理技術101って実際どうなの?」と悩んでいるところでしょう。

 

コピーライティング関連の本って、意外と沢山あるのでどれを買っていいか迷っちゃいますよね。

数えきれないほどある本の中から、自分が本当に満足できる良書と出会える確率って高くはありませんから。

人の意見を参考にしたいと思う気持ちはよくわかります。

 

あなたがコピーライティングを勉強しようと思ったきっかけはなんでしょうか?

  • 将来への不安を無くしたい
  • 会社で出世して認められたい
  • 家族を守れるくらい稼げるようになりたい
  • 会社に縛られない自由な人生を送りたい

 

このように「今の現状をどうにか変えたい」と思って行動し始めたのかもしれないですね。

 

もし、今を変えたいと思ってコピーライティングを勉強しているのなら、今回紹介する「現代広告の心理技術101」は、ぜひ手元に置いておいてほしい1冊です。

その理由を、詳しくお話ししていきますね。

どの本を買っていいか悩んだら、現代広告の心理技術101を買っておけば、まず間違いはないですよ

中村

中村さんも、現代広告の心理技術101よくカンニングしてますもんね~

文子

こ、こら!それはナイショって言ったのに……

中村

 

現代広告の心理技術101をレビューしようと思ったきっかけは?

「現代広告の心理技術101」のレビュー記事を書こうと思った理由は3つあります。

基本的に、僕は「自分が本当に良いと思ったもの」しか紹介していません。

 

自分が納得していないものをおすすめしてしまうと、僕の紹介で購入した人を不幸にしてしまいますからね。

今回、現代広告の心理技術101を紹介しているということは、「本当にいいと思ったポイント」がちゃんとあったわけです。

 

具体的には、以下の3点が個人的におすすめしたいポイントです。

  1. 世界トップクラスのコピーライターによって書かれている
  2. 時代に左右されない本質的な心理テクニックを学べる
  3. 読めば読むほど良さを実感できる奥深さがある

 

以上の理由から、「現代広告の心理技術101」は自信を持っておすすめできます。

もう少し詳しくお話ししていきますね。

 

おすすめポイント1.世界トップクラスのコピーライターによって書かれている

現代広告の心理技術101をおすすめする1つ目の理由は、本書が超一流のコピーライターによって書かれているということです。

 

世の中に、コピーライティングに関する本は沢山あります。

しかし、それらの本と現代広告の心理技術101には決定的な差があるんですね。

 

その理由こそ、この本の著者「ドルー・エリック・ホイットマン氏」が数多くの実績と結果を出している超一流のコピーライターだということです。

ドルー・エリック・ホイットマン

「ドクター・ダイレクト! TM」として知られる米国ダイレクトレスポンス広告界の第一人者。

11歳からダイレクトレスポンス広告による販売を始め、テンプル大学で広告学の学位を取得後、広告の世界で頭角を現す。

フィラデルフィア最大の広告代理店のダイレクト・レスポンス部門で長きにわたって活躍、世界最大手のダイレクト型保険会社でシニア・ダイレクトレスポンス・コピーライターを務めたほか、カタログ大手のデイ・タイマー社でアソシエイト・コピー・チーフを務めた経験を持つ。

引用:「現代広告の心理技術101」公式紹介ページ

 

ドルー氏は、米国のダイレクトレスポンスを使った広告業界の第一人者で、人の心を操って買わせる文章の事を知り尽くしたプロ中のプロです。

 

現代広告の心理技術101は、そんな超一流のコピーライターであるドルー氏が、実際にコピーライティングをふんだんに使って書いている本なんですね。

 

そんな一流のコピーライターが書いた本ですから、よくある「書き方の本」のように「読んでいて眠くなる」ということはありません。

むしろ、コピーライティングのテクニックをふんだんに使っている本書は、小説を読むかのようにスラスラを読むことができるはずです。

 

おすすめポイント2.時代に左右されない本質的な心理テクニックを学べる

現代広告の心理技術101をおすすめする2つ目の理由は、「時代に左右されない本質的なな人間心理を学べる」ということです。

 

コピーライティングというと、上辺のテクニックの話になりがちです。

実際、テクニックの話をしたほうが反応もいいですしね。

 

しかし、コピーライティングを学ぶ上で、何より大切になるのは、「人間心理を理解すること」です。

人間が「何を考えて」「どんな欲求を持っているのか」という根本の部分を理解してこそ、テクニックが生きてくるわけですね。

 

 

現代広告の心理技術101の中では、「人間が決して逃れることの出来ない欲求」についても詳しく書いてあります。

 

テクニックを学ぶことは、知的好奇心を満たしてくれるため面白いのですが、まず「読み手がどんなことを求めているのか?」ということを理解するためにも、本書を読んでみてくださいね。

 

おすすめポイント3.読めば読むほど良さを実感できる奥深さがある

現代広告の心理技術101をおすすめする3つ目の理由は、読めば読むほど本当の魅力が分かるという点です。

 

「現代広告の心理技術101」は、洋書を翻訳して出版されています。

そのため、普段本を読まない人にとっては「翻訳文が少し読みにくい」と感じる部分があるかもしれません。

 

もしかすると、1回読んだだけでは良さを実感することができないかもしれません。

しかし、何回も読んでみると、毎回新たな気づきを得ることができます。

 

1回読んで満足するだけではもったいない本なので、手に入れるからには、最低7回以上は読んでみてくださいね。

回数を重ねるごとに、この本の魅力が分かってくるはずです。

 

 

現代広告の心理技術101を買ったら後悔する人

ここまで絶賛してきましたが、「現代広告の心理技術101」は、決して万人受けする本ではありません。

中には、買ってしまうと後悔する人も存在します。

 

どんな人が後悔してしまうかというと、

  • 本は1回読んだだけで満足してしまう人
  • とにかくコピーライティングのテクニックだけを学びたい人
  • 自分の目で判断せずに、人の意見を鵜呑みにしてしまう人
  • 本を読むだけで、分かった気になる人

 

このように、「読んで実践してこそ成果に繋がる本」なので、「自分で判断できない」「実践できない」という人が購入してしまうと、おそらく後悔してしまうことでしょう。

 

現代広告の心理技術101の具体的な内容はチラ見せ!

ここからは、現代広告の心理技術101の内容をチラッとご紹介します。

 

 

まず先にお伝えしておくと、現代広告の心理技術にはこう書いたら絶対売れるぜ!」みたいな魔法のような文章術は書いていません。

■現代広告の心理技術101に書いてあること

  • 人々が本当に求めているもの
  • 消費者心理の17の基本原則
  • 顧客に欲しい!と思わせる41のテクニック
  • レスポンスを急増させる101の簡単な方法
  • 広告のプロが本当に伝えたいコト

このように、本質的な人間心理に基づいたコピーライティングのノウハウが「これでもか!」というぐらい書いてあります。

 

僕自身、数十冊のコピーライティングに関する本を読んできました。

その中でも、本書は「気持ちいいくらいコピーライティングに特化した内容」が書かれています。

 

今の僕が独学で勉強していた頃の自分にメッセージを送るなら「いろんな本を読まなくてもいいから、現代広告の心理技術101を7回以上読み込みなさい!」と喝をいれたいですね。

 

現代広告の心理技術101は「価格が高い」ってホント?

現代広告の心理技術101は、高級な部類に入る本です。

ちょっとした辞書くらいの価格がするので、普段本を買う習慣のない人はびっくりしてしまうかもしれません。

 

世の中には、値段が高いというだけで「詐欺だ!」なんて言う人もいますからね。

 

多くの人は、自分の理解を超えたものに否定的な判断を下します。

 

自分で価値を見出して、将来のために投資する勇気のある人ってなかなかいません。

でも、行動しない人が多いからこそ、1歩踏み出した人だけが成果を出すことができるんです。

 

「ネット上の情報」や「他人の評価」を気にして、いつまでも悩んでいたらもったいないということですね。

高いといっても、飲み会1回我慢すれば買えますからね。

 

最悪、返金保証もついているので、購入後に「やっぱり買って損をした!」と思ってしまったなら、サポートセンターに連絡をして、返品させてもらえばいいだけです。

つまり、あなたはノーリスクだということですね。

 

最悪返品できると考えたら、悩んで時間を無駄にするのがもったいないと思いませんか?

 

まとめ.現代広告の心理技術101を手元において実践しよう

いかがだったでしょうか?

今回は、僕自身、今でもセールスレターを書いたりするときにカンニングしている「現代広告の心理技術101」という本を紹介しました。

 

ぼく自身は、現代広告の心理技術101を買って本当に良かったと思います。

最初にこの本に出会っていたら、「無駄な本を買って、お金を無駄にしなくても済んだな」と思ったこともあるほどです。

 

僕のライター仲間も、みんな持っていますしね。

コピーライティングを勉強したいならば、きっとバイブルになってくれるはずです。

 

ただ、僕がいいといったからといって鵜呑みにせずに、「あなたにとって現代広告の心理技術101は必要なものなのか?」しっかりと見極めてくださいね。

 

ここから「現代広告の心理技術101」の
公式ページに進むことができます

▼ ▼ ▼

 

⇒当サイトに来られた方はこちらのページもご覧になっています

 

 

 
この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住、2人の娘を持つセールスコピーライター。 福岡在住、2人の娘を持つセールスコピーライター。 「”未来に残すべき商品”の価値を引き出す」という信念のもと、「読み手が正しい行動ができるように導く文章」を書くことを心掛けている。 最近の悩みは、4歳と1歳の娘のパワフルさに体力面がついていかないこと。 最近の悩みは、4歳の娘のパワフルさに体力面がついていかないこと。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© こぴらぼ☆コピーライティング研究所 , 2018 All Rights Reserved.