セールスコピーライター「中村 悠」の公式ブログ(秘密基地)

「現代広告の心理技術101」の書評レビュー|効果実証済の購買心理が学べる良書を紹介

 







この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住のセールスコピーライター。 過去に自身が難病を患った際、「偶然」の出会いで「日常」を取り戻した事がきっかけとなり『偶然』の出会いを『必然』に変えるコピーライターという仕事を志す。 現在は「言葉で人生をデザインする」というテーマで、「商品(サービス)」を必要としている人に「必然の出会い」をお届けする支援をしている。 「2人の娘」がママっ子なので、機嫌がいい時しか相手にしてくれないのが悩み。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、コピーライターの中村です。

今回は、コピーライティングについて調べていたら、必ず出会う「現代広告の心理技術101」という書籍のレビューをしていきます。

 

現代広告の心理技術は、ダイレクト出版というところが発売している本で、コピーライターを志す人が必ず持っているといっても過言ではほど有名な本です。

僕もコピーライティングを学び始めた当初、「現代広告の心理技術101」をボロボロになるまで何回も読んで自分の文章に取り入れた経験があるほど、愛着を持っている書籍でもあります。

 

ネット上で「現代広告の心理技術101の評判」を検索すると様々な情報が出てきますが、個人的にはインプットとアウトプットを両方実践できる良書だと感じているので、この本の魅力や推薦する理由などを解説していきます。

ライティング関係の本って、色々ありすぎて迷っちゃいますよね

文子

基本ができてないうちに、あれこれ買っちゃうと何が正解か分からなくなっちゃうからね

中村

 

現代広告の心理技術101は一般の書籍と何が違う?

現代広告の心理技術101の特徴は大きく分けて3つあります。

  1. 書店に売っていない
  2. 試し読みができない
  3. 価格が一般書籍の2~3倍

それぞれ簡単にお伝えしていきますね。

 

特徴1.書店に売っていない

ひとつ目の特徴は、一般書店には売っていないという点です。

「現代広告の心理技術101」の評価が割れてしまう理由のひとつに、「書店で買うことができない=信用できない」という印象を与えてしまっていることが原因にあります。

 

人間って、自分が「知らない・理解できない」ことは、否定したくなる生き物ですからね。

上辺の情報に惑わされていると「本当にいいモノなら書店で売っているはずだ!」なんて思考になってしまうわけですね。

 

なぜ、ダイレクト出版でしか購入できないかというと、「現代広告の心理技術101」がダイレクト出版にとっての「フロントエンド商品」だからです。

フロントエンド商品とは

フロントエンド商品とは、簡単にうと「集客用の商品」です。

買ってもらいやすい集客商品を一度買ってもらい、価値を感じてもらった後に「利幅の大きい本命商品を紹介」し買ってもらうというマーケティング手法に使われています。

つまり、ダイレクト出版の戦略としては「現代広告の心理技術101」を購入した方に対して、別の商品やサービスを告知して顧客単価を上げているわけですね。

もし、売り込みが嫌ならば、サブアドレスで登録をしてもいいですし、勉強のためにあえてダイレクト出版のオファーを受けてみるのもいいと思いますよ。

 

特徴2.試し読みができない

2つ目の特徴は、立ち読み(試し読み)ができないという点です。

普通書籍を買う時って、目的買いじゃない限り、中身をパラパラめくって役に立ちそうな本を買ったりしますよね。

 

しかし、「現代広告の心理技術101」は書店に売っていないため「試し読み」はできません。

そのため購入までのハードルが高く感じてしまいがちなのですが、実はダイレクト出版の本には「90日間の返金保障」がついています。

 

つまり、購入して「役に立たない!」と思ったら、返金できるわけです。

いってみれば、リスクゼロで購入することができるということですね。

 

どうしても立ち読みしたいという方は、ブックオフ巡りをしてみれば「中古本」があるかもしれませんが、現代広告の心理技術101は人気の本なので古本屋に置いてある確率はかなり低いです。

僕も過去に1度だけ、ブックオフで見つけたことがありますが、中古本(書き込み有り)のものでも、2,980円とかだったので、定価で買う方がメリットが大きいし、あるか分からない本を探し求める時間がもったいないないと考えています。

 

特徴3.価格が一般書籍の2~3倍

3つ目の特徴は、価格が辞書並みに高いという点です。

一般書籍は1,500円くらいで購入することができますが、「現代広告の心理技術101」の価格は「税込で3,996円」(時々期間限定で2,980円になる)です。

 

Amazonなどでも中古本が出回っていますが、意味不明なプレミアム価格(定価より高い)状況なので、騙されないようにしてくださいね。

なぜこの本が、一般書籍に比べて高いのかは後ほど紹介していきますね。

 

では、ここから現代広告の心理技術101で学べる内容をお伝えしていきます。

 

※この本には90日間の全額返金保障がついています

 

「現代広告の心理技術101」ではどんなことを学べるの?

具体例を伝えるイラスト

「現代広告の心理技術101」で学べる内容をひと言でいうと「人間が支配されている欲求の裏側」を知ることができるという点に集約されます。

 

僕も初心者の頃に、コピーライティングの師匠に推薦いただき本書を購入したのですが、それまで何となくしかイメージ出来ていなかった「人が商品を欲しくなる心理の裏側」を具体的に解説してくれていたので、かなり参考になりました。

使い方を間違えると「ただの胡散臭い文章」になってしまいますが、正しい考え方で現代広告の心理技術101で学べるノウハウを実践すれば、人の心を動かせる文章を書けるようになります。

 

中でも必読なのが、現代広告の心理技術101で紹介されている「LF8(Life Force 8)」の存在です。

僕は10回以上この本を読んでいますが、1番役立ったのは「人間が逃れることのできない8つの欲求」です。

 

むしろ、「LF8を学ぶためだけに現代広告の心理技術101を購入した」といっても過言ではないですね。

 

現代広告の心理技術101で学べる「生命の8つの躍動(LF8)」とは?

人間には以下の8つの欲求が、生物学的に遺伝子レベルで組み込まれています。

  1. 生き残り、人生を楽しみ、長生きしたい
  2. 食べ物、飲み物を味わいたい
  3. 恐怖、痛み、危険を逃れたい
  4.  性的に交わりたい
  5.  快適に暮らしたい
  6.  他人に勝り、世の中に後れを取りたくない
  7. 愛する人を気遣い守りたい
  8. 社会的に認められたい

具体的な解説は、生命の8つの躍動(LF8)とは?遺伝子レベルで組み込まれている「人間の8大欲求」を解説の記事で解説していますが、上記8つの欲求を抑えた文章を書くことで「読み手の購買欲求を刺激できるよ」というのが、現代広告の心理技術101に書いてある本質部分です。

本書の幹に関しては、LF8が軸となりますが、枝葉のテクニックに関しても「かなり具体的な事例」が101個紹介されているので、購入して実践すれば「かなりセールスライティングに磨きがかかるはずです。

※この本には90日間の全額返金保障がついています

 

現代広告の心理技術101を「買って得する人」と「後悔する人」

個人的には、現代広告の心理技術101は、自信を持って「おすすめです!」と言い切ることができます。

ただし、すべての人が満足できるかというとそうではないんですね。

 

購入を検討している方の現状や意識の問題に左右されてくるのですが、僕なりに考える「現代広告の心理技術101」を購入すべき人、購入してはいけない人の基準をお伝えしておきます。

 

現代広告の心理技術101を購入して「得」する人

まず、どんな方が買うべきかというと「ライティングに携わるすべての方」は購入して実践すれば、買って後悔することはありません。

世の中にはライティング本や心理学の本が数えきれないほどありますが、現代広告の心理技術101ほど、「ライティング×購買心理」の要素を体系立てて解説してくれている本はありません。

  • 人がどんな欲求を持っていて
  • どんな時に商品を欲しいを思い
  • どういう風に表現すれば商品が売れていくのか

このように、「セールスライティングの具体的なテクニックが1冊に凝縮されている点」でも見ても、読み手の心を動かす文章を学びたい方には、最適な教科書になります。

 

何より、「情報を受け取る側」ではなく、「情報を発信する側」の視点が分かるようになるので、「世の中の企業がどんな目的で情報を発信しているのか?」も手に取るようにわかるようになります。

 

あなたが「何か商品を販売していきたいと思うならば、情報を発信する側の視点を身につけることは必須」ともいえるスキルなので、現代広告の心理技術101は必読の書といえますね。

 

現代広告の心理技術101を購入して「後悔」する人

「現代広告の心理技術101」にももちろん、デメリットはあります。

本書を購入して実践するためには「何の知識もない素人」では理解できない点が出てくると思います。

 

具体的には、以下の2つの点で、完全な初心者の方にはおすすめできません。

  • 1度で理解するには「ある程度の知識」が必要
  • 翻訳本のため海外の事例が多い

それぞれ、簡単に解説しておきます。

 

理由1.1度で理解するには「ある程度の前提知識」が必要

ひとつ目の理由は「何度も読まないと良さを実感できない可能性がある」という点です。

現代広告の心理技術101は、内容が濃い反面「知識がある程度ないと理解できない部分」もあります。

 

たとえば、広告に関して全くの初心者であれば、広告に関してのテクニックを聞いても「どんなシーンで使えばいいのか、リアルなイメージができない」ですよね。

つまり、全くの初心者というよりは「ある程度知識のある人向け」に書かれているということです。

 

じゃあ、「コピーライティングを勉強し始めたばかりの自分は、読まないほうがいいのか?」という疑問がわくかもしれませんが、そんなことはありません。

 

僕が言ったのは「1回で理解するには、前提知識が必要」ということです。

たとえ初心者であったとしても、「何度も読み返す意識」と「知らない事を調べる探求心」があれば、しっかりと理解し実践できる内容になっています。

 

理由2.翻訳本なので海外の事例が多く、少しイメージしづらい

二つ目の理由は、海外の事例が多いので具体的なイメージがしにくいという点です。

 

ダイレクト出版が取り扱う書籍は「基本的に翻訳本」です。

「現代広告の心理技術101」も洋書を翻訳して発売されているわけですね。

 

そのため、海外の事例が多く「僕たち日本人にはなじみのないシーン」も多々でてくるわけです。

つまり、自分のビジネスに置き換えながら、本書の内容を理解する必要があるわけです。

 

人によっては、「翻訳の自体が読みにくい」と感じる可能性もありますが、裏を返せば「海外の貴重なノウハウ」を日本にいながら学ぶことができるわけなので、現時点で初心者であっても「努力ができる人」ならば、十分にモノにできる内容となっています。

 

なぜ、現代広告の心理技術101は「一般書籍の2~3倍」の価格なの?

先ほど、「現代広告の心理技術101」は価格が少し高いというお話をしましたが、それには明確な理由があります。

なぜなら、ダイレクト出版は「海外の優良書籍を自社で翻訳して書籍化している」からです。

 

「現代広告の心理技術101」だけが高いわけではなく、全体的にダイレクト出版の本は、3,000円~4,000円の価格帯の商品を展開しています。

大きな出版社ではない分、様々なコストが価格に少し上乗せされているということですね。

 

上記の点に加えて、ダイレクト出版の書籍は「アフィリエイトできる」という点も価格を上昇させている原因です。

アフィリエイトとは、人の商品を紹介して「報酬を得る」ビジネスモデルですが、現代広告の心理技術101の報酬は通常2,000円ほどもらうことができます。

 

そのため、多くのアフィリエイターの人が紹介しているし、「現代広告の心理技術101を紹介している人を非難して、他の商品に誘導している人」なども存在するわけです。

このアフィリエイト報酬の仕組みが「ネット上で賛否両論」を生んでいる原因なんです。

 

ただ、僕個人としては「アフィリエイトできる仕組み」は、最高のアウトプット環境が準備されていると感じています。

「多くの人が紹介している=競合が多い」という状況なので、適当なレビュー記事を書いても得れるわけないですし、現代広告の心理技術101に魅力を伝えるためには、中身を熟知して、なおかつ自分で実践している必要があります。

 

つまり、「現代広告の心理技術101」をアフィリエイトすることが、セールスライティングのスキルアップに繋がりますし、あなたの紹介から本書が売れた時の喜びは、何物にも変え難い達成感を味わうことに繋がるわけです。

 

ここまでお話しても、4,000円を投資するのが惜しい(飲み会に使った方がマシだと思う価値観)ならば、購入する必要もないですし、買っても後悔するだけだと思います。

反対に、購買心理学をキチンと学んで「自分のライティングに活かしたい」と思えたならば、現代広告の心理技術101を購入しても後悔しないですよ。

 

まとめ.「現代広告の心理技術101」を最低7回以上読んで血肉にしよう

今回は、僕自身が購入してよかったと感じた「現代広告の心理技術101」という本を紹介しました。

個人的には、「現代広告の心理技術101」は買っても後悔しないと断言できる良書です。

 

僕自身、この本にもっと早く出会っていれば、「無駄な本を買って、お金を無駄にしなくても済んだな」と思ったこともあるほどですからね。

特に、コピーライティング独学で勉強している人は、手に入れておかないと後悔するかもしれません。

 

ただ、僕がいいといったからといって鵜呑みにせずに、「現代広告の心理技術101」を購入して実践する気持ちがあるのか?という部分は、しっかりと見極めてくださいね。

 

※この本には90日間の全額返金保障がついています

 

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住のセールスコピーライター。 過去に自身が難病を患った際、「偶然」の出会いで「日常」を取り戻した事がきっかけとなり『偶然』の出会いを『必然』に変えるコピーライターという仕事を志す。 現在は「言葉で人生をデザインする」というテーマで、「商品(サービス)」を必要としている人に「必然の出会い」をお届けする支援をしている。 「2人の娘」がママっ子なので、機嫌がいい時しか相手にしてくれないのが悩み。
詳しいプロフィールはこちら


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 2 =

Copyright© コピラボ|セールスコピーライターの研究室 , 2018 All Rights Reserved.