セールスコピーライターがお届けする「文章を資産化する方法」をギュッと詰め込んだ情報メディア

ブログ記事タイトルの決め方|グサッと刺さるキャッチコピーを生み出す9つの法則

WRITER
 
スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住のセールスコピーライター。 商品(サービス)の価値を言語化し、「必要な人に必要なモノを届ける」ことを生業としている。 最近は、クライアントに安心と確かな価値を提供するため、薬機法ライティングについてもコソコソ研究中。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、セールスコピーライターの中村(@copyright_yuta)です。

今回は「読者のハートにグサッと刺さるブログ記事のタイトル」を作る方法についてお伝えします。

 

ブログにアクセスを集めるならば、検索上位に表示されるだけではなく「クリックされる」必要があります。

Google検索で1位に表示されると「記事を読まれる可能性が高まる」のは事実ですが、上位表示されても「読みたくなるタイトルじゃない」場合はクリックされない可能性もありますからね。

 

極論ですが、たとえ検索順位が5位でも「1位よりタイトルが良ければ、あなたの記事がクリックされる可能性は十分にある」というわけですね。

今回の記事では「検索1位じゃなくてもクリックされる記事タイトルの作り方」をお伝えしていくので参考にしてみてください。

人間もブログも第一印象が大事です

中村

初対面で「しっかりしてそうだね」って言われたーい!

文子

 

読まれるブログ記事タイトルを作る4つのポイント

ブログ記事のタイトルを決める際に注意すべきポイントは4つあります。

 

気を付けるべき、4つのポイントは以下のとおり。

  1. ターゲットを具体的にイメージする
  2. タイトルだけである程度内容が分かるようにする
  3. タイトルと内容に一貫性を持たせる
  4. メインキーワードを意識する

この4つのポイントをおさえた上で、後ほどお話するテクニックを使うことであなたのブログ記事は劇的に生まれ変わります。

では、1つずつ説明していきますね。

 

ポイント1.ターゲットを具体的にイメージする

ポイントの1つ目は「ターゲットを具体的にイメージする」という点です。

 

記事の本文の中にターゲットに響く要素を盛り込むことももちろん大切です。

ただ、タイトルの段階で「誰」のために書いている記事なのかを書いてあげないと、読者さんが本文を読んでみる気にはなれないんですね。

 

もし、初心者向きの記事を書くのであれば「初心者」という言葉を必ず含めるということです。

たとえばこんな感じです。

■残念なタイトル例

ブログ 初心者がタイトルを決める方法

これだと何のインパクトもないですよね?

刺さるタイトルにするためには、ターゲットに「おっ」と思ってもらう必要があります。

 

■タイトル改善例

初心者必見!あなたの記事が10倍読まれるブログタイトルの決め方

ちょっと改善できましたね。

ただ、ここで考えてほしいのが、Googleで検索をする人の意図を考えるということです。

 

分かりやすくいうと、ブログ初心者は「どんなことに悩んでいて」「どんな言葉で」検索するだろう?とイメージしてみることが大切なんです。

 

ブログ記事のタイトルを決める際には、「この記事の読者は、どんなことを知りたいんだろう?」という仮説を立ててみてください。

 

読者の意図を予測するには、現在Google検索で上位表示されている記事をリサーチすることで見えてきますが、競合サイトのリサーチには意外と時間がかかります。

根を詰めすぎて挫折しないように注意してくださいね。

 

僕の場合は、記事執筆の負担を減らすために、【コンテンツスカウターZ】記事執筆前の競合リサーチの負担を軽減する時短ツールで紹介しているようなものも活用してしています。

 

ポイント2.タイトルだけである程度内容が分かるようにする

2つ目のポイントは、タイトルで「自分に関係ある」と思ってもらうことです。

 

いくら本文にいいことが書いてあっても、タイトルが目を引かなければ読んでもらえないわけです。

ポイントの1つ目でお話しした、「ターゲットを具体的にイメージする」という点にも部分にも関連する部分ですね。

 

ブログ記事のタイトルって、こんな感じのものが多くありません?

  • 〇〇のテクニック
  • 〇〇な方法
  • 〇〇の秘訣
  • 〇〇の法則

これは読者さんに、「この記事を読めば、あなたの悩みや課題を解決できますよ」と伝えるために、意図的に使われているんです。

 

わざわざ検索をしてまで、あなたのブログに来るということは「何かに悩んでいる」わけです。

悩みを持っている人に、「この記事は自分の悩みを解決してくれそうだ!」と思ってもらえるタイトルをつけておくことは、読者さんの信頼を得ることにも繋がるということですね。

 

ポイント3.タイトルと記事の内容に一貫性を持たせる

3つ目のポイントは、タイトルと記事の内容性に一貫性を持たせるということです。

 

その理由は、タイトルと記事の本文に一貫性がないと信用を失うことになるからです。

タイトルの持つ役割は、記事の内容と読者の期待とを一致させることにあります。

 

あなたのタイトルをクリックしたということは、「何かしら期待できるものがある」と感じてくれた証拠です。

その信頼を裏切らないためにも、これから伝える2つの注意点はおさえておいてくださいね。

 

注意点1.タイトルと内容との不一致に注意する

タイトルと内容とが不一致だった場合、読者さんが期待していた内容が記事に書かれていなかったことになります。

 

期待を持ってクリックしてくれた読者は、記事を書いた人に対して半ば裏切られたような気持ちになり、あなたのブログから去ってしまうことになるわけです。

 

1度失った信用は、なかなか取り戻すことはできません。

そんなことにならないためにも、インパクトだけこだわりすぎるのではなく、本文の中身と関連しているタイトルを考えるようにしてくださいね。

 

注意点2.不必要に煽らないよう注意する

ネット上の記事は、多少「煽りすぎ」のタイトルのほうがクリックを集めやすいのも事実です。

 

ただ、「これをしないと絶対にヤバい!」など、ネガティブな表現を乱発してしまうと、ブログの品位を下げることにもなりますので、使い過ぎには注意してくださいね。

 

タイトルで釣られた人が記事を読んだときに納得できる答えが書いていなければ、騙された気分になり「もう二度と読むか!」という心理状態になる危険もあります。

 

読者さんに「裏切られた!」と思わせてしまうと、たとえ記事のPV(ページビュー)が増えても、サイトの信頼度は下がってしまいます。

 

PVはサイトを評価する上でたしかに1つの指標になります。

しかし、タイトルだけで釣って集めた訪問者は、コンバーション(=その記事を読んだ結果、申込みや購買を行ってもらうというサイト本来の目的)には繋がりにくいんです。

 

Googleアドセンスのように「PV=収益につながるブログ」であれば話は別ですが、あなたに売りたい商品やサービスがあるならば、読者の信頼そっちのけでPV至上主義になってしまうと、最終的に必ず後悔することになります。

 

あなたのブログを運営している目的が「長期的な収益化」にあるならば、「煽り」や「釣り」を意識したタイトルを考えるのは、ほどほどにしておいた方がいいでしょう。

 

ポイント4.メインキーワードを意識する

ポイントの4つ目は「メインキーワードを意識する」という点です。

ようするに「焦点を絞る」ということですね。

 

タイトルに「キーワードを入れなきゃ!」と考えてしまうと、ついついたくさんのキーワードを詰め込んでしまいがちです。

 

たとえば「アクセスアップ」の方法を伝える記事を書くとして、伝えたいことをすべて盛り込んでしまうと、何を言いたいのか分からなくなります。

■ブログタイトルの残念な例

ブログ初心者必見!アクセスを増やすには、SEO対策とSNSの友達と相互フォローの数を増やそう!はてブでバズる方法もマスターすれば、史上最強のブロガーになれるよ!

 

気持ちはわかりますが、詰め込みすぎで、何がいいたいのか分かりませんよね?

キーワード選びの大切さは別記事でも書いていますが、基本的には1つの記事で伝えるキーワードは1つに絞るべきです。

 

複数の事を一気に伝えようとすれば、読者さんは混乱してしまいますよね。

もし、SEO 対策をメインに伝えたいならば、「SNS活用法」や「はてブの攻略法」などの情報はバッサリ切って内容を1つに絞ることで、タイトルもシンプルになるわけです。

■ブログタイトルの改善例

ブログ初心者必見!最速で3ヵ月で1万PVを達成するためのSEO対策の秘訣とは

 

もし、SNSの活用法やはてブ攻略法も同じくらい力を入れて書けるならば、別記事として公開したほうが効果的です。

タイトルも本文も、「ひとつの記事でひとつのテーマ」が大原則です。

 

アクセスアップというざっくりとしたテーマではなく、1つ1つの記事を深く掘り下げたほうが読者からも検索エンジンからも好まれます。

あとは、それらをまとめて「アクセスアップ」というカテゴリーでまとめておけば、興味のある人に読んでもらえますしね。

 

あれもこれも欲張ってしまうと、逆に薄い記事・タイトルになってしまうので気をつけましょう。

「広く浅く」ではなく「せまく深く」を意識してください。

 

ブログ記事タイトルを作る【A】+【B】の法則

読まれるブログ記事のタイトルを考えるのに参考になる法則があるので紹介しますね。

それが【A】+【B】の法則です。

 

なんのこっちゃって感じですよね。笑

どういうことかというと、以下の2つをパズルのように組み合わせてタイトルを考えていきます。

【A】…クリックされるタイトルを作り出す9つの要素

【B】…記事のタイトルを引き締める常套句

 

この2つを組み合わせることで、インパクトを持たせながらも説得力のあるブログ記事タイトルを作ることができます。

では、それぞれ具体例をお話していきますね。

 

【A】心を鷲掴みにするタイトルを作るための9つの要素

キャッチコピーを作り出す基本要素は全部で9つあります。

 

9つのパーツを組み合わせることで、効果的なタイトルを考えることができます。

具体的には以下の通りですね。

  1. 効果性を伝える
  2. 簡便性を伝える
  3. 網羅性と伝える
  4. 不安や恐怖で煽る
  5. 数字を入れて具体的にする
  6. 権威性を伝える
  7. 希少性・限定性を入れる
  8. ターゲットを絞り込む
  9. 常識を否定する

この9つの要素を1つ、または2つ盛り込んでタイトルを作ることで、クリックされやすいものが作れるので、ぜひチャレンジしてみてください。

では、続いては9つの要素と一緒に使うことで効果を発揮するパーツについてお話しします。

 

【B】キャッチコピーを引き締める常套句

【A】の9つの要素と一緒に使うことで、キャッチコピーが引き締まる常套句にもいくつか種類があります。

常套句とはクリシェと言われることもありますね。

クリシェ(常套句)とは
 
クリシェ(フランス語: cliché、発音: [klɪ’ʃe])とは、乱用の結果、意図された力・目新しさが失われた句(常套句、決まり文句)・表現・概念を指し、さらにはシチュエーション、筋書きの技法、テーマ、性格描写、修辞技法といった、ありふれたものになってしまった対象(要約すれば、記号論の「サイン」)にも適用される。
 
 
たとえば、以下のようなものです。
 
 

  • 〇〇のノウハウ
  • 〇〇の方法
  • 〇〇の秘密
  • 〇〇の法則
  • 魔法の〇〇
  • 〇〇を公開
  • ~とは?

このように、タイトルの最後につけることでブログ記事のタイトルを引き締める役割があるわけですね。

 

では、ここから具体的にどうやって【A】+【B】を組み合わせていくのかという例文をお話していきます。

 

【A】+【B】の法則を具体的に使う際の例文と解説

では、いよいよ、思わず読みたくなる「刺さるブログタイトルの法則」をお伝えしていきます。

 

ブログのタイトルを読んで、本文に興味をもってもらうためには「読者さんの気持ちを掴む」必要があります。

もちろん、1つの法則だけではうまく作れないこともあります。

その際は、2つの法則のいいとこどりをするなどして、タイトルを工夫してみてください。

 

先ほども言いましたが、あくまでタイトルは「本文を読んでみようかな」と思ってもらうためのフックになる部分なので、本文の内容とかけ離れたタイトルにならないように注意をしてください。

では、1つずつお話ししていきますね。

 

法則1.効果性を伝える

1つ目の法則は、ブログの本文を読むことで得られる「効果性を伝える」というものです。

効果性とは、わかりやすくいうと「どんな効果が得られるのか」をタイトルで表現するということですね。

 

▼効果性を使ったタイトルはこんな感じです。

効果性を表現したタイトル例

  • 3ヶ月で月収10万円達成!ブログ初心者でも結果の出せる具体的な方法3選
  • 1記事で10万PVを集めた、人気コンテンツの作り方
  • たった2ヶ月で7kgのダイエットに成功した男の秘策を公開します

このパターンを使うときは、数字と組み合わせることで効果を発揮します

中村

 

法則2.簡便性を伝える(すぐにできる内容だと伝える)

2つ目の法則は、「簡便性を伝える」というものです。

簡便性とは、わかりやすくいうと「誰にでも簡単にできますよ」という意味ですね。

 

▼簡便性を使ったタイトルはこんな感じです。

■簡便性を使ったタイトル例

  • 1日5分で背筋が伸びる!? 自宅でできるストレッチのやり方まとめ
  • 新入社員必見! 仕事の悩みが一気に解消する6つの考え方
  • 今日から使える便利術! これで家事の手間も半減しちゃうかも

すぐにできる、簡単にできるというタイトルは気になっちゃいますよね

中村

 

法則3.網羅性をアピールする(この記事さえ読めばOKだと伝える)

3つ目の法則は、ブログ記事の「網羅性をアピールする」というものです。

網羅性とはわかりやすくいうと、「この記事さえ読めば、他は読む必要がないほど情報を盛り込む」ということです。

 

▼網羅性を表現したタイトルはこんな感じです。

■網羅性を使ったタイトル例

  • Web担当者必見!マーケティングを成功させるための全手法を公開
  • 【完全保存版】子育てママでも安心♪ 3分でつくれる時短レシピまとめ
  • 初心者におすすめ!副業で月に3万円稼ぐ方法をゼロから教えます

ほかの記事を読む必要はないですよーとアピールする分、記事自体のボリュームは多くなりますね。

中村

 

法則4.不安や恐怖を刺激する

4つ目の法則は、「不安や恐怖を刺激する」というパターンです。

不安や恐怖というものは、人間の心を動かす大きな要素になります。

 

ただ、不安を煽って興味を引けたとしても、記事の中身が伴っていなければ信用を落とすことになりかねないので、使うときには気を付けてくださいね。

 

▼不安や恐怖を刺激したタイトルはこんな感じです。

■不安や恐怖を刺激したタイトル例

  • 衝撃!メイクをせずに寝ると顔ダニの繁殖率が100倍になるってご存知ですか?
  • 副業していないサラリーマンが、今後10年以内に不幸になる7つの理由
  • 9割の人が間違える!? 人生を不幸にする成功法則の特徴とは?

数字は適当ですが、恐怖感を煽ってとにかく記事の中身が気になるように持っていくテクニックですね

中村

 

法則5.数字を入れて具体的にする

5つ目の法則は、「数字を入れて具体的にする」というものです。

タイトルに数字を入れることで、一気に説得力が増す効果があります。

 

▼数字を入れて具体性を表現したタイトルはこんな感じです。

■数字を入れたタイトル例

  • 92.7%の子育てママが絶賛!? 読み聞かせにおすすめの絵本はコレで決まり 
  • あの商品が45%オフ!?楽天で激安商品を見つけるためのマル秘テクニック
  • たった1記事で125万PVを集めたバズコンテンツのつくり方

小数点以下を加えるなど、より具体的に書くことで説得力が増します

中村

 

法則6.権威性を盛り込む(開発者・推薦者・資格・メディアなど)

6つ目の法則は、「権威性を盛り込む」というものです。

 

これは人間の心理的な部分なのですが、人は権威性に弱いという性質を持っています。

そのため、影響力がある人の言葉は信じやすい傾向にあるんですね。

 

▼権威性をタイトルに盛り込むとこんな感じです。

■権威性を使ったタイトル例

  • ハーバード大が絶賛!読み聞かせが子供にいい影響を与える3つの理由
  • 東大の名誉教授も認めた!1日30分で効果抜群の〇〇式ウォーキング法とは
  • トップスタイリスト10人が教える ユニクロ着回しコーデ10選

使えるならば、権威性を使ったほうが、確実に商品に対する信頼度は高まります

中村

 

法則7.希少性・限定性を入れる(すぐに行動しないと損だと伝える)

7つ目の法則は、「希少性・限定性をいれる」という点です。

 

権威性と同様に、人間は「限定」や「レアもの」という表現に非常に弱いです。

ウソはいけませんが、希少性をアピールすることで一気に反応率は高まります。

 

▼希少性・限定性を使ったタイトルはこんな感じです。

■希少性・限定性を使ったタイトル例

  • 【人数限定】外資系コンサルが教える、たった1回で理解できるスゴイ読書術セミナー
  • 【50名限定】通常19800円の講座を今だけ無料でプレゼントします
  • 【3日間限定】ブログのPVを10倍アップさせるマル秘テクニックを無料で公開します

あまり乱発すると効果が薄まるのでスパイス的に活用することをおすすめします

中村

 

法則8.ターゲットを絞り込む

8つ目の法則は「ターゲットを絞り込む」ということです。

これは、極限までターゲットを絞り込むことで「自分のことを言ってる」と思ってもらうためですね。

 

▼ターゲットを絞り込んだタイトルはこんな感じです。

■ターゲットを絞り込んだタイトル例

  • 朝が弱い人は必見!低血圧の原因と対策のまとめ10選
  • 人見知りに知ってほしい!緊張しないための事前準備と楽しく話せる6つのコツ
  • 初心者ライター必見!ライティング力が劇的に高まるおすすめ書籍5選

ターゲットを絞り込むというのが、クリックされるために一番大切なポイントですね。

中村

 

法則9.常識を覆す(意外性・衝撃の事実など)

9つ目の法則は、「常識を覆す文言を入れる」ということです。

読者さんが予想できないことを書いていくことで「え、どういうこと?」と思わずクリックしたくなる効果があります。

 

▼意外性を使ったタイトルはこんな感じですね。

■意外性を使ったタイトル例

  • 現役ニートが教える東大に現役で合格する勉強法
  •  67歳独身男性が25歳の現役モデルを口説き落としたトーク術
  • たった1記事で5万PVを稼いだライティング術

「え!?」と言いたくなるような、一見ありえなさそうなタイトルをつけることがポイントですね

中村

 
 

まとめ.ブログ記事タイトルの役割を理解して成果に繋げよう

今回は、「読者に刺さるブログ記事タイトルの作り方」についてお話ししました。

 

上位の記事を差し置いてあなたの記事が読まれるということは、SEOの観点でみても効果的です。

読者に読まれている記事は、Googleから見ても上位表示させたいと思いますよね。

 

ただ、今回お話したブログ記事タイトルの決め方は、小手先のテクニックとしてとらえないでください。

重要なのは、「読者の検索意図をしっかり理解した上で使う必要がある」というわけです。

 

ブログ記事のタイトルは、1回で完璧なものを作ろうとしなくても大丈夫です。

1度ブログ記事のタイトルを作ってみて、イマイチ反応が悪ければ、また考えればいいんです。

 

まずはどんどんチャレンジしていきましょう。

ではでは、最後までありがとうございました、

 
 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住のセールスコピーライター。 商品(サービス)の価値を言語化し、「必要な人に必要なモノを届ける」ことを生業としている。 最近は、クライアントに安心と確かな価値を提供するため、薬機法ライティングについてもコソコソ研究中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© コピラボ|コピーライティング研究所 , 2017 All Rights Reserved.

error: