この記事を書いている人 - WRITER -


広島出身、関西在住のセールスコピーライター。
「価値あるホンモノの魅力」を文章で100%言語化することを信念としている。

※趣味は3歳と0歳の娘を一眼レフカメラで盗撮してニヤニヤすること。
撮影後、一気に数十枚の写真をLINEで奥さんに送りつけているとかいないとか。

 


➡詳しいプロフィールはこちら

中村 悠

どうも、コピーライターの中村です。

今回はワードプレスのテーマ「STOAK(ストーク)」についての評価をしてみたいと思います。

 

あなたが、この記事を読んでくれているということは、僕のブログを読んでくれているか「検索」でたどり着いてくれたのどちらかの可能性が高いですね。

 

 

検索でたどりついてくれた方は「ワードプレス ストーク」と検索してくれたのでしょうか?

テーマに興味があっても「実際のところどうなの?」という部分は気になるところだと思います。

 

有料テーマで安い買い物ではないですもんね。

有料テーマに興味があるということは「無料テーマで挫折した」か「失敗したくないから最初から有料テーマにしておこう」と考えている投資意識の高い方だと思います。

 

  • これからワードプレスで自分のメディアを作っていきたい
  • すでにワードプレスは運営しているけど、うまくいかなくて挫折しかけている

 

あなたがそんな思いを持っているとしたら、すべて解消できるように、僕が愛用しているワードプレステーマ「ストーク」についてお話していきますね。

 

ブログのテーマ選びは店舗の設計図と同じ

ブログを使った情報発信を決意した時って最高にワクワクしますよね?

  • 「どんなサイトを作ろう?」
  • 「どんな記事を書けばいんだろう?」
  • 「どんなデザインにしようかな?」

 

とにかくモチベーションが高まっているので、何でもしたくなっちゃいます。

 

中でも多くの人が、まずこだわりたいと感じるのが、ブログのデザインをどうするか?という部分じゃないでしょうか?

というのも、ワードプレスを無事開設できたら、まず最初にしていく作業が「デザインをどうするか?」という部分です。

 

大げさではなく今後のブログ運営を左右する大事な作業なので、ワードプレスのテーマ選びは妥協しないようにしてくださいね。

 

ワードプレスのテーマには「無料」と「有料」の2種類がある

僕が最初にブログを始めたときは、はてなブログを活用していました。

 

理由は簡単で、無料のブログの中でも使いやすそうだったからなんですが、2カ月くらいブログ運営していた時に、無料ブログでは自分の資産にならないことに気付きました。

ワードプレスという言葉は聞いたことがある程度の知識しかなかったので、自分に出来るかどうか不安がなかったわけではないですが、「なんとかなるだろう!」という根拠のない自信をもってのスタート。

 

失敗したくなかったので、リサーチに3日間くらい費やし、開設までは何の問題もなく出来たんですね。

 

リサーチをしている中で、ワードプレスには「無料」と「有料」のテーマ(デザインを構築するもの)があることを知りましたが、当初は有料テーマなど使うつもりがなかったので「無料」のテーマに絞りどんなテーマがいいのかを調べました。

 

その選択が、僕の心をへし折ることになるとも知らずに・・・。

 

有料テーマの選択は最大の効率化につながる

無料テーマを使うと決意した僕が最終的に選んだのは、バズ部さんの作った「Xeory Base」というテーマでした。

 

これが無料!?と驚くようなクオリティで、無駄なものを削ぎ落とし洗練されたスタイリッシュなデザインのテーマ。

HTMLやCSSのような、プログラムの知識があって、シンプルなデザインが好きな方にはバズ部さんのテーマはオススメです。

 

バズ部のテーマ「Xeory Base(セオリーベース」をやめた理由

基本的にはシンプルで使いやすいデザインだったんですが、洗練されすぎていて「もう少し、違うデザインにならないかな?」という欲が出てきちゃったんです。

 

検索して調べること自体は好きなので、Xeory Baseでデザインを変更するために来る日も来る日も検索する日々を過ごしました。

気付きましたか?実はこの時点でまだ1記事も書いていません。

 

デザインにもこだわりたいという欲望のまま行動を始めた結果、ある無限ループに迷い込んでしまったんですね。

 

その無限ループとは・・・

ワードプレス初心者がハマりがちな、デザインを作るのに必死でブログ記事が書けないという状況に陥る

というもの。

 

まさに僕は、理想のデザインを求めて来る日も来る日も、

 

調べる→変更する→納得いかない→また調べる→変更する

 

という感じで、記事を書くこともなく、2週間もの間、先の見えない迷宮に潜り込んでいたわけです。

結局1記事も書いていないので、資産を構築するどころか、時間にして約60時間もの間、無駄な作業をしていたことになります。

 

しかも、知識がないくせにCSSを触ったのが原因で、2回もブログを破壊するというおまけつき・・・。

 

この経験から、すべて自分でやろうとすることは非効率以外の何物でもないということに気付いて有料テーマを色々検討した末、ストークを購入することにしました。

 

ストークを購入した際の衝撃

正直、有料テーマを購入するのには躊躇しましたが「必要なところには可能な限り投資する」と決めていたので思い切って購入してみたわけです。

 

結論からいうと、正しい投資でした。

というのも、60時間かけても答えが出なかったのに、ストークを導入したら約60分でデザインが完成しちゃったわけですから

「60時間(約2週間)かけて苦労したのは何だったんだ。。。」と感じて、最初から投資しなかった自分に喝を入れたくなりました。

 

あなたが、僕と同じように「時間を無駄にしてもいいから自分で色々イジってみたい」と思うなら無料テーマにチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

反対に「時間は無駄にしたくない!でもデザインもこだわりたい」と感じている場合は、有料テーマを検討することをおすすめします。

 

当然ですが、有料テーマのほうが、デザインなど作りこまれていて、直観的に操作がしやすく、無料テーマを時間かけて作るよりも、時間効率的もいいですし、読み手からみて見やすいサイトを作ることができるんです。

 

あなたが自分のビジネスに何かしら繋げたくてブログを始めようと思っているとしたら、とにかく資産となる記事を書いていかなければ、始まりませんよね?

自分の苦手なことは専門家の力を借りて、自分のやるべきことに時間をかけるという手段もあるということは忘れないでください。

 

『STORK(ストーク)』は記事を書くことに集中できる

STOAK(ストーク)とは

ブログマーケッターJUNICHIとOPENCAGEが共同で作り上げたWordPressテーマ。これまでのテーマ開発の経験とブログマーケティングのノウハウの融合によってうまれた、ブログマーケティングのためのWordPressテーマです。
スマートフォンでの使用感にとことんこだわり、見た目のインパクトよりも「使いやすさ」「読みやすさ」にこだわりました。見た目は当然のこと、機能的にも徹底的にモバイルファーストにこだわりました。

– OPENCAGEサイトより引用 –

OPENCAGEさんは、過去に「アルバトロス」「ハミングバード」といった有料テーマも発売されています。

 

ストークを活用すれば、HTMLやCSSの知識がなくても、管理画面上で設定をいじるだけで、簡単に綺麗なブログが作れるように設計されています。

「とにかく書くことに集中したいし、デザインにもこだわりたい!」というわがままな要望をすべて叶えてくれるテーマです。

 

 

『STORK(ストーク)のお気に入り機能』

ストークには様々な機能が備わっていますので、OPENCAGEさんのページで確認して、使い倒してみてください。

その中でも僕が特に使いやすいと思っている機能をお伝えしておきます。

 

お気に入り機能①ショートコード機能

ストークでは、ショートコードを簡単に入れることが出来ます。

ショートコードって何?と思うかもしれませんが、

中村
こんな風に

照れ屋の岡村さん
会話形式で・・・

中村
進めることができます(この吹き出しはline風ですね)

中村
Facebook風の吹き出しもできますよ

 

補足説明をしたいときにはこんな感じで枠で囲むことができますし

注意を促したいときはこんな感じで強調もできます。

 

お気に入り機能②スマホにもグローバルメニューが付けられる

通常、スマホ用のサイトになると、グローバルメニューが「三」みたいなハンバーガーメニューになって消えてしまいます。

 

わざわざ「三」をタップしないと、グローバルメニューが出てこないので、スマホから見た人には「サービス」であったり、「お問い合わせ」といった集客に繋がる、メニューが目立ちません。

ストークではその点が改善されていて、なんと、スマホでもグローバルメニューが表示されます。

 

『横スクロール』をする事でパソコンと同じように見えるので安心なんです。

※下の画像真ん中あたりの赤い枠のメニューをグローバルメニューといいます。

↑ こんな風に、スマホから見ても常に見えるグローバルメニューが付けられるので、目立ちますよね。

 

左上の赤枠の『三』がメニューだって気づかない人も多いので、PCだけじゃなくてスマホでも常に見えるところにメニューは置いておきたいところです。

 

お気に入り機能③記事のレイアウトも手軽に変更出来る

ストークでは、記事のレイアウトも4種類から選ぶことができ、手軽に変更できることが出来ます。

 

①シンプルタイプ

ベーシックなレイアウトで、記事が順番に並んでいるレイアウトです。

 

②カード型

下のように、規則正しく並んで表示されます。

 

③マガジン型

カード型に似ていますが、こちらは、雑誌を見ているようなレイアウトになっています。

 

④ビッグ型

このレイアウトは、1記事づつ「ドーン!」と目立つように表示されます。

 

このように、簡単にレイアウトが変更できますので読者さんの反応を見ながら色々と検討することもできます。

アフターフォローもバッチリ

ストークを購入した後は、OPENCAGEさんの公式ページで、使い方を細かく調べることが出来ますので、初心者の方でも安心です。

僕も買ったばかりのころは、全然使い方などが分かりませんでしたが、公式ページの使い方を見ながら実践していくと、自然と使いこなせるようになったので、あなたにも問題なく使いこなせるはずですよ。

 

応用編:工夫次第で差別化したデザインも作ることが可能

ストークは人気のテーマなので、愛用者の方も多いです。

すると、どういうことが起こるか?

 

せっかく差別化するために有料テーマを選んだのに、同じようなデザインになってしまいます。

基本的には、ブログのデザインよりも記事のクオリティが大切なので、気にする必要はないのかもしれませんが、頑張れば、HTMLやCSSなどのプログラムを触ることなく、こんなレイアウトだって出来ちゃうんですね。

 

※公式ぺージにはやり方は載っていません。

▲上記のように、レイアウトを変更してからは、変更前と比べてページの滞在率が約3倍アップ直帰率が約10%低下という具合に改善しており、デザインは自己満足の為ではなく、読み手から見やすいページ構成にしておくことが大切だと言うことを実感できました。

 

ストーク導入をおすすめしない人

ここまで良いコトばかり書いてきましたが、100%すべての人が満足できるテーマはありませんので、ストークを使ってもあまりメリットを感じることできないのはどんな人なのか?

ご紹介しておきますね。

 

▼こんな方にはおすすめしません

  • デザインに対するこだわりが強い
  • プログラムに関するこだわりが強い
  • すでにテーマを使っていて、独自のカスタマイズをしてる
  • 複数運営しているブログのテーマを探している

 

注意

ストークは複数のサイトで使いまわすことは出来ず、使用できるのは1サイトのみとなりますので、複数のサイトで使用するテーマを探している場合はおすすめしていません

 

なぜかというと、ストークは完成度が高すぎてほとんど触る必要がありませんので、自分でカスタマイズするのが好きな人は、ストークを使っても手ごたえがないかもしれません。

実際にストークを使っているデザイナーさんと話しをしたときに「完成されすぎていてカスタマイズするのが難しい」という話をお聞きしました。

 

 

反対に、

  • とにかく書くことに時間を使いたい
  • キレイなデザインにしたいけどやり方がわからない
  • これからワードプレスを始めようと思っている
  • HTMLとかCSSとか全く分からない←僕です

 

というような悩みを抱えている場合はストークは心強い味方になってくれます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、あなたの強い味方になってくれる、ワードプレステーマのSTOAK(ストーク)を紹介しました。

 

あなたがこれからワードプレスを始めようと思っているとしたら、今回ご紹介したような有料テーマを使うことで時間を無駄にすることなく、あなたの資産となるコンテンツ作りに時間を投資することができます。

 

ブログを始めても3カ月以内に8割の人は挫折してしまう

 

というデータもあります。

どこに優先順位を置くのか?ということが大切です。

 

  • 無料テーマで、とにかく時間をかけてブログを作っていくのか?

  • 有料テーマで、思い通りのデザインをサクッと作り、とにかく自分の資産となる記事を書くことに集中していくのか?

 

くれぐれも、あなたがブログを運営する目的を見失わないようにしてくださいね。

 

 

 

⇒当サイトに来られた方はこちらのページもご覧になっています

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA