2018/01/09

WordPressと無料ブログはどっちがおすすめ?メリットとデメリットも含めて初心者向けに徹底解説します

 

この記事を書いている人 - WRITER -

関西在住、2人の娘を持つセールスコピーライター。

自身が運営していた女性向け講座で、広告費ゼロにも関わらず合計1736名を動員。コピーライターとしての活動だけではなく、ブログを使って「隠れた名品」にスポットを当てる活動もこっそりしている。

信念は、無理に煽る文章ではなく「必要な人にキチンと届く文章」を書くこと。

➡詳しいプロフィールはこちら

中村 悠

この記事を書いている人 - WRITER -
関西在住、2人の娘を持つセールスコピーライター。 自身が運営していた女性向け講座で、広告費ゼロにも関わらず合計1736名を動員。コピーライターとしての活動だけではなく、ブログを使って「隠れた名品」にスポットを当てる活動もこっそりしている。 信念は、無理に煽る文章ではなく「必要な人にキチンと届く文章」を書くこと。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、コピーライターの中村です。

 

あなたは、WordPress(ワードプレス)に対してどんな印象をお持ちですか?

  • めっちゃ便利でもう無料ブログには戻れない
  • 興味はあるけど、難しそう
  • チャレンジしたことあるけど挫折した
  • WordPressという名前自体、はじめて聞いた

 

色々と持っている印象は違うと思います。

僕の場合は、「もうWordPress以外使えない!」と感じるほど便利だと思っているんですが、意外とWordPressのハードルの高さに足踏みしている人って多いことがわかりました。

 

慣れてしまえばそんなに難しくないので、これから始める方にこそ、WordPressおすすめですよ。

アメブロのような無料ブログではなく、Wordpressを使いこなせるようになると情報発信の可能性が一気に広がります。

 

今回は、これからブログはじめたいけど「どの媒体を使おうかな?」と悩んでいる方のために、WordPressを選んだほうがいい理由をお伝えしていきますね。

 

先に答えを言っておくと、本気でブログで集客をしたいなら使うべきはWordpress一択です。

あなたの貴重な時間を使って記事を書いていくなら、どちらを使うべきか今回の記事を参考にしてみてください。

 

そもそもブログとはなに?

無料ブログとは、開設・維持にお金が一切かからないサイトのことをいいます。

無料ブログのメリットはなんといっても、すぐに始めることのできる手軽さですね。

 

有名どころでは、

  • アメーバブログ
  • FC2ブログ
  • はてなブログ
  • So-netブログ

などなど、様々な無料ブログサービスがあります。

 

あなたがブログ維持のためにお金を払っていないのなら、それは基本的に無料ブログというわけですね。

「いきなり有料のブログを使うのには抵抗がある……」と考えてしまうなら、最初は無料ブログで練習してもいいでしょう。

 

でもせっかく記事を書くなら、最初からWordPressでブログを書き始めて、資産となるブログを作っていくことをおすすめします。

 

その理由を具体的にお話していきますね。

 

無料ブログをおすすめしない3つの理由

僕が、無料ブログをおすすめしない理由は、大きく分けて3つあります。

 

具体的には、以下の理由から無料ブログをおすすめしていません。

  1. 商用利用が禁止されている
  2. カスタマイズ性が低い
  3. ブログが削除されるリスクがある

 

これらのデメリットが大きいため、無料ブログよりもWordPressをおすすめしています。

では、具体的にひとつずつお話していきますね。

 

理由1.商用利用が禁止されている

無料ブログをおすすめしない理由の1つ目は、商用利用が禁止されていることです。

アメブロをはじめとしたブログサービスには、利用のためのガイドラインがあるんですね。

 

規約の中には、商用利用(利益を得ることを目的としてブログを運営すること)に関する項目もあるので、無料ブログを使う際には必ず確認するようにしてください。

ほとんどの人が、ビジネスに繋げるためにブログを活用しているので、商用利用ができないというのは致命的です

中村

 

たとえばアメブロだと、下記のような感じですね。

◆当社の承諾のない商業行為

① 無限連鎖講(ねずみ講)、リードメール、ネットワークビジネス関連(マルチ商法、マネーゲーム等を含む)の勧誘等の情報、及びこれらに類する情報の送信等

② 商業用の広告、宣伝を目的としたブログの作成(但し、当社が認めている範囲のもの及び当社タイアップ等は除く)

③ 当社が許可したものを除き、営利、非営利目的を問わず、物やサービスの売買、交換(それらの宣伝、告知、勧誘を含む)を目的とする情報の送信等(物品を販売し、又は契約を締結させることを目的とする無料セミナーの情報の送信等を含む)

引用:アメーバ利用規約

 

このように、無料ブログは自己の利益に繋げる目的でブログを運営することを禁止されていることが多いです。

最悪違反とみなされる場合もあり、苦労して書いたブログの記事を削除されてしまうこともので注意してくださいね。

アメブロでビジネス関連の告知してるけど削除されてないよ?と感じた方は現時点で削除されてないだけなので油断は禁物ですよ

中村

 

理由2.カスタマイズの自由度が低い

無料ブログをおすすめしない理由の2つ目は、カスタマイズの自由度が低いという点です。

無料ブログは、アメブロの媒体を間借りして運営していく形になるので、自由にカスタマイズすることができません。

 

一応デザインや構成の並びなどを変更することができますが、完全にあなたのビジネスにあったデザインに変更するという願望は叶えられないんですね。

 

それに加えて、無料ブログには運営側の広告が強制的に表示されてしまうという問題もあるので、WordPressと比べて自由度はかなり低くなってしまいます。

 

運営側の広告が表示されることで、あなたのブログを読まずにクリックして離脱してしまう可能性だってあるわけです。

 

有料で広告を外すサービスもありますが、広告を外すことだけにお金を使うなら、独自ドメインを取得してWordpressに投資したほうがいいというわけですね。

 

理由3.ブログが削除されるリスクがある

無料ブログをおすすめしない理由の3つ目は、ブログが削除されるリスクがあるという点です。

 

先ほど商用利用をしてしまうと削除されるリスクがあるとお伝えしましたが、その外にも違反行為をしてしまうと、当然ブログは削除されてしまいます。

運営者が方針を急に変えることだってありますからね。

 

せっかく書いた記事を、運営側の都合で理不尽に消されてしまうなんて考えたくもないですよね?

ブログに時間がかかればかかるほど、精神的ダメージは大きくなります。

 

ちなみにぼくの場合は、

  1. キーワード選定
  2. 設計書作成
  3. 競合リサーチ
  4. 執筆

このような手順で記事を書いていくので、1記事書くのに大体6時間ほどかかります。(7000~10000字程度の場合)

 

そんな記事を100記事コツコツと書いてきたとすると、6時間×100記事=600時間という膨大な時間を費やして書き上げたことになります。

その血と涙の結晶が、ブログ側の都合で一瞬で消されてしまう可能性もあるわけです。

 

このブログは、まだ100記事ちょっとですが、明日すべてのデータが消されていたと想像するだけで、灰になりかけます。笑

あなたの資産を守るためにも、Wordpressでブログで運用することをおすすめしているわけですね。

 

WordPressでブログを作る4つのメリット

ここまで、無料ブログのデメリットをお伝えしてきました。

もちろん無料ブログにも、「はじめる手軽さ」や、「無料で使える」などのメリットがあります。

 

ただ、それらのメリットを差し引いても、WordPressをおすすめしたい理由があるんですね。

それをこれからお話していきます。

 

僕が、Wordpressを推薦する理由は4つあります。

  1. 初心者でも簡単に作れて運用しやすい
  2. 自由にカスタマイズできる
  3. 書き溜めた記事が自分の資産になる
  4. コンテンツが溜まればSEOに強い

この4つが、無料ブログではなくWordpressをおすすめする大きな理由です。

 

では、1つずつ具体的にお話ししていきますね。

 

メリット1.初心者でも運用しやすい

WordPressでブログを開設するメリットの1つ目は、初心者でも運用しやすいという点です。

 

ブログを自分でゼロから開設するには、HTMLやCSSなどの専門知識が必要だと思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

実際、僕もプログラムはほとんど分からないですしね。

 

基本的に作業は管理画面で行うため、専門知識がなくても簡単にオリジナルのブログが作れてしまうんですね。

コツを掴むまでは、少し時間がかかるかもしれませんが1度慣れてしまえば、初心者でも問題なく運用することができます。

 

専門知識がいらない理由として、WordPress初心者向け|サクッとできるプラグインのインストール方法でも書いていますが、プラグインと呼ばれるオプション機能を使い、手軽に機能を拡張できるのも初心者の方におすすめできる理由ですね。

 

メリット2.自分好みに自由に運営できる

WordPressでブログを開設するメリットの2つ目は、自分好みに自由に運営できるという点です。

WordPressでブログを作ると、無料ブログとは違い、商用利用もOKですし、広告を表示させるかどうかも自由に決めることができます。

 

つまり、あなたが自分のサービスを持っている場合は、じゃんじゃん紹介できちゃうというわけですね。

 

また、自由にデザインやレイアウトもカスタマイズすることができるため、無料ブログに比べて格段にあなたのカラーを出しやすくなります。

デザインなどは、Wordpressのテーマをインストールすれば手軽に変えられるので、色々試してみてくださいね。

 

ちなみに、僕が無料と有料のテーマをご紹介するなら下記の2つを紹介します。

 

無料のおすすめテーマは「simplicity(シンプリシティー」

  • 特徴1.シンプルでカスタマイズしやすい
  • 特徴2.パソコンでもスマホでも見やすい
  • 特徴3.最初から拡散用のSNSボタンが設置されている

 

有料のおすすめテーマは「エレファント2」

  • 特徴1.複数サイトで使える
  • 特徴2.基礎からブログ集客を学べる特典付き
  • 特徴3.1つのテーマで3種類のデザインがついてくる

エレファント2は、僕がこのサイトでも使っているかなり使いやすいテーマです

中村

 

メリット3.書き溜めた記事が自分の資産になる

WordPressでブログを開設するメリットの3つ目は、書き溜めた記事が資産になるという点です。

無料ブログと違い、運営者は自分自身なので突然記事を削除される心配もありません。

 

急にサービスが停止して、ログインできなくなるということもないんですね。

ブログをはじめたばかりの頃書いた記事は、後から振り返ると恥ずかしい出来栄えですが、それも含めてあなたの資産になります。

 

インターネットがこの世から無くならない限り、永遠にあなたの書いた記事はネット上に存在することになるわけですね。

 

書けば書くほど、資産価値が高まっていくので、どんどん記事を書き溜めていきましょう。

 

メリット4.コンテンツが溜まればSEOに強い

WordPressでブログを開設するメリットの4つ目は、コンテンツが溜まればSEOに強いという点です。

WordPressがSEOに強いというは聞いたことがあるかもしれませんね。

 

実際、元Googleの検索エンジン責任者「マット・カッツ」氏も、以下のようにワードプレスの有用性を語っています。

 

WordPress is a great choice.
WordPress automatically solves a ton of SEO issues.
WordPress takes care of 80-90% of Search Engine Optimization (SEO).

(日本語訳)
ワードプレスは、とてもよい選択と言えます。
何故かと言うと、ワードプレスは、SEOに関連する様々な課題を自動的に解決してくれるからです。
ワードプレスは、SEOの方法の80~90%に対応できるように設計されています。

参考:「WordCamp San Francisco 2009」より

 

マット・カッツ氏は、元グーグルの検索スパム対策チームの責任者であり、SEOの専門家です。

SEOに関わる人の中で、マット・カッツ氏を知らない人はいないほどの有名人なんですね。

中村

し、知りませんでした……。

文子

 

このように、SEOの専門家Googleが検索上位を目指す上では、Wordpressは効果的だということを言っているわけですが、1点注意すべき点があります。

 

それは、「Wordpressを使うだけでは、検索上位に表示させることはできない」ということですね。

あくまでSEOに対応できるように設計されているだけで、大事なのはあくまでコンテンツの質です。

 

簡単にいうと、記事の少ないうちは検索上位に表示されることは難しく、記事が増えてサイトの質が高まってくることで検索上位に表示される可能性が高まるということですね。

 

WordPressでブログを作る3つのデメリット

ここまでWordPressのメリットをお伝えしてきましたが、もちろんデメリットもあります。

僕が感じるデメリットは大きく分けて3つです。

  1. ブログの開設と運営にお金がかかる
  2. 最初は全くアクセスが集まらない
  3. 初心者は慣れるまで操作に時間がかかる

 

デメリットといっても、そこまで気にする必要のないことですが、それぞれ具体的にお話していきますね。

 

デメリット1.ブログの開設と運営にお金がかかる

WordPressでブログを開設するデメリットの1つ目は、ブログの開設にお金がかかるという点です。

WordPressで独自のブログを立ち上げるには、色々と準備が必要だということですね。

 

具体的には、

  • ドメイン
  • サーバー

この2つを契約する必要があります。

 

逆にいうと、この2つがあればすぐに始められるわけですね。

 

ドメインとは

ドメインとは簡単にいうとインターネット上の「住所」のようなものです。

 

たとえば、この記事のURLは、 https://copilabo-sakayu.com/wordpress-freeblog ‎です。

このURLでいうドメインっていう部分は赤色の「copilabo-sakayu.com」ですね。

 

今回の記事でいえば、copilabo-sakayu.comという町の中に「wordpress-freeblog」という、何丁目何番地みたいな住所が割り当てられていると考えると分かりやすいと思います。

 

この「copilabo-sakayu.com」のような「ドメイン」部分は、世界に2つとないあなただけの住所です。

 

 

基本的にあなただけのドメインを取得しようと思ったら利用料金が必要です。

 

僕は、ムームードメイン というところで取得しましたが、初年度は年間約1,140円で、2年目から1,280円(更新時)ほどかかります。

 

ドメイン 登録料金(1年) 更新料金 Whois情報代行※ 自動更新
.com 1,160円 1,280円
.net 1,160円 1,280円
.jp 2,840円 2,840円

※Whois情報代行についてはこちらをご覧ください⇒WHOIS 情報の 『 弊社情報代理公開 』 に関しまして

※時々キャンペーンなどで、初年度の契約金が安くなっていることもあります。

 

この表を見てもらえばわかりますが、「.com」のドメインなら月100円くらいでドメインが取れちゃうんですね。

ドメインは世界に1つしか存在できませんので、基本早い者勝ちです。今は無料ブログを運営していても、将来的にワードプレスに変更しようと思っているならば、希望するドメインだけでも早めに取得しておくことをオススメします

中村

 

サーバーとは

ドメインが住所なら、サーバーはインターネット上の「土地」と言い換えられます。

 

レンタルサーバーとはいわば、Web上に土地を借りているという認識でいてもらえばで大丈夫です。

サイズの大きな動画やファイルを置く場所や、多くの訪問者が来る場合は、それだけ広い土地(容量の大きいサーバー)を選ぶ必要があるわけですね。

 

せまい土地にモノもいっぱい、人もいっぱいだったらお客さんに快適に過ごしてもらえないですよね?

 

サーバーはエックスサーバーがおすすめ

サーバーは、ただ安いからという理由だけで選ぶと後から後悔します。

あまりにも安いサーバーだと、アクセスが集中したときにサーバーダウンを引き起こす可能性があるんですね。

 

そんな中で僕がおすすめするのは、エックスサーバー です。

 

▼料金の目安は以下のような感じですね。

レンタルサーバー

初期費用(税別) 月額費用(税別) 容量 マルチドメイン※
エックスサーバー(X10 ) 3,000円 900円(3年契約の場合) 200GB  無制限
エックスサーバー(X20 ) 3,000円 1800円(3年契約の場合) 300GB 無制限
エックスサーバー(X30 ) 3,000円 3600円(3年契約の場合) 400GB 無制限

※「マルチドメイン」とは……1つのサーバーで複数のドメインを管理できる事を指します。

 

たとえば、当ブログのドメイン「copilabo-sakayu.com」は、WordPressのレンタルサーバー上で管理・公開しています。

二つ以上のドメインを管理したい場合は、「マルチドメイン対応」のサーバーじゃないといけないというわけですね。

 

 

スタンダードなX10プランの詳細は以下の通りです。

▼初回支払い料金+利用料金

 

▼契約更新する際の利用料金

僕の場合は、X10プランを1年ごとに更新をしているので、初回は16,200円。

2年目からは、年間12,960円(月額1,000円)で運用できるということです。

 

つまり、有料といってもドメインとサーバー合わせて月1,000円で、誰にも邪魔されない自分だけの城を持てるわけですから、デメリットといいつつ、メリットの方が大きいですよね。

 

ブログの役割(無料ブログとWordPressの違い)

ドメインが「住所」でサーバーが「土地」だとしたら、ブログは「家とかお店」です。

つまり、Web上に住所と土地を持っておけば「好きなお店」をつくれるんですね。

 

たとえば、無料ブログはメイン取得、サーバーのレンタルも必要ないのですべて無料で利用できます。

 

そのかわり、アメブロを使用する際のドメインは、「ameba.jp」というアメブロ側が用意したサーバーを利用することになります。

 

簡単にいうとこんな感じです。

  • 無料ブログは、運営会社が所有しているマンションに部屋を借りる「賃貸マンション」
  • WordPressは、お金を出して買った「自分の持ち家」

 

ようは、賃貸マンションで管理人が最上階に住んで管理している賃貸マンションで満足するか、持ち家を買いたいかという違いですね。

 

デメリット2.ブログをはじめてすぐにはアクセスが集まらない

WordPressでブログを開設するデメリットの2つ目は、ブログをはじめてすぐにはアクセスが集まらないということです。

つまり、開設して数カ月はSNSなどで拡散しない限りは、アクセスゼロの日々が続くということです。

 

この期間をいかに耐えながら記事を書いてくかで、ブログを継続できるかが決まるといってもいいかもしれません。

WordPressでブログを始めるということは「無人島でお店をオープンさせる」ようなものなので、最初は誰の目にもつかないということは、覚悟しておく必要があります。

 

ブログ開始後のアクセスについては、アメブロなどの傘下に入っている方が集まりやすいのは確かですが、時間の経過と共に、検索上位のされやすさは逆転します。

 

なので、WordPressでブログを始める場合には、「最初はアクセスがなくて当然」という認識を持っていたほうが挫折せずにすみます。

 

挫折を味合わないためにも、口コミは本当?WordPressテーマ「エレファント2」の評価(レビュー)を愛用者目線で徹底解説しますの記事で紹介しているようなコミュニティに参加するのもおすすめですよ。

 

あなたの書いた記事に対して、先輩ブロガーの皆さんが色々コメントやアドバイスをくれたりするので、スタート時の孤独感を感じることなく、楽しみながらブログを書くことができます。

 

デメリット3.初心者はなれるまで少し時間がかかる

WordPressでブログを開設するデメリットの3つ目は、操作に慣れるまでに時間がかかるということです。

ネットを調べれば、WordPressの情報はたくさんあるので、独学で十分に学べます。

 

ただ、むやみにコードなどを触るとブログを破壊してしまう箇所もあるので、自信がないという方は、先ほど紹介したブログのコミュニティなどに参加して、基礎から勉強することで不安は解消できますよ。

中村さんが、独学でWordPressに慣れましたが、2回ほどブログを破壊したのはナイショです

文子

 

まとめ.初心者でもWordpressで資産ブログを作れる

いかがだったでしょうか?

今回は、これかたブログを始めようと思っている方に向けて、「WordPressの魅力」をお伝えしました。

 

今回お伝えしたように、無料ブログにもいいところはありますし、Wordpressにもデメリットはあります。

でも長い目で見たら、Wordpressの使い方をおぼえてブログを運営したほうが、将来的は可能性は広がるというわけですね。

 

同じ貴重な時間を使うなら、

  • 「資産にならない無料ブログ」
  • 「資産になるWordPress」

あなたは、どちらでブログをスタートさせますか?

 

ではでは、最後までありがとうございました。

 

 

⇒当サイトに来られた方はこちらのページもご覧になっています

 

 

 
この記事を書いている人 - WRITER -
関西在住、2人の娘を持つセールスコピーライター。 自身が運営していた女性向け講座で、広告費ゼロにも関わらず合計1736名を動員。コピーライターとしての活動だけではなく、ブログを使って「隠れた名品」にスポットを当てる活動もこっそりしている。 信念は、無理に煽る文章ではなく「必要な人にキチンと届く文章」を書くこと。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© こぴらぼ☆コピーライティング研究所 , 2017 All Rights Reserved.