意外に知らない?検索出来る人と検索能力がある人の違いとは

この記事を書いている人 - WRITER -

広島出身、関西在住のセールスコピーライター。
ブログやメルマガといったツールを活用し、文章で信頼関係を築くライティングを得意としている。

自身が過去に病気を患ったことがきっかけで、大切な人(家族、友人)と過ごす「当たり前の日常」に幸せを感じるようになった、2人の娘を持つパパライター。

➡詳しいプロフィールはこちら

中村 悠

どうも、コピーライターの中村です。

あなたが、これからブログなどで情報発信をしていこうと思ったときに、必須の能力となるのが「検索能力」です。

 

もしかしたら、「いつもネットサーフィンしてるし、検索できるから大丈夫だよ!」と思われたかもしれませんね。

今回は検索が出来る人と検索能力がある人の違いをお伝えしていきます。

検索ができると大幅に時間を節約できる

インターネットを活用して情報発信をする場合には、いろいろと検索する機会が増えてきます。

 

例えば、

 

「ブログのネタが無くなった・・・ どうしようorz」

 

となった時には、検索能力があれば効果的なリサーチが出来ます。

 

  • 自分のブログコンセプトに近い情報発信をしてるブログはどんなことを書いているのか?
  • 自分が提案したい商品と同じ業種のブログはどんなことを書いているのか?

 

 

など、漠然とネットサーフィンをしているよりも、キーワードを決めて検索したほうが、目的の情報に早くたどり着き、貴重な時間を無駄にせずに済みます。

 

 

ただ、検索能力が少し低い人って意外と多いんです。

多くの人は検索は出来ますが、狙ったキーワードで的確に答えを導き出す方法を知りません。

 

もしも、あなたが検索は得意だ!と思えたならそれはすごい武器になりますので自信を持ってください^^

 

 

検索に慣れていなければ、ちょっと検索には自信がないな・・・

 

と思われたかもしれませんので、ちょっと視点を変えるだけで検索能力が飛躍的に上げる方もお伝えしていきます。

 

検索できることと、検索能力の違い

突然ですが、あなたは「探している情報がなかなか見つからずに時間だけが過ぎていく…」っていう経験はありませんか?

 

もしあるなら、検索能力を磨くことで、
時間を大幅に短縮することができるようになるでしょう。

 

まず、検索能力というのは一体どういうものなのか。

 

 

ここでクイズです

 

あなたは次の2つのうち、どちらの方が検索能力が高いと思いますか?

  1. Google検索で自分の探している情報を探し出すことができる人
  2. 自分の探している情報をGoogle検索の結果に表示させることができる人

 

少し考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考えましたか?

 

では、答えを言いますね。

 

答えは2番です。

 

もし、1番だと思ったとしたら、今日で解決しておきましょう^^

 

検索能力とは、その名の通り検索する能力です。

Google先生の膨大なデータの中から必要な情報を探し出すことではありません。

 

一発で欲しい情報を検索結果に表示させることが出来ることです。

例えば、パソコンが欲しいと思ったときに、単純におすすめのパソコンを探すのではなく、欲しいメーカーがあれば、そのメーカー名も検索に入れるほうがより絞った情報を表示させることができ、時間短縮に繋がります。

 

コピーライター中村

 

つまり検索した時点で決まっているんです。

検索能力が高い人は、検索キーワードの使い方が上手です。

では、どうすれば上手に検索することができるのか。

ポイントは「自分の必要とする情報を具体的にイメージしつつ、的確な言葉を使う」ということ。

 

例えばさきほどのパソコン探しで考えてみると意外に多いのが

  • 「パソコン おすすめ」
  • 「パソコン 評価」
  • 「パソコン 人気」

といった検索ワードです。

 

ただし、これでは膨大な量の情報が検索結果に表示されてしまい、必要な情報までなかなかたどり着くことが出来ません。

 

そこで大切になるのが、どんな目的でパソコンが欲しいのか?ということをイメージできるかどうかです。

 

  • デスクトップが欲しいのか
  • ノートパソコンが欲しいのか
  • どれくらいの大きさが欲しいのか
  • 予算はどれくらいなのか
  • 気になるメーカーはあるのか

 

など、詳細な情報を入れ込むことで的確な情報を表示させることが出来ます。

 

僕の場合はコピーライターとして活動するのにパソコンが欲しかったので、様々なキーワードを入れて絞り込んでいきました。

 

詳しくはこちら→実際にパソコンを購入する際にリサーチをした記事

 

どうしても検索するキーワードが思いつかない時にオススメなのが「必要な情報を口に出して、それを単語に分けて検索する」

 

という方法です。

 

さっきの僕の場合は口に出すと「コピーライターとして活動するのに、使いやすいパソコンが欲しい」ということになります。

 

これを分解すると

  • 「コピーライター おすすめ パソコン」
  • 「コピーライター 愛用 パソコン」

 

という風に絞り込んだ検索ができるようになりますのでやってみてください^^

 

聞いてみればなんてことない話なので、すでにやっているかもしれませんが、もしも知らなかった!と思われたら、今日から検索する際には意識してみてくださいね。

 

では、また^^

⇒当サイトに来られた方はこちらのページもご覧になっています

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA