【商用利用OK】フリー素材サイト8選!2020年時点でおすすめの厳選サイトを紹介

今回は、「商用利用OKのフリー素材」がダウンロードできるおすすめサイトを紹介していきます。

あなたはブログで記事を書いた際、何か画像を挿入してるでしょうか?

文章ばかりの記事は、ハッキリいって読みにくく読み手にストレスを与えます。

一生懸命書いた記事が相手にストレスを与えてしまうなんて切ないですよね。

読みやすい記事を書くためには「文章と画像のバランス」を整える必要があります。

文章の中に適度に画像があることによって、視覚的に伝えやすくなりあなたの伝えたいことが相手にイメージしやすくなるわけです。

ただ、画像ならば何でもいいわけではありません。

どうせなら「無料で使えてオシャレな画像」を使いたいですよね。

ネットで検索すれば「フリー素材サイト」は無数にあります。

しかし、「おすすめフリー素材サイト30選」などと紹介されても、数が多すぎると逆に迷ってしまいますよね。

そこで今回は、「本当に使えるフリー素材のサイト」を8種類ご紹介します。

中村のアイコン画像中村

オシャレで使いやすいフリー素材サイトを紹介しますね

文子のアイコン画像文子

オシャレな画像を見ているとワクワクしますね

目次

フリー素材サイトを選ぶ際の注意点(やってはいけないこと)

ブログを運営する僕たちにとって、「フリー素材サイト」の存在は大きいですよね。

ただし、フリー素材サイトだからといって「なんでもかんでも使える」わけではないので注意が必要です。

素材サイトごとに規約や禁止事項などの取り決めがありますので「ルールを守って活用する」ことが重要です。

今回ご紹介するフリー素材サイトは、無料ダウンロードOK、著作権表記不要、商用利用可能のフリー素材サイトですが、一部サイトでは、独自のルールを設けているところがあるので注意が必要です。

こんな禁止事項があります
禁止されているルールの一例
  • 写真素材を商品化して販売すること
  • 素材を再配布すること
  • 加工や編集をせずに素材を販売すること
  • 攻撃的、ポルノ的、わいせつ、不道徳、​​中傷的などに関わる素材として使用すること

上記のように、各サイトごとに利用規約(ルール)があります。

無料で使いやすい素材だからこそ、マナーを守って活用しましょう。

では、僕も活用している「おすすめフリー素材サイト」について、具体的にお伝えしていきますね。

おすすめ無料(フリー)素材サイト8選

おすすめのフリー素材サイトは下記の8つです。

オシャレで使いやすいフリー素材サイトばかりなので、楽しみにしておいてくださいね。

上記、8つがおすすめのフリー素材サイトです。

では、具体的に解説していきますね。

1.unsplash(アンスプラッシュ)

項目詳細情報
使用できる素材写真
ダウンロード無料
会員登録不要(無料会員登録をすると便利に使える
クレジット(著作者)表記不要
商用利用OK
使用の際は必ず利用規約を確認してご活用ください

unsplash(アンスプラッシュ)は、オシャレな画像が多いのが特徴です。

ただ、難点として「英語で検索」をする必要があります。

英語で検索する必要があるといっても「Google翻訳」などで変換して検索すればいいので、問題なく使えます。

オシャレな画像がたくさんあるので、ぜひ活用してみてください。

\ 無料で画像をダウンロード /

2.Pixabay(ピクサベイ)

項目詳細情報
使用できる素材写真・イラスト・ベクトル・動画
ダウンロード無料
会員登録不要(無料会員登録をすると便利に使える
クレジット(著作者)表記不要
商用利用OK
使用の際は必ず利用規約を確認してご活用ください

Pixabay(ピクサベイ)は、1800万点以上の高品質な画像を「無料」でダウンロードすることができるフリー素材サイトです。

すべての画像が無料で提供されており、自由にダウンロード、加工などが可能なサイトとなっています。

商用利用も可能なので、ビジネス用のブログやサイトでも使用できます。

僕自身、画像を探すときは、まず「Pixabay」で検索するというくらい活用頻度の高い画像です。

■注意が必要な点

すべてのコンテンツは営利目的および非営利目的で自由に使用できますが、識別可能な人物、ロゴ、ブランド、オーディオサンプルなどのコンテンツ内のアイテムは、追加の著作権、所有権、プライバシーの対象となる場合があることに注意してください。(権利、商標など)

特に商用アプリケーションでは、第三者の同意またはこれらの権利のライセンスが必要な場合があります。

\ 無料で画像をダウンロード /

3.unDraw(アンドロー)

項目詳細情報
使用できる素材イラスト
ダウンロード無料
会員登録不要
クレジット(著作者)表記不要
商用利用OK
使用の際は必ず利用規約を確認してご活用ください

unDraw(アンドロー)はスタイリッシュでオシャレな画像を無料で使えるフリー素材サイトです。

特徴的なイラストなので、他のフリー素材と混ぜて使うよりもアンドロ―の素材をメインで使ったサイトを作ったほうが統一感のあるデザインになります。

\ 無料で画像をダウンロード /

4.BURST

項目詳細情報
使用できる素材写真
ダウンロード無料
会員登録不要
クレジット(著作者)表記不要
商用利用OK
私用の際は必ず利用規約を確認してからご活用ください

BURSTはバーストは、Shopifyを搭載した無料のストックフォトプラットフォームです。

世界中の写真家コミュニティによって撮影された何千もの高解像度、ロイヤリティフリーの画像が掲載されています。

ダウンロードの際に「高解像度」と「低解像度」のダウンロードオプションが表示され、選ぶことができるのも特徴です。

「低解像度」画像は、ファイルサイズを非常に圧縮する必要がある小さなWebグラフィックに最適。

「高解像度」の画像は、プレゼンテーション、ウェブサイト、オンラインストア、および品質が最も重要となる他の場所に適しています。

\ 無料で画像をダウンロード /

5.タダピク

項目詳細情報
使用できる素材写真
ダウンロード無料
会員登録不要
クレジット(著作者)表記不要
商用利用OK

タダピクは、現在43サイトの「商用利用可」「クレジット表記不要のフリー素材」「無料画像サイト」だけを対象とした横断検索エンジンです。

ようするに、いろんな「フリー画像のサイト」を集めたものですね。

1つ1つのサイトで画像を検索するのが「面倒くさい」を感じている方には心強いフリー素材サイトですね。

タダピクはまとめサイトなので、画像を使う場合は「掲載元の利用規約を確認する必要がある」という点だけ注意してください。

\ 無料で画像をダウンロード /

6.ぱくたそ

項目詳細情報
使用できる素材写真
ダウンロード無料
会員登録不要
クレジット(著作者)表記不要
商用利用OK
※使用の際は必ず利用規約を確認の上でご活用ください。

ぱくたそは「使って楽しい画像」が揃えられているフリー素材サイトです。

かわいい女性の画像から、女性にヒールで踏まれているような、いつ使うのか分からないシュールな画像まで目白押し。

様々なコラボ画像なども、どんどん更新されているので、ブログ記事にユーモアを取り入れたい時に活躍してくれますよ。

登録も必要なく、好きなだけダウンロードできるのもイチオシポイントです。

\ 無料で画像をダウンロード /

7.FLAT ICON DESIGN

項目詳細情報
使用できる素材アイコン(イラスト)
ダウンロード無料
会員登録不要
クレジット(著作者)表記不要
商用利用OK
※使用の際は必ず利用規約を確認の上でご活用ください。

FLAT ICON DESIGNは、WEBデザインやスマートフォンのUIなどで注目されているフラットデザインのアイコン素材をストックしたサイトです。

こちらのサイトに掲載しているフラットアイコン素材は、使用条件に違反しない限りクレジット表記や許可なしで、利用することができます。

ブログのメニューアイコンなどに使うと、オシャレでかわいいデザインのサイトが作ること可能です。

\ 無料で画像をダウンロード /

8.icooon-mono

項目詳細情報
使用できる素材アイコン(イラスト)
ダウンロード無料
会員登録不要
クレジット(著作者)表記不要
商用利用OK
※使用の際は必ず利用規約を確認の上でご活用ください。

icooon-monoは、商用利用可能なモノトーンのアイコン素材をフリー(無料)でダウンロードできる素材配布サイトです。

『ICOOON MONO』は、WEBデザインやDTPのほか、ビジネスシーンで活用できるアイコン素材をストックしています。


このサイトに掲載しているアイコン素材は、使用条件に違反しない限り、クレジット表記や許可なしで、自由に使うことができます。

モノトーンデザインのアイコンを使い方にはぴったりの無料素材サイトですね。

\ 無料で画像をダウンロード /

まとめ.フリー素材を上手く活用して読者満足度の高いサイトを作ろう

人差し指を指している男女のイラスト

今回はオシャレで使いやすいフリー素材サイトの紹介をしました。

ブログに訪れた「読者の満足度」を上げるために、コンテンツの質を重視することは大切です。

さらに、コンテンツの質に加えて「ブログのデザイン」を見やすく整えることで「読者の満足度」はより高くなります。

あなたがせっかく熱量を込めて書く記事ですから、アクセントとなる「画像」も上手く組み合わせて読者の満足度を上げる工夫をしていきましょう。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

1981年広島生まれ。
呉服販売、美容商材の営業を経験した後、化粧品や健康食品を扱う企業で、「代理店営業」「店舗運営」に約12年間携わる。
一貫してWebに苦手意識を持つシニア層(50代以上)の女性経営者様の支援をしてきたため、相手の悩みに寄り添うサポートを得意をしている。
信念:商品の価値を”正しく”引出し必要としている方に届けること
趣味:読書・キャンプ

コメント

コメントする

twelve − ten =

目次
閉じる