これぞ神の時短ツール!?「コンテンツスカウターZ」でWebライターの負担は10倍軽くなる

 

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住、2人の娘を持つセールスコピーライター。 「自分の書いた文章を資産に変える」という理念のもと、「読み手が気持ちよく行動したくなる文章」を書くこと意識しながらブログを運営中。 仕事に対する信念は、「外注ライターを使わず、自分でクライアントのレターを書くこと」
詳しいプロフィールはこちら

どうも、コピーライターの中村です。

 

あなたがWebライターとしてSEOを意識した記事を書いたことがあるなら。

「競合サイトのリサーチに時間がかかりすぎるぜ、ちくしょー!」と頭を抱えた経験が1度や2度はあるのではないでしょうか?

 

Webメディアを運営する上で、求められるスキルは「検索上位を狙った記事」を書くことです。

そして、検索上位に表示される記事を書くには、「検索者の意図を汲み取って、悩みを解決するコンテンツを作成」する必要があります。

 

ここで、問題になるのが「競合のリサーチには時間がかかる」という点ですよね。

「競合リサーチが大事なのはわかるけど、できればサクッと終わらせて記事の執筆に集中したい」というのが、あなたの本音ではないでしょうか?

 

そんあなたの悩みを解決するためにも、今回は、僕が実際に愛用しているコンテンツスカウターZというツールについて「メリット」と「デメリット」も踏まえてお話ししていきますね。

コンテンツスカウターZは1度使うと手放せません

中村

時間が余ってるなら、私の記事も書いてくださーい

文子

 

コンテンツスカウターZってそもそもなに?

コンテンツスカウターZとは、月間100万PVを集めるコンテンツSEOのプロが監修した、コンテンツSEO専用のツールです。

 

コンテンツ作りを効果的にしていくための、以下の機能を備えています。

  1. キーワード解析機能
  2. 見出し解析機能
  3. 共起語解析機能
  4. タグ解析機能

この4つのメイン機能を使って、「検索で上位表示されるための記事の設計図」をサクッと作ることができるわけですね。

さらに、「検索順位チェック」も備わっているので、個人がSEO対策を意識しながらサイトを作るための機能はすべて備わっていることになります。

 

一般的にアナログで競合リサーチをしようとすれば、

  • キーワードを考える
  • キーワードを決める
  • 上位表示されている競合サイトをリサーチする
  • 競合サイトに勝てる記事構成を考える

といった手順を踏んで、記事を設計していく必要があります。

 

そうなると、リサーチから設計図完成までの時間は、どうしても2~3時間くらいはかかってしまうんです。

 

しかし、コンテンツスカウターZを使えば、2~3時間かかっていた作業を約20~30分で完成させることができます。

つまり、設計図の時間を短縮することで「記事に割ける時間を増やすことができる」というわけです。

 

 

「COMPASS」から「コンテンツスカウターZ」に変えた理由

僕はコンテンツスカウターZを購入する前は、アフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」という、オールインワンSEO対策ツールを愛用していました。

 

もともと、検索順位チェックにはGRCという無料ツールを使っていましたが、機能が制限されて使いにくくなったので、COMPASSという「買い切り型」の検索順位チェック機能がついたSEO対策ツールを導入したわけです。

 

検索順位のチェックに関しては「COMPASS」で十分でしたし、「買い切り型」なのでランニングコストもかからないため、気に入って愛用していました。

 

では、なぜ「コンテンツスカウターZ」をわざわざ購入することにしたのか?

決め手となった理由は、コンテンツスカウターのメイン機能である「キーワード解析機能」「見出し解析機能」でした。

 

この2つの機能の何がそんなに良かったのかを、続いてお話ししていきますね。

 

コンテンツスカウターZは「キーワード解析機能」と「見出し解析機能」が神!

神の字

コンテンツスカウターZの中でも、個人的にヤバいと思う機能は「キーワード解析機能」と「見出し解析機能」です。

さきほどもお伝えしたように、コンテンツスカウターZを使えば、記事設計の時間を10分の1に短縮できます。

 

その理由こそ、僕も重宝している

  1. キーワード解析機能
  2. 見出し解析機能

の2大機能なんです。

具体的にどのあたりを重宝しているのかを、実践を交えながらお伝えしていきますね。

 

おすすめ機能1.キーワード解析機能

おすすめ機能の1つ目は、1クリックでお宝キーワード探しができる「キーワード解析機能」です。

 

キーワード解析機能を使うと、1クリックで様々な情報を一気に抽出できます。

たとえば、「30代ダイエット 男性」で検索すると……。

このように、メインの「30代ダイエット 男性」というキーワードに関しての情報を色々しることができるわけです。

 

キーワードに関する情報を抽出することで、

  • 検索数
  • 文字数
  • 単語数
  • SNSの拡散
  • キーワードが含まれるか

など、SEOに関する必要な情報を網羅して調査し、「自分の狙ったキーワードで記事を書いてライバルに勝てる可能性」記事設計の段階で調査できるのは、大きな魅力ですね。

詳しい機能に関しては、公式ページに書いてあるので、そちらで確認できます

中村

 

おすすめ機能2.見出し解析機能

おすすめ機能の2つ目は、競合サイトを丸裸にできる「見出し解析機能」です。

 

やはりなんといっても、記事の設計書を作る過程で1番時間がかかるのは「競合サイトのリサーチ」です。

Google検索にキーワードを入力して表示された、1位~10位のサイトをひとつずつ読み込んでいくわけですから、膨大な時間がかかりますよね。

 

僕の場合は、リサーチした内容をマインドマップまとめながら記事の構成を作っていくので、大体2時間くらい作業時間がかかります。

それが、コンテンツスカウターの「見出し解析機能」を使えば、競合サイトの見出しを1クリックで丸裸にできるわけです。

 

それに加え、この見出し構成機能のいいところは、俯瞰的にライバルサイトの構成を見ることができるという点です。

1つ1つアナログでリサーチしていたら見落としてしまいがちな情報も、俯瞰しながら全体像を見ることができるため、漏れなく情報を網羅していくことができるのが大きな魅力のひとつです。

 

 

ここまで、僕が特に気にっている機能の魅力についてお話してきました。

続いては、コンテンツスカウターZを一般的な視点で見た評価をしていきますね。

 

「コンテンツスカウターZ」を導入する際のメリットとデメリット

個人的に手放せないツールとなっている「コンテンツスカウターZ」ですが、もちろん100点満点のツールではありません。

僕がいいと思っていても、あなたにとっていいとは限らないですしね。

 

ここでは、個人的に感じている「コンテンツスカウターZ」の良い面と悪い面をお伝えします。

 

コンテンツスカウターZを使う際の3つのメリット

コンテンツスカウターZを使うメリットは3つあります。

具体的には以下の通り。

  • 記事の執筆に集中できる
  • 低コストで、常に最新の機能を使える
  • メディア運営が楽になる

では、ひとつずつ見てみましょう。

 

メリット1.記事の執筆に集中できる

1つ目のメリットは、記事を書く時間が増えるという点です。

僕の場合、以前は記事の設計書を作るのに2時間くらいかけていたのが、約20分ほどに短縮できました。

 

つまり、1時間40分の余剰時間を記事の執筆に充てることができるわけですね。

もし、あなたが本業と副業を掛け持ちしており、「限られた時間」の中で記事を書いているならば、時間を捻出するむずかしさは身をもって実感しているはずです。

 

コンテンツスカウターを使えば、本来大変なはずの時間を無条件で捻出できるわけですから大きなメリットであるといえます。

 

メリット2.低コストで、常に最新のSEOツールを使える

2つ目のメリットは、「Googleの変動にも細かく対応してくれる」という点です。

買い切り型のツールは、毎月のランニングコストがかからない反面、Googleのアルゴリズム変動などで使い物にならなくなる可能性があります。

 

それに対しコンテンツスカウターZは、毎月のランニングコストがかかる代わりに、Googleのアップデートに即座に対応してくれるんです。

 

Googleのアップデートで数々のツールが使えなくなる中で、「安心して使い続けることができる」というのは、毎月コストをかける価値が十分あるといえます。

 

メリット3.メディア運営が楽になる

3つ目のメリットは、「メディアを効率的に運営できる」という点です。

なんといっても、記事設計からランキングチェックまで、1つのツールで対処できるというのは、長い目で見るとコスト削減につながります。

 

メディア運営において最優先は「記事を書いてコンテンツを貯めること」ですが、質の低い記事を量産してもGoogleには評価してもらえません。

 

1度書いて終わりではなく、定期的に見込みのある記事には手を加えていき「記事の鮮度を保つ」ことがSEO対策においても重要なことなので、1つでまかなえるのは大きな魅力です。

 

ここまでは、メリットについてお話ししましたが、ここからはコンテンツスカウターZのデメリットについてお話ししますね。

 

コンテンツスカウターZを使う際3つのデメリット

僕が個人的に感じる、コンテンツスカウターZのデメリットは3つあります。

 

具体的には以下のとおりです。

  • 月額制なので、毎月経費がかかる
  • 多機能すぎて万人向けではない
  • 読み込みに時間がかかる

では、具体的にお話ししていきますね。

 

デメリット1.月額制なので、ランニングコストがかかる

デメリットの1つ目は、「月額費用がかかる」という点です。

さきほど、メリットの部分でもお話ししましたが、「少なからず月額費用がかかる」という点は、人によっては大きなデメリットになるでしょう。

 

もし、「コンテンツスカウターZの月額費用が負担に感じる」ならば、今は使うべきではありません。

 

「この月額費用なら使う価値あるな!」と感じることができるようになってから使ってみてくださいね。

 

デメリット2.多機能すぎて万人向けではない

2つ目のデメリットは「多機能すぎて初心者では使いこなせない可能性がある」という点です。

ここまでお話しした内容を読んで、「この機能はヤバいな……」と感じないのであれば、今はまだ買うべきではありません。

 

まずは、自分で「設計図を作る⇒記事を書く」と経験を積んでみてください。

記事設計がどれだけ大変かをイメージできないならば、月額費用の安さを実感することはできませんから。

  • キーワード検索
  • 競合リサーチ
  • 記事設計

 

これらの作業負担を10分の1に軽減してくれることを実感できるならば、コンテンツスカウターZは手放せないツールになります。

使い方に関しては、購入者限定サイトで動画解説してくれるので、少し勉強すれば問題なく使えるので安心してください

中村

 

デメリット3.キーワードの量によっては読み込みに時間がかかる

3つ目のデメリットは、「キーワードの読み込みに時間がかかる」という点です。

このツールを使い始めて最初に「あれ、結構読み込み時間遅いな……」と感じたんですね。

 

検索するキーワードが少なければすぐに終わるんですが、詳しく調べようとすると、平気で10分以上かかります。

キーワードを詰め込みすぎて1時間以上かかったこともありました

中村

 

ようするに、「スキマ時間でサクッと使う」という使い方には適していないわけですね。

入浴時間や食事の時など、時間が余裕にあるときに「ながら作業」で活用することをおすすめします。

 

まとめ.「コンテンツスカウターZ」で効率的にメディアを運営しよう

今回は、僕がコンテンツスカウターZを実際使ってみての感想を率直にお伝えしました。

 

便利なツールなのは分かった。

でも、「本当に導入して、後から後悔しないか不安」と心配になるならば、まずは1か月だけお試しで導入してみることをおすすめします。

 

1か月も使っていれば、本当に自分に必要なツールなのかどうかが分かるはずです。

記事の設計書も大事な作業ではありますが、メディア運営において1番大切なのは、やはり「記事を書くこと」です。

 

あなたの貴重な時間を無駄にせず、「質の良い記事を書く」ためにも、コンテンツスカウターZの導入を考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

⇒当サイトに来られた方はこちらのページもご覧になっています

 

 

 
この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住、2人の娘を持つセールスコピーライター。 「自分の書いた文章を資産に変える」という理念のもと、「読み手が気持ちよく行動したくなる文章」を書くこと意識しながらブログを運営中。 仕事に対する信念は、「外注ライターを使わず、自分でクライアントのレターを書くこと」
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© コピラボ , 2018 All Rights Reserved.