文章を”資産化”する方法を研究するメディア

予想外!?意外な記事が上位表示されていて驚いた話

WRITER
 
スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住のセールスコピーライター。 商品(サービス)の価値を言語化し、「必要な人に必要なモノを届ける」ことを生業としている。 最近は、クライアントに安心と確かな価値を提供するため、薬機法ライティングについてもコソコソ研究中。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、セールスコピーライターの中村です。

今回は最近「よく検索されてるな~」と思う記事があったので、調べたら意外な結果を発見したのでお伝えしてみようと思います。

 

実際に検索されている記事とは

最近、毎日のようにアクセスがある記事があるんですが、その記事というのが

 

という、僕が娘に媚びを売るという下心満載の記事です。

 

 

娘への僕の一方的な愛がGoogle先生を突き動かしたわけですね←ちがう

 

何も対策をしていないのに順位が上昇したのか?

一応SEOは意識して、キーワードは「DIY カラーボックス プレイテーブル」と決めていたので、上昇する予定ではいたんですが、こんなに早く上昇するとは思っていなかったんです。

ちなみにどれくらい上昇していたかというと

キーワード「プレイテーブル カラーボックス」・・・順位5位

 

キーワード「プレイテーブル DIY」・・・順位8位

 

キーワード「プレイテーブル DIY カラーボックス」・・・順位6位

キーワード「シルバニア プレーテーブル カラーボックス」・・・順位6位

という感じで、様々なキーワードでGoogle1ページ目に表示されていました。

これだけ1ページに表示されると、検索数も自然と増えてくるんですね^^

 

検索が増えた半面デメリットも

検索が増えたからといって喜んでばかりはいられないこともあります。

それは

  • 検索が増えたことで直帰率が跳ね上がった
  • 男性向けに書いた記事だが、ほとんど女性の検索ばかりだった
  • 女性は文章をあまり読まない(写真などを好む)人が多いため、どうしても文章ばかりだと読まれにくくなってしまう。

 

つまり、僕はこのブログのメインターゲットは、ざっくりいうと「情報発信にコピーライティングを活かしたい人」なんですが、違うターゲットばかりが検索から来ているので、楽しんでもらえない可能性が高いんですね。

1つ勉強になりました。

ターゲットの欲求にあった記事を書くことってやっぱり大事ですね^^

 

まあ・・・

たまに、こんな風に媚びを売る記事をぶっこんでいきますがね

 

おしまい。

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住のセールスコピーライター。 商品(サービス)の価値を言語化し、「必要な人に必要なモノを届ける」ことを生業としている。 最近は、クライアントに安心と確かな価値を提供するため、薬機法ライティングについてもコソコソ研究中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© コピラボ|コピーライティング研究所 , 2017 All Rights Reserved.

error: