>>> あなたが書く1文字の価値を最大限に高める実践的なスキルを学べる講座はこちら <<<
これを外すと売れない!?ベネフィットの重要性 | こぴらぼ☆コピーライティング研究所

      2017/04/20

これを外すと売れない!?ベネフィットの重要性

 

この記事を書いている人 - WRITER -

広島出身、関西在住のセールスコピーライター。

ブログやメルマガといったツールを活用し、文章で信頼関係を築くライティングを得意としている。

自身が過去に病気を患ったことがきっかけで、大切な人(家族、友人)と過ごす「当たり前の日常」に幸せを感じるようになった、2人の娘を持つパパライター。

➡詳しいプロフィールはこちら

中村 悠

うも、コピーライターの中村です。

今日は、広告を書く際の秘密のテクニック、「ベネフィットの重要性」についてお伝えしていきます。

 

ベネフィットの重要性と意味

 

マーケティング用語である、ベネフィットの意味は、お客さんが商品(サービス)から得ることが出来るメリットのことです。

先日の記事でお客さんは「その商品が自分にとってどんなメリットがあるのか?」しか興味がない、とお伝えさせていただきました。

 

お客さんはなぜあなたの商品を買うのか?

 

これは文章だけでなく、普段の生活で何かを購入するときも一緒なんですが、お客さんが買いたくなる文章(接客)はベネフィットを伝え、お客さんが買いたくならない文章(接客)は特徴を伝えています。

 

伝わるでしょうか?

例えば、あなたがダイエットに興味をもっていて、まずは食事を見直そうと思い「何かいい本ないかな~」とAmazonを見ていると・・・

あのライザップが出している公式の食事本がありました。

 

その商品説明の欄にライザップで提供している、食事のレシピ本です、栄養指導士の指導に基づいた、栄養盛りだくさんのレシピを42品目を収録するだけでなく、2週間の献立例も紹介しています。

 

と本の特徴が羅列して書いてあったらどうでしょう?

 

 

特徴だけ書いてあっても、その商品が自分にどんなメリットをもたらしてくれるのか?が伝わらないと、なかな欲しくならないのではないでしょうか?

ではベネフィットを伝えるとどうなるか?

 

 

ついに登場! ライザップによるライザップメソッド公式解説本!

 

「結果にコミットする」のキャッチコピーで数々の有名人・一般人を見事に「変身」させてきたパーソナルトレーニングジム「ライザップ」からついに発売しました。

 

あまりの効果に、そのメソッドについて疑問を抱く人も少なくないほど。
「いったい、ライザップはどのようなことを行っているのか?」

 

本書は、自分を変えたい人だけでなく、ライザップメソッドに疑問を抱いた人のために、ライザップのトップトレーナー&管理栄養士の完全指導のもと、ライザップメソッドを自宅でも実践可能な形にして完全解説します!
食事編ではライザップ式低糖質ダイエットの解説だけでなく、目標を可能にするメンタルマネジメントや挫折させないためのさまざまなコツを余すことなく解説、さらに、ライザップ管理栄養士によるレシピを42品収録するほか、実践しやすい2週間の献立例もご紹介!

 

と書いてあったら、どうでしょう?


少し長い説明になりますが、人は関心がある事なら、多少長くても文面をしっかり読みます。

 

この文章のようにと読み手が明確に自分のメリットを感じることが出来れば、高額なお金を払わなくても自宅でライザップの食事メニューを実践できるの?と感じ、この商品を買えば自分のなりたい姿に近づけるかも?と感じ「商品を買う」という行動につながります。

 

※Amazonの商品説明はしっかりベネフィットを伝えているものが多く参考にするのにおススメです。^^

 

先日の記事、人間が逃れることが出来ない8つの欲求とベネフィットを組み合わせることで、人が買わずにいられなくなる文章を書くことが出来るんです。

 

 ベネフィットを入れない文章はお金を無駄にしているのと同じ

逆にいうと、パンフレットでも、セールスレターでも、ウェブサイトでもなんであろうと、広告にベネフィットを入れないのなら、出すだけ無駄になってしまう可能性が高いです。

 

あくまで、自社の商品の説明(自慢)ではなく、お客さんにどんなメリットがあるのか?を書くことが大原則。



特徴とベネフィットの違いはお分かりいただけたでしょうか?

 

 

ひと言でいうと

  • 特徴は自分目線
  • ベネフィットは相手目線

    ということになります。

ベネフィットはお客さんの購買心理を刺激します。



何度もお伝えしますが、広告を読むとき、見込み客は「自分にとってどんな価値があるのか?」という考えが頭から離れることはありません。

残念ながら、見込み客はあなたの新製品にも(見込み客にメリットがあるい場合は除いて)オープン10周年を記念している事にも(値段を下げていれば別ですが)あまり関心はありません。

 

同様に、広告に載せたスタッフの写真にも温かみはあるかもしれませんが、メリットを伝えることが出来なければお客さんには響きません。

 

今日のポイントは…

読み手にどのようにベネフィットを感じてもらうことができるか?

というところでした。

 

当たり前に感じる事かもしれませんが、広告を成功させるためにはベネフィットは常に意識する必要がありますので意識してみてくださいね^^

⇒当サイトに来られた方はこちらのページもご覧になっています

 

 

 

Copyright© こぴらぼ☆コピーライティング研究所 , 2016 All Rights Reserved.