【SEO実践記6】ついに壁を越えた!?Google1ページ目に表示されるまでにやったこと

この記事を書いている人 - WRITER -

広島出身、関西在住のセールスコピーライター。
ブログやメルマガといったツールを活用し、文章で信頼関係を築くライティングを得意としている。

自身が過去に病気を患ったことがきっかけで、大切な人(家族、友人)と過ごす「当たり前の日常」に幸せを感じるようになった、2人の娘を持つパパライター。

➡詳しいプロフィールはこちら

中村 悠

どうも、コピーライターの中村です。

前回のSEO実践記から1カ月経ちましたが、この1カ月は順調というわけにはいきませんでした。

 

僕が書いている他の記事のいくつかはGoogle検索1ページ目に表示されてきましたが、肝心の記事【広島漢方との出逢い|潰瘍性大腸炎で悩む90%の人が改善した奇跡的な効果とは】が1ページ目にこない。。。

これではいかん!ということで試行錯誤した末に、狙うキーワードを変えて記事を編集したんですね。

 

その結果、ついに念願の1ぺ―ジ目に表示されました!

今回は僕が1ページ目に表示されるために何をしたのかをお伝えしていきます。

 

どれだけ待っても越えられない壁

前回の記事を書いてからも、ひたすら順位が上がるのを待っていました。

しかーし、どれだけ待っても16位~11位を行ったり来たりするわけです。

 

Google先生に11位と10位の壁の高さをドーン!と見せつけられた感じですね。

 

順位の推移はどうだったのか

これまでに、実践記を5記事書いてきたんですが、

1回目が31位、2回目が27位,3回目が23位、4回目が19位、5回目が12位という結果でした。

 

 

順調に上がっているように見えますが、途中で何度も加筆修正を繰り返して徐々に上昇してきた感じです。

ここにきてどうしてもベスト10の壁を超えることが出来ずにいたので、どうしたら改善できるのか?を考えるため競合調査をしてみることにしました。

 

上位にはどんな競合サイトが表示されているのか?

僕が上昇させようとしていたキーワードは「潰瘍性大腸炎 広島漢方」です。

 

潰瘍性大腸炎で苦しんでいる人が最終的にたどりつくのが広島漢方の場合が多いので、複合キーワードにしていたんですね。

するとどんな競合サイトが出てくるのか?

最新のデータでは11位にいますね。

競合にはミクシィのコミュニテイやYahoo知恵袋、naverまとめなど強いサイトが占めているわけです。

 

どこか改善できるところはないか?と考えターゲットの事を今一度考えてみたんです。

ターゲット像

  • 潰瘍性大腸炎になっている本人または家族
  • 長年闘病生活で苦しんでいる
  • どこかで広島漢方の存在を知った
  • 色々な治療を試してみたけど効果を実感できない
  • 本当に効果があるのか?を知りたい

 

整理してみたことで、僕の記事を見るのは「すでに広島漢方の存在を知っていて効果が本当にあるのかを知りたいというターゲット」だということを再確認しました。

 

 

そこで検索ワードを「広島漢方 改善」という風に変えてみたんです。

すると、なんと!

1位にいるではありませんか!

念願の1位獲得ですよ「やったー!」

 

と喜びたいところではありますが、実際に「広島漢方 改善」というキーワードで検索する人は少ないので、検索ボリュームの多かった「広島漢方」というキーワードで上昇を目指すことしました。

 

SEOを狙うキーワードを「潰瘍性大腸炎 広島漢方」から「広島漢方」に変更したことで、記事も加筆修正をして様子見。

 

その結果、

「広島漢方」というビッグワードでも9位にランクインできています。

 

今後は、この広島漢方というキーワードでさらなる上位表示をさせることが出来るように育てていこうと思います。

 

まとめ

今回、記事を見直したことで、いかに読者目線で書いていくことがGoogleに評価されるには大事かを再確認できました。

いくら形だけ上位表示させることができても実際に検索されないキーワードだとSEO対策とは言えません。

 

実際に検索されているキーワードを使って上位表示させていくにはどういう記事を書けばいいのか?

これからも試行錯誤しながら追求していきます^^

 

ではまた。

 

⇒当サイトに来られた方はこちらのページもご覧になっています

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA