【SEO実践記5】果たしてGoogleの試練を超えることが出来るのか?

この記事を書いている人 - WRITER -

広島出身、関西在住のセールスコピーライター。
ブログやメルマガといったツールを活用し、文章で信頼関係を築くライティングを得意としている。

自身が過去に病気を患ったことがきっかけで、大切な人(家族、友人)と過ごす「当たり前の日常」に幸せを感じるようになった、2人の娘を持つパパライター。

➡詳しいプロフィールはこちら

中村 悠

どうも、コピーライターの中村です。

今年、初めての記事になります。

 

昨年、ブログをはじめてから、様々な気づきを僕自身、得ることができました。

今年はより一層、あなたの役に立つ情報をお伝えしていけたら嬉しく思います。

本年もよろしくお願いいたします^^

 

今回は5回目となる、SEOライティング実践記です。

なんだかんだで5回目まできましたが、「誰か待ってくれている人はいるのか?」ということは全く気にせずに、今回も書いていきます。

※こっそり応援してくれると喜びます。

 

これまでのSEOライティングの結果は?

いままでの順位の推移は1回目が31位、2回目が27位,3回目が23位、4回目が19位という状況でした。

 

実は、前回から記事は変更せずに、見守り続けました。

その結果どうなったか?

 

じゃじゃん!

ようやく12位まできました。

もう少しで1ページ目に表示させることが出来ますね。

 

もっと効率よくSEOで上位表示させることはできるんでしょうけど、僕はHTMLなどは分かりません汗

だからこそ文章だけでどこまで上位表示をさせることが出来るのか?チャレンジしてみることにしましたわけです。

 

 

僕がこの記事を上位表示させたいのには、理由があります。

何回も書いていることですが、僕は潰瘍性大腸炎という病気にかかってから、人生のどん底を味わいました。

 

そのどん底から救ってくれたのが広島スカイクリニックの天野先生と天野先生が作られた広島漢方と呼ばれている薬です。

 

この薬の存在を知ってもらうことで、僕と同じように悩んでいる潰瘍性大腸炎患者の方の人生が好転するきっかけになること願い、上昇させようとしています。

 

僕には医療の専門的な知識はないので、苦しんでいる人を助ける術はありません。

しかし、コピーライティングというスキルを使って、薬の存在をより多くの人に知ってもらうきっかけを作ることはできます。

 

僕のコピーライターとしての理念が「価値あるホンモノの魅力を文章の力で100%言語化する」なので是非ともこの薬の存在は知ってもらいたいと勝手に続けています。

 

SEO実践記をはじめた当初は、自分でもどこまで上昇させることが出来るか分からなかったので怖い部分もありますが、始めたからには、1ページ目に表示させ、順位を安定させるために引き続き頑張っていきます。

 

ではまた^^

⇒当サイトに来られた方はこちらのページもご覧になっています

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA