>>> あなたが書く1文字の価値を最大限に高める実践的なスキルを学べる講座はこちら <<<
基準値の大切さ|なぜアフリカの原住民は100%雨ごいを成功させていたのか? | こぴらぼ☆コピーライティング研究所

      2017/03/30

基準値の大切さ|なぜアフリカの原住民は100%雨ごいを成功させていたのか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

広島出身、関西在住のセールスコピーライター。

ブログやメルマガといったツールを活用し、文章で信頼関係を築くライティングを得意としている。

自身が過去に病気を患ったことがきっかけで、大切な人(家族、友人)と過ごす「当たり前の日常」に幸せを感じるようになった、2人の娘を持つパパライター。

➡詳しいプロフィールはこちら

中村 悠

どうも、セールスコピーライターの中村です。

今回は面白い話を見つけたのでご紹介しようと思います。

 

あなたは「100%雨を降らす、アフリカの先住民の話」を聞いたことがありますか?

彼らが雨ごいをすれば、100%確実に雨を降らすことが出来たそうです。

 

「んな、ばかな!?」と思いますか?

 

でも、この話は紛れもない事実なんです。

100%雨ごいを成功させるもんですから、先進国からも依頼が来てしまい、ついには、この先住民が「なぜ100%雨を降らすことに成功しているのか?」を調べるための調査団が結成されたほどです。

 

調査されるなんてドキドキしますよね。

ライター中村

 

で、肝心の調査団の結果報告は・・・

本当にアフリカ先住民たちは100%雨ごいに成功していた

とのこと。

 

 

調査団が保証したくらいですから、まぎれもない事実だということが判明したわけです。

でも、気になりませんか?どうやって100%雨ごいを成功させたのか?

 

先住民が100%成功させていた秘訣はなんなんでしょう?

 

 

答えを言う前に、あなたもちょっと、考えてみてください。

 

 

・・

 

 

・・・

 

 

 

・・・・・

 

 

 

・・・・・・・・

 

 

 

考えましたか?

 

 

 

正解は「雨が降るまで雨ごいを続けていた」です。

 

つまり、原住民たちは雨が降るまでひたすら、祈って踊り続けていたんですね。

  • 雨が降らないのは祈りが足りないからだ
  • 自分たちの努力が足りないからだ
  • もっと踊り続ければ必ず雨は降る
  • 私たちの祈りを神様は必ず見てくれている

 

そうやって、降ること前提で踊っていたわけです。

 

諦めずに雨が降るまで、1週間でも1カ月でも、1年でも踊り続けていたんですね。

そして、無事雨が降った時には「祈りが神様に届いた」と感謝するのです。

 

 

さて

今の答えを聞いてどう思ったでしょうか?

 

「子供だましな話だ」と思うのか「いい話」だと思うのかは、人それぞれでしょう。

 

 

実は、この話の中には成果を出すための大事なポイントが隠れています。

勘の鋭いあなたならもう気付いているかもしれませんね。

 

その本質とは、

成果が出る前に途中で投げ出さないこと

 

この考え方は、何をするのにも絶対持っておかなくてはいけないものです。

 

特にブログなんかで情報発信をしようと思った時にちょっと成果が出ないだけで投げ出してしまっては、結果なんか出るはずないですよね?

でも、ほとんどの人は3か月も経たずに挫折しちゃいます。(そういう自分もまだ、6か月目)

 

僕自身、自分なりの価値提供をしていきたいと思ってブログを開始しましたが、元々日記もまともに続けることのできない残念な性格です。

 

コピーライティングという、マニアックな分野のブログを読むくらい勉強熱心なあなたなら、参考にした本や教材を見ていると思いますが、大体「マインドセット」や「考え方」の話は必ず出てきますよね。

 

大きな成果を出している人は、方法論だけでは小さな成果しか出せず大きな成功を収めるにはマインドセットが大切だ!ということを言われるわけですね。

 

 

こんな話をすると「もう、聞き飽きた!」と思うかもしれまません
実際、僕もそうです笑

 

でもですね、僕が営業をしていた時のクライアントを思い返してみると、結果が出ていなくて悩んでいるのは、方法論で躓いているというよりも圧倒的にマインドセットが足りない部分が多かったです。

というとは、マインドがしっかりしている人は、ほっておいてもそのうち成果は出るということですね^^

実際にマインドセットが出来ていないと、何をしても結果を出せずに挫折してしまう可能性がありますので、今回きちんとお話ししておこうと思います。

 

 

僕自身も一時期、自分に自信が持てずに、自己啓発の本を読み漁ったり、セミナーに行ったりしている時期がありました。

 

でも、今回お話しするコツを意識してきたことで、小さな自信は持つことが出来たわけです。

自己啓発のセミナーって受けたその場では、何か出来そうな気がしますが、数日経つと元に戻っちゃうんですね笑

そんな僕が、自己啓発難民から脱出できたシンプルな方法をお伝えします。

 

そもそもマインドセットって?

マインドセットに関しては以前ブログのマインドセット|書き続ける壁を超えるための3つの方法という記事でも書いていますので、こちらの記事も参考にしてみてください。

マインドセットを心構えや約束事という風にとらえてしまうと、ただの精神論になっちゃいますよね。

 

話しを分かりやすくするために、

マインドセット=基準値の高さ

という設定で話をすすめていきますね。

 

僕が冒頭にお話しした、アフリカの原住民の例でお話しすると彼らが雨ごいをして実際に雨を降らす確率は100%なわけです。

雨を降らす確率=100%

 

これが、原住民の軸となっている基準値です。

 

雨ごいをし続ければ、100%雨は降ると思っているので、雨が降らないのは「自分たちの祈りが足りないせいだ!」と考えるわけですね。

 

もしも、彼らが雨ごいの確率を50%だと考えていたらどうか?

  • 今日は調子が悪いからもうやめようかな
  • 運がなかった、今回は降らないタイミングだった
  • 踊り方が完ぺきではないからだ

 

とうような感じで出来ない理由を探すようになります。

 

雨ごいだから、踊るのをやめても大きい影響はないですが、あなたが起業をしようとしたり、ブログで情報発信をしていこうと思ったときは諦めてしまっては致命的ですよね?

 

ちょっと考えてみてほしいんですが、あなたがブログで情報発信をしようとした場合どんなブログにしていきたいでしょうか?

  • Google検索で1位を取れるサイト?
  • 月間PV10万アクセス以上?
  • 月間50万円の収益をもたらすアフィリエイトサイト?
  • 月に5件、仕事の問い合わせがくるサイト構築?

 

僕の場合はコピーライターとして、クライアントのサイトで成果を出すために『狙ったキーワードでGoogle検索1位を取る』というのが、1つの基準値なので、1位が取れるまでやり続けるわけです^^

 

 

こういう風に、マインドセットや考え方の話を馬鹿にする人も多いですし、自分の理解を超えたものを「宗教だ!」と一括りにしてしまう人も実際いますよね。

 

「なかなか行動が出来ない」という人がいますが、自分の基準値を上げておけば、孤独な作業も苦にならないですし、自己啓発セミナーに通うこともなくなります。

 

でも、どうやって基準値をあげるんだよ!

というところが気になりますよね?

今回は基準値を上げる方法もご紹介しておきますね。

 

具体的に基準値を上げる方法とは

基準値を上げるのに一番簡単な方法。

それは、基準値が高い人のいる環境に身を置く。

これだけです。

 

言い方をかえると、居心地の悪い場所に身を置く。

という風にも言えます。

 

僕の場合でいうと、コピーライター養成講座に参加していた10か月間がその時期でした。

月に1度、兵庫から東京まで日帰りで通っていたんです。

コピーライターを目指すために全国から集まった、精鋭メンバーと切磋琢磨していました。

 

自分に投資をして参加しているだけあって、みなさん意識の高いメンバーばかりでドキドキしたのをこの記事を書いていて思い出しました^^

 

僕はそれまで、コピーライティングの経験はなかったわけですし、絶望的に文章を書く才能がなかったので、普通にやっていては落ちこぼれになってしまう可能性100% だったんですorz

 

それじゃあ、いけんじゃろ!

という、意味不明な広島弁を心の中で叫んだものです。

 

ヘタレライターにならないために、最初に自分が決めた基準値が「講座参加者の中で最終的に〇〇になる」ということでした。

何かはナイショです笑

 

その基準値を決めたことで僕の中で何かが変わり毎日勉強していくことが苦にはならず、徐々に楽しみになっていきました。

※鬼のように課題を出してくれた師匠に感謝です笑

 

課題をする、時間を確保するためにテレビを見なくなりましたし、仕事を早く切り上げるために仕組み化していきました。

 

学びの時間を確保しようとすることで「いままで無駄な時間をどれだけ過ごしていたか」ということが浮き彫りになったので、基準値を自分で決めて実践してよかったと思っています。

もちろん、習慣になり今でも実践できていますしね。

 

まとめ

今回は、基準値をどこに置くかで成果は大きく変わる。

というお話しをしました。

かなり、抽象的な話なのでピンとこないかもしれませんが

 

「自分にとっての当たり前の基準を上げる」

 

これが、何をするにしても成果を出すための秘訣だと確信しています。

 

では、また^^

⇒当サイトに来られた方はこちらのページもご覧になっています

 

 

 

Copyright© こぴらぼ☆コピーライティング研究所 , 2017 All Rights Reserved.