2017/03/25

超簡単!エクセルを使えばたった3分でブログのアイキャッチ画像が魅力的に♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -

広島出身、関西在住のセールスコピーライター。

ブログやメルマガといったツールを活用し、文章で信頼関係を築くライティングを得意としている。

自身が過去に病気を患ったことがきっかけで、大切な人(家族、友人)と過ごす「当たり前の日常」に幸せを感じるようになった、2人の娘を持つパパライター。

➡詳しいプロフィールはこちら

中村 悠

この記事を書いている人 - WRITER -
広島出身、関西在住のセールスコピーライター。 ブログやメルマガといった手段を使い、文章で信頼関係を 築くライティングを得意としている。 自身が過去に病気を患ったことがきっかけで、 大切な人(家族、友人)と過ごす「当たり前の日常」に 幸せを感じるようになった、2人の娘を持つパパライター。
詳しいプロフィールはこちら

うも、コピーライターの中村です。

ブログを書いていると画像選びはもちろんのこと、お気に入りのフリー素材のサイトを見つけても、人気のサイトほど、使っている人が多くて差別化が難しいですよね。

 

人気のフリー素材サイトは画像がオシャレなのはもちろんの事、使いやすいので愛用者も自然と増えるわけです。

「有料素材やイラストを自分で書いたりすれば、差別化は出来るけどハードルが高い」と考えてしまうあなたの為に、今回はエクセルを使って簡単にオリジナルのアイキャッチ画像が作れる方法をお伝えしますね。

アイキャッチ画像の目的

アイキャッチ画像(投稿サムネイル)とは

投稿サムネイルとは、バージョン 2.9 から導入されたテーマ機能で、バージョン 3.0 以降はアイキャッチ画像と呼ばれています。

これは、ブログ投稿・固定ページ・カスタム投稿タイプを視覚的に描写するために選択された画像のことです。

この画像を表示するかどうかはテーマによります。

引用:WordPress Codex日本語版より

簡単にいうとアイキャッチとは、読者の目を引いて記事をクリックしてもらうための画像ということですね。

上のウサギの画像をあなたが思わず見てしまったとしたら、あなたの目を引くことに成功したわけですね笑

 

ブログの投稿はもちろんのこと、Facebookなどの投稿でも文字だけの記事よりも、アイキャッチ画像があるほうが見てもらえる確率は格段に上がります。

特に、きれいなお姉さん、動物、赤ちゃんなどはクリック率が上がるといわれています。

中村

 

あなたが、どんなに気合を入れて書いても、思いを込めて書いても、ブログを開いてもらえなければ何も伝わりません。

 

あなたの言葉を必要としているしている人に届けるためにも、アイキャッチ画像も気を抜かないようにしてくださいね。

⇒おすすめのフリー素材についてまとめた記事はこちら

 

すっごく簡単にアイキャッチ画像を作ってみる

僕はWindowsを使っているので、今回はWindowsの中に、大体入っているソフト2つを使って、アイキャッチ画像を作っていきますね。

写真だけよりも文字が入っているだけで目を引くでしょ^^

 

アイキャッチ画像を作成する際に使用するソフト

①エクセル ※僕の場合は2016バージョンです。

 

%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%ad%e3%82%b4

 

Snipping Tool ※僕の場合はWindows10です。

%e3%82%b9%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%ab%e2%91%a1

ExcelとSnipping Toolだけでも意外と綺麗なオリジナルアイキャッチ画像が作れますよ。

 

STEP1:使用する写真を選ぶ

まずは、元になる写真や画像を選んでダウンロードしていきましょう。

 

今回は【商用利用OK】プロも愛用!ブログで使えるフリー素材サイトおすすめ5選という記事の中でも紹介している、ぱくたそを使用していきますね。

会員登録不要で使い放題なので、色々画像を調べてみてください。

 

STEP2:エクセルを使って加工する

▼Excelの画面を開いて、「挿入」⇒「画像」をクリックします。

2016-11-17

 

▼使う画像をチョイスします。

 

▼Excelに見事、挿入できました。

2016-11-17-2

 

▼次に、上の「挿入」バーから⇒「図形」を選びましょう
今回は、「図形」の中の「長方形」を選びます。

2016-11-17-3

 

次に、図形の色を変えます。「描画ツール」の中の「図形の塗りつぶし」で好きな色に変えます。

2016-11-17-5

2016-11-17-6

 

▼次に「描画ツール」の中の「図形の枠線」を選び、「枠なし」にしてみました。

2016-11-17-7

2016-11-17-9

 

▼次に、少し透かしましょう。
画像の上で右クリックをして「図形の書式設定」をクリックします
透かし具合は好みで大丈夫です。

2016-11-17-10

 

▼次に文字を挿入していきます、「挿入」⇒「ワードアート」を選びましょう。

2016-11-17-12

 

▼タイトルの書式は「HGP創英角ゴシックUB」がおすすめです。

※フォントも人と違うものが使いたい!という方は⇒こちらのサイトが参考になりますよ。

2016-11-17-14

2016-11-17-15

 

▼好みに応じて光彩処理などをすると、文字の周りにぼかしが入り文字が見やすくなります。

2016-11-17-16

▼写真、ピンクの長方形、ワードアート(文字)を全てCtrlキーを押しながらクリックしていって全てを選択した状態にして右クリック⇒「グループ化」を選びます。

2016-11-17-17

これでExcelで、イメージ通りのものが出来ました。
あとは、これを「画像化」していきます。

 

STEP3:Snipping Toolを活用して画像化する

 

▼Snipping Toolを選び新規作成ボタンを押す

2016-11-17-19

 

▼左クリックを押しながら切り取りしたい範囲を選ぶ

2016-11-17-20

 

▼範囲を選ぶと下記のような別ウィンドウに切り替わるので、「右クリック」を押して「名前を付けて保存」してください。

2016-11-17-22

 

完成したのがこれです

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

最初は作成するのに時間がかかるかもしれませんが、慣れてしまえば作業自体は3分くらいで出来ます。

 

おまけ(やり方次第でこんなことも出来ますよ)

吹き出しタイプ

 

ワードアートで文字を入れてインパクトを出すタイプ

 

濃い配色の画像には白抜き文字もおすすめ

という感じで、エクセルとSnipping Toolを使えば、簡単に色々な種類のオリジナル画像が作れるわけですね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はちょっと目を引くアイキャッチ画像の作り方について書いてみました。

 

もしかしたら、最初は手間に感じるかもしれませんが、画像にひと手間加えるだけでも反応率は大きく変わります。

 

あなたの魅力を100%表現する為にも、文章だけではなくアイキャッチ画像にもオリジナリティを出してみてくださいね。

では、また^^

 

⇒当サイトに来られた方はこちらのページもご覧になっています

 

 

現役セールスコピーライターが本気で作った
完全無料の参加型メルマガ講座

煽ることなく自然とあなたの商品が売れていく
「価値が伝わる文章の秘訣」を全部公開します

 
この記事を書いている人 - WRITER -
広島出身、関西在住のセールスコピーライター。 ブログやメルマガといった手段を使い、文章で信頼関係を 築くライティングを得意としている。 自身が過去に病気を患ったことがきっかけで、 大切な人(家族、友人)と過ごす「当たり前の日常」に 幸せを感じるようになった、2人の娘を持つパパライター。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© こぴらぼ☆コピーライティング研究所 , 2016 All Rights Reserved.