文章を”資産化”する方法を研究するメディア

【完全暴露】モジセンを徹底評価!時給1円の落ちこぼれが挫折寸前で出会ったWeb教材の真実

WRITER
 
スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住のセールスコピーライター。 商品(サービス)の価値を言語化し、「必要な人に必要なモノを届ける」ことを生業としている。 最近は、クライアントに安心と確かな価値を提供するため、薬機法ライティングについてもコソコソ研究中。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、コピーライターの中村です。

この記事では、「ブログで収益化する」ことに挫折しかけた時、僕が出会った、「モジセン」というWeb教材を実践した感想を、正直に告白(レビュー)していきます。

  • 自分で稼げる力を手に入れて、将来に対する不安を少しでも軽減したい
  • 自分を殺し続ける環境(会社員)から抜け出して、もっと自由に生きていきたい
  • お金と自由と場所の自由を手に入れ、大切な人(家族・恋人)を幸せにしたい
  • お金が無いことを原因に、子供の夢を諦めさせるような親になりたくない

多くの人は、こんな気持を胸に秘めて、ビジネスを始めるのではないでしょうか?

 

ぼくも同じような気持ちを抱き、自分の明るい未来を想像しながら副業でブログをスタートさせました。

しかし、「現実という名の障壁」は、僕の淡い希望を打ち砕くかのように行く手を阻んできたんです。

 

自分なりに頑張っているし、ブログもちゃんと更新しているのに、半年経っても「牛丼の並盛りが買える金額」ぐらいしか稼ぐことができない自分って何なんだ……。

そんな「出口の見えない絶望感」を味わい、僕の心は、何度ポッキリと折れそうになったかわかりません。

 

ではなぜ、僕がいまもこうしてブログを書いているのか?

その理由こそ、今回紹介する「モジセン | 1文字1000円の文章を書くための全ノウハウ」というWeb教材との出会いがもたらしたものでした。

 

この記事を読んでくれているあなたは、僕と同じような気持ちでブログを始め、同じような理由で悩んでいるかもしれません。

もし、あなたが僕と同じように悩んでいるのならば、今回お話していく内容を最後まで読んでみてください。

 

僕の赤裸々な過去、モジセンとの出会い、そしてどのような変化があったのか?

僕の経験をすべてお伝えしていきます。

熱量を込めて書いたら、記事が長くなっちゃた(照

中村

か、かわいくないわー!

文子

 

モジセンと出会う前、僕は自分の才能のなさに絶望していた

先輩を慰める女の子

モジセンと出会う前、僕は「独学」でブログを書いて収益化を目指していました。

  • 関連書籍を十数冊購入して勉強する
  • 参考になりそうな、ブログを読み込む
  • 参考になりそうな、メルマガに登録する

こんな感じで、自分なりに努力をしてブログを更新し続けたんですね。

 

本業と子育てを両立しながらの副業だったので、使える時間に制限がある中で必死に走り続けた半年間。

時には、睡眠時間を削りながらブログを更新するほど本気でした。

 

 

普通、そこまで努力をすれば、何かしらの結果はでますよね?

でも、結果的に稼げたのは、冒頭にお伝えした通り「半年間で461円」という、牛丼並盛1杯分のお金だけでした。

 

1日2~3時間は作業をしていたので、半年間で累計560時間はブログに没頭していたことになります。

「30代半ばの男が半年間がんばって、牛丼一杯ってどうなの?」と、自分のダメさ加減に絶望が止まらない……涙

 

なんせ、時給に直すと1.2円ですからね。

ネット上では「月収100万」「パソコン1台で世界を渡り歩く」みたいな生き方をする人がいることを考えると、「461円しか稼げない自分は才能がないんだ……」と認めざるを得なかったんです。

 

「いくらがんばっても、自分は結果を出せない」

「もう、無駄な努力はやめよう……」

 

ダメだとわかっていても負の感情を抑えることができず、僕の心はポキッと折れる寸前でした。

こんな、どん底のタイミングで、モジセンと出会うことになります。

 

 

モジセンとの出会いは、僕にとって1つの「人生の分岐点」となった

先輩を落ち着かせる女の子

最初に結論をお伝えしておくと、僕は「モジセン」との出会いが、ひとつの転換期となりました。

 

半年で「牛丼並盛り1杯」しか稼げなかったポンコツの僕が、モジセンで学ぶ内容を実践し続けた結果。

自分の書いた記事から、収益が発生するようになってきたんです。

 

それも、牛丼の特盛を「何杯おかわりしても大丈夫」なほどに……。

報酬確認

「稼げたアピール」は、読者さんに何のメリットもないので本当はしたくないのですが、モジセンの魅力をキチンと伝えるためにも一部掲載します

中村

 

このように、半年で461円しか稼ぐことが出来なかったポンコツの収益は、約216倍に膨れ上がっていったわけです。

まあ、アップしたといっても、「461円 ⇒ 月10万円に増えただけ」ですが

中村

表現の仕方、大げさじゃないですかー?

文子

成果としては小さいものですが、お金に変わる文章を書けるようになったのは、間違いなくモジセンを実践したことがきっかけになりました。

 

しかも、1度書いた記事はメンテナンスを欠かさなければ、継続的に営業マンなって働き続けてくれるので、身につければ、あなたにとっても「心強い武器」となるでしょう。

 

煽ることなく、自分がいいと思う商品の良さを伝えるだけで、自然と商品が売れていく。

僕がこんな文章が書けるようになったのは、「モジセンで学んだ技術」のおかげだと自信を持って言えます。

 

モジセンで学んだ技術で「人が自然と集まる文章」も身につけることができた

モジセンを実践したことで、「SEOライティング」という技術も身につけることができました。

SEOライティングとは、簡単にいうと「読者」と「Google」の両者に評価されることで、自分の書いた記事を検索上位に表示させる文章技術のことですね。

 

SEOライティングを習得できれば、ある程度、検索経由のアクセスが見込めるようになります。

キチンとキーワードを選定して記事を書けば、検索経由で記事に来てくれた方が「商品レビュー」などの記事を読んで、商品を購入してくださるケースも珍しくないわけですよ。

 

たとえば僕の場合、下記のようなキーワードで上位表示できています。

  • 子育て関係のキーワードで「検索順位3位」
  • WordPressテーマのレビュー記事で「検索順位4位」
  • 医療系(体験談)のキーワードで「検索順位1位」
  • 商標+レビュー関連のキーワードで「検索順位1位」

などなど……。

僕は、「HTML」や「CSS」といった、専門知識はゼロに等しいです。

そんなポンコツでも、モジセンで学んだ技術 を使って文章を書くことで「ある程度、検索上位は目指せる」わけですね。

 

Googleのアルゴリズムが変動し、小手先のテクニックに頼った記事が圏外に飛ばされる中で、検索順位を維持できているのも、本質に沿った王道のノウハウをモジセンで学べたおかげだと思っています。

 

ここまでは、モジセンに出会う前と出会った後で、僕にどんな変化が起こったのかをお話してきました。

ここからは、いよいよ「モジセンはどんな教材なのか?」「製作者は信用できるのか?」という部分について触れていきます。

 

「モジセン」とはどんな教材?制作者を信用しても大丈夫?

モジセンのバナー画像

僕の人生の転機となった、モジセンの公式ページは、このような言葉から始まります。

これだけ見ると、「怪しい……」ってなりますよね。

 

王道と呼ばれている有名教材と比べたら購入者も少なく、製作者の人も知名度があるわけではないので「本当に買って後悔しない教材なのかな?」と不安に感じてしまうかもしれません。

 

でも個人的には、「教材が有名かどうかよりも、自分に合うかどうかの方が大事」だと思っています。

というのも、僕自身、ブログを開始した当初から勉強のために「有料note」や「情報商材と呼ばれる教材」を、たくさん購入していたんですね。

 

購入した教材の中には、「王道」と呼ばれる有名教材も、いくつかありました。

一例をあげると、

  • ルレア
  • アンリミテッドアフィリエイト
  • 新世界アフィリエイト
  • 扇動マーケティング

このように、ネットビジネス業界では「王道と呼ばれる教材」も購入したわけです。

 

ただ、僕は有名教材でも、結果を出すことができませんでした。

ここまで残念だと、「どこまでポンコツなんだ?」と思っちゃいますよね?

 

王道と呼ばれる教材は「コンテンツとして、素晴らしいものばかり」だったのは事実です。

購入したモノの中には価格と中身が見合っていない残念な教材や、一過性のノウハウで、Googleのアップデートによって「ゴミくず」になってしまった教材もありましたしね。

 

結局、「自分の軸になりえる教材に出会えるかどうか」が1番大事なわけですよ。

 

あなたも、そう思いませんか?

いくら有名でも「自分に合わなければ身につかないし、結果に繋がらなければ意味がない」と。

 

今でこそ、モジセンは「僕の軸を作ってくれた教材」だと言い切れますが、最初からモジセンを無条件に信じていたわけではなかったんです。

 

モジセンを購入すべきかどうか、心底迷った

これまで、王道教材を購入しても結果を出すことが出来なかったポンコツの僕です。

モジセンは気になるけど、「本当に買って後悔しないかな?」という疑問が、頭から離れなかったわけですね。

 

欲しいという気持ちはあるものの、疑問を払拭出来なかった僕は、モジセンに関する評価を、しらみ潰しに検索してリサーチしていきました。

▼検索した一例

  • 「モジセン 評価」
  • 「モジセン 評判」
  • 「モジセン レビュー」
  • 「モジセン 角田」
  • 「モジセン 口コミ」

モジセンをすでに購入している人の口コミを集めて、自分を納得させようと試みましたが、結果的に満足する答えを見つける事はできなかったんですね。

煮え切らない気分にモヤモヤしていた僕は、最終的に「もし騙されても、自業自得だ!角田さんのライティングを学びたい」という欲求が勝ったことで、”勢いだけ”で参加ボタンをポチッと押してしまいました。

 

 

モジセン製作者のコピーライター「角田 正則」さんは信用できる?

怪訝な表情をする女の子

勢いでモジセンに参加した僕でしたが、「本当に参加してよかったのかな?」という気持ちが治まらず、モヤモヤしていました。

 

モヤモヤしていた理由は、教材を実践して効果があるのか?という不安もありましたが、「モジセンを作った、角田さんの事をよく知らない」ことが一番の原因でした。

まあ、知らない人のことを信用できないのは当然ですよね。

 

モジセン製作者の名前は「角田 正則(かくた まさのり)」さんという、現役のコピーライターです。

今でこそ、角田さんとは関りを持たせていただいています。

ただ、当時は「会ったこと」も「話したこと」もなかったため、基本的に文字情報を通してしか、角田さんの人間性を計ることができなかったんですね。

 

しかし結果的に、僕は角田さんを全面的に信じてみようという気になれました。

信じてみようと思った理由は、角田さんが他の発信者と違う視点でコピーライティングのスキルを捉えていた点に共感したからです。

 

具体的なお話をすると、角田さんは「コピーライティング”だけ”では稼げない」と言い切っています。

この考え方こそ、僕が「根本が違うな」と感じ共感した部分でした。

 

実際、世の中には「コピーライティング”さえ”マスターすれば、稼げるようになる!」という教材があふれています。

そして、多くの人が「この教材1つ買えば稼げる」という情報を鵜呑みにして、ノウハウコレクターになっていきます。

ぼくも、その残念なコレクターの一部でした。

 

しかし、いくらコピーライテイングのスキルを身につけても、コピーライティングの「使いどころ」が分かっていなければ、大きな成果を期待することはできません。

ようするに、コピーライティングが「弾丸」だとしたら、弾を打ち出すための「発射台=マーケティング」のスキルも身につけないと、効果を最大化することができないということですね。

 

モジセンでは、今お話した「発射台」の部分についても合わせて学ぶことができます。

  • どのタイミングで、メッセージを届けるべきか
  • どの部分で、コピーを使えば効果が発揮されるか
  • どんな人を、ターゲットにすべきなのか?
  • どのように、導線を作って収益化するのか
  • どんな商品・サービスを選ぶべきか
  • なぜ、この伝え方をするべきなのか?
  • どのように伝えれば、人の心を動かせるのか?

このように、「読まれる環境」+「読まれる文章」の全てがオールインワンで学べる。

これが、「1文字1000円の文章を書くための全ノウハウ」というコンセプトを持つ、モジセンの魅力です。

 

では、具体的にモジセンで学べる「オールインワンのスキル」とは、どんなものなのか?

続いてお話していきます。

 

モジセンの核心に迫る!1文字の価値を1000円に引き上げる「5大スキル」って?

先輩に怒られる女の子

 

では、いよいよモジセンの核心部分についてお話していきますね。

モジセンでは、「1文字の価値を最大化するための複合スキル」を5つに細分化して学ぶことが出来ます。

 

詳しくは公式ページに書いてあるので割愛しますが、大きく分けて、下記の5つが学べるスキルです。

  1. Webマーケティング
  2. 集客ノウハウ
  3. SEOライティング
  4. ビジネスの仕組み化
  5. 人脈構築力

この5つのスキルを身につけることで、「読まれる文章」+「読まれる環境」を構築できる構成になっています。

 

具体例をあげると、僕の場合「モジセン学んだスキル」を日々意識していたことで、収益が相場の5倍~10倍になった経験があります。

 

たとえば、僕がセールスコピーライターとして、最初の依頼をいただいた際の文字単価は「約11円」でした。

一般的なクラウドソーシングの文字単価は、0.3~1円だといわれているので、相場の10倍以上ですね。

 

僕が市場よりも単価の高い依頼をいただいたのは、決して、コピーライティングのスキルが飛びぬけて高かったからではありません。

もちろん、僕のコピーを見て依頼してくださったのは間違いないですが、根本的には人間関係=信頼感からご依頼いただけたものでした。

 

僕のことを信頼してくれていたからこそ、駆け出しのコピーライターだった僕に、1文字11円の報酬単価を払ってくださったわけですね。

個人的には、モジセンの5大スキルの中でも1番大事なのは、「人脈構築術」だと思っています。

 

モジセンで学べる人脈構築術は、巷にあるような「交流会で名刺を配りまくる」といったものではありません。

もっと根本的な、「どのように人と接したら信頼関係を築けるのか?」という本質的な部分を学ぶことができます。

 

信頼関係を築くことで、他のスキルの効果が発揮され

  • この人なら、仕事を任せても大丈夫
  • この人が紹介している商品だから大丈夫だろう
  • この人から、ビジネスを学びたい
  • この人に、治療してもらいたい

このような成果につながっていくことになります。

 

人間関係は、どんなビジネスにおいても重要なものです。

「目先の収益ではなく、長い目線で収益化できるスキルを身に着けたい」と考えている方には、バイブルになる可能性を秘めているでしょうね。

ではいよいよ、ここからモジセン の中身を紹介していきます。

 

モジセンの全貌公開!5大スキルを学ぶための具体的な内容

モジセン講座メニュー

制作者の角田さんが、「僕のノウハウをすべて詰め込みました」と豪語するほど、モジセンは中身の濃い講座です。

コピーライティングに関する教材であれば、数万円の教材から数十万円の講座まで世の中に色々あります。

 

ではなぜ多くの教材がある中で、モジセンが僕に結果をもたらしてくれたのか?

その理由をこれからお伝えしていきますね。

 

モジセンを購入した先に入ることのできる会員サイトには、下記のようなコンテンツが用意されています。

■モジセンの講座一覧

  • 第1章 コピーライターマインドセット
  • 第2章 ライターとして収入を得ていく方法の種類
  • 第3章 ライターとして最初の一歩を踏み出す方法
  • 第4章 コピーライターとして自己ブランディングしていく方法
  • 第5章 アフィリエイト基礎セミナー
  • 第6章 アメブロ集客実践セミナー
  • 第7章 SEO集客基本セミナー
  • 第8章 SEO集客実践セミナー
  • 第9章 SEOライティング徹底セミナー
  • 第10章 キラーキーワード発掘セミナー
  • 第11章 コピーライティング実演ワードプレス編
  • 第12章 分かりやすい日本語の書き方
  • 第13章 売れるメルマガプロダクトローンチセミナー(ステップメールの組み方)
  • 第14章 コピーライティング実演メルマガ編(アフィリエイト文章の書き方)
  • 第15章 セールスレターの書き方(動画解説)
  • 第16章 モジセン解体セミナー~なぜあなたはモジセンに参加したのか~
  • 【番外編】おすすめの本の紹介

上記のタイトルを見ただけも、モジセンの中身の濃さが分かっていただけるのではないでしょうか?

 

モジセンに参加 すれば、この豊富なコンテンツを好きな時に自分のペースで学ぶことができるんです。

しかも、音声や動画といったコンテンツなので、何度でも繰り返し聞く(見る)ことができますね。

 

さらに、モジセン参加者に送られてくるメルマガでは、

  • モジセンの効果的な学び方
  • コンテンツの理解を深める話
  • 購入者だけに向けたオファー(オフ会など)
  • 角田さんが新たに身につけたノウハウやスキル情報
  • Web業界の小話

などなど、公式ページにも書いていない情報も知ることができます。

モジセンのコンテンツはどれも内容が濃いので、「すべておすすめです!」といいたいところですが、豊富なコンテンツの中でも個人的にイチオシのコンテンツを紹介しておきますね。

 

モジセンのイチオシ講座!具体的なノウハウが学べる「3つのコンテンツ」

モジセンの講座の中でも僕が特に参考になった講座は3つあります。

それが下記の講座です。

  1. 第9章 SEOライティング徹底セミナー
  2. 第13章 売れるメルマガプロダクトローンチセミナー(ステップメールの組み方)
  3. 第16章 モジセン解体セミナー~なぜあなたはモジセンに参加したのか~

SEOライティングについては、冒頭の事例で少しお話しましたが、もう少し掘り下げてそれぞれお話していきますね。

 

モジセンのイチオシ講座その1.SEOライティング徹底セミナー

1つめのイチオシ講座は、第9章で学べる「SEOライティング徹底セミナー」です。

 

近年、Googleのアルゴリズム変更で、小手先のSEOテクニックが通用しなくなっています。

以前は、「キーワードを盛り込む」「白い背景に白字でキーワードを書く」といった、Googleを欺くテクニックが蔓延していました。

 

しかし、Googleのアルゴリズムは日々進化しており、訪問者の利便性や記事に対する信頼性も含めた「優れたユーザー体験」を提供することを重視しているため、小手先のテクニックを使ったサイトがバンバン圏外に飛ばされる……。

というような事例も多発しているようです。

 

その点から見ても、音声と動画を交えながら「どのようなポイント気を付けて文章を書けば上位表示されやすいのか?」という具体的な部分を掘り下げて学べるのは大きな魅力のひとつですね。

 

モジセンのSEO対策講座を実践して身につけることが出来れば、Googleの目指している方向に沿った方法で、上位表示される文章が書けるようになる可能性が高まります。

言い換えれば、あなたの書いた記事が、24時間365日、年中無休で販促してくれる営業マンを無料で雇っているのと同様の効果を得ることができるわけです。

 

モジセンのイチオシ講座その2.売れるメルマガプロダクトローンチセミナー

2つ目のおすすめ講座は、第13章の売れるメルマガプロダクトローンチセミナーです。

 

この講座では、売れるステップメールのコツを具体的に解説してくれています。

あなたも、プロダクトローンチという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、一般的にプロダクトローンチは、多額の広告費を使うことで、一気にリスト(メ―ルアドレス)を収集し、そのリストにセールスを仕掛けていく。

というかなり大々的なプロモーションのことをいいます。

 

現在、最も爆発的に売り上げがあがるといわれている手法ですね。

ただ、一般的なプロダクトローンチは「焼き畑農業のように全てを刈り取る勢い」で売り込みをかけてきます。

 

それに対して、売れるメルマガプロダクトローンチセミナーで学べるのは、「煽って売り込むのではなく、読者と信頼関係を構築しながら、たった一人で自動的に売り上げがあがる仕組みをゼロから作る手法」です。

仕組み化を目指すならば、ブログとメルマガは両方使いこなす必要があるので、個人的にスゴク助かる講座でした。

 

モジセンのイチオシ講座その3.モジセン解体セミナー

3つ目のイチオシ講座は、第16章のモジセン解体セミナーです。

 

ハッキリいって、この「モジセン解体セミナー」は、かなりどうかしている内容です。笑

なぜかというと、角田さんがモジセンを販売するまでのプロモーション戦略をすべて暴露している講座なんですね。

 

わかりやすくいうと、こういうことです。

  • どういう導線で集客をして
  • どんな風に自分のファン(共感させる)にして
  • どういう風にセールスをかけるか?

このように角田さんが実践した、プロモーションの裏側を、すべて暴露しています。

普通、自分の手の内をバラすようなことしませんよね?

手の内をバラしてしまうと、売れなくなっちゃうわけですから。

 

それなのに、ここまで公開していることで「1文字1000円の文字を書くためのノウハウをすべて教える」という角田さんの言葉に偽りはないなと感じたものです。

もし、あなたがコピーライティングのスキルを高めつつ、プロモーションについて学びたいと思っているならば、モジセンに参加して学ぶことが近道になるかもしれないですね。

 

 

モジセンに参加するメリットは、どんなものがある?

モジセン最大の魅力はなんといっても、「スキルの組み合わせ方」を知ることができる点です。

僕自身、スキルの組み合わせを覚えたことで得することが増えました。

  • 「コピーライティング」も出来る
  • 「Webマーケテイング」も理解している
  • 「集客(SEO)」も知っている。
  • 「セールスレター」も書ける
  • 「メルマガ」も書ける

1つの価値だけだったら価値は低いかもしれませんが、「スキルの組み合わせ」が希少価値を生みます。

モジセンの生みの親である、角田さんもモジセンを通して「スキルの組み合わせをマスターしたライター」を増やそうとしています。

  • コピーライティング
  • Webマーケテイング
  • SEOライティング
  • ビジネスの仕組み化

それぞれのスキルを個別に学べる場所や教材っていくらでもあります。

でも、すべてをまとめて総合的に深く学べる場所って、日本中探しても、ほとんどないんじゃないでしょうか?

少なくとも僕は知りません。

 

モジセンで身に付けることが出来るのは、
スキルの組み合わせであり、1文字の価値を上げる方法です。

 

文章を資産に変えたい人には、騙されたと思って参加して欲しい講座です。

 

モジセンに参加するデメリットは、どんなものがある?

あんまりいいことばかり言っていると、「本当かなぁ?」と疑心暗鬼になっちゃいますよね。

僕もネットで検索していて同じことを思ったので、気持ちはよく分かります。

 

モジセンにも、もちろんデメリットと呼べるものがあります。

具体的なデメリットは、2つですね。

  1. 返金保証がない
  2. 音声と動画中心のコンテンツである

この2点に関しては、デメリットといえるでしょう。

では、具体的に説明しておきますね。

 

モジセンのデメリット1.返金保証がついていない

モジセンのデメリット1つ目は「返金保証がない」という点です。

僕は返金保証を気にしたことがありませんが、人によっては、返金保証があることで安心して購入できる人もいるでしょう。

 

しかし、モジセンは角田さんの「参加者に本気で取り組んでほしい」という思いがあるため、あえて返金保証がつけられていません。

そのため、「とりあえず参加してみようかな?」という軽い気持ちで参加を考えているのならば、やめておいたほうがいいです。

 

後から「買うんじゃなかった……」と後悔することになります。

本気で成果を出したい人にとっては、デメリットとはいえませんが、「返金保証がついていないと安心できない」という人にとっては、懸念点の1つになるかもしれないですね。

 

モジセンのデメリット2.動画と音声コンテンツが中心なので、視覚中心で学びたい人には使いにくい可能性がある

モジセンのデメリットの2つ目は、「音声と動画が中心のコンテンツ」という点です。

基本コンテンツが、音声か動画なので集中して聞く(見る)必要があるんですね。

 

特に、読書のように「視覚優位の形で記憶する」のが得意な人にとっては、音声(聴覚から記憶する力)コンテンツは、理解するのに少し時間がかかる可能性があります。

正直僕も、音声聞き流すだけでは、なかなか頭に入ってこないタイプなので、色々と工夫をしながら、コツコツとモジセンを実践していきました。

 

具体的な手法としては、「音声をよく聞き、頭の中で整理する訓練を積む」ことを実践しました。

たとえば、

  • 音声や動画を見る時に、角田さんの話をできるだけ、頭の中でまとめてからメモを取る様に工夫する。
  • 角田さんの文章表現や説明の仕方を、あとでそのまま再現するつもりで聞きとり、講座が終わってから音読してみる

といった勉強法などですね。

 

この方法をとると、「自分の声を自分の耳で聞くという点」で、聴覚の記憶の向上に役立ちます。

また、自分に向かって説明する際に、必要な情報を取捨選択して話すことで、頭の中の記憶を整理することにも繋がりました。

 

その結果、徐々にですが、少しずつ成果に繋がっていったわけです。

モジセンは「手間をかけただけ期待に応えてくれる講座」です。

 

 

モジセンに参加して「得する人」と「後悔する人」

 

ここまでお話したように、モジセン に参加したことは、僕にとって人生の大きな転機になりました。

とはいえ、もちろんすべての人に役立つものだとは思っていません。

 

モジセンを使うことで、人生が変わる人もいるでしょうし、変わらない人もいるでしょう。

では、どんな人におススメできて、どんな人にはおススメ出来ないのかをご紹介していきます。

 

モジセンに参加して、成果に繋がる可能性がある人

モジセンをおススメできる人は、下記のような人です。

  • セールスコピーライターになりたい
  • 自分の資産になるブログをつくりたい
  • パソコン1台で、場所にとらわれず仕事をしたい
  • 信頼を築けるステップメールの本質を学びたい
  • ブログ経由で、商品を売れるようにしたい
  • 自分のスキルを、常に磨き続けたい
  • キチンと上位表示される、SEOライティングを学びたい
  • 気になる人と、狙って繋がれる関わり方を知りたい

この中で1つでも当てはまるものがあるならば、モジセンはあなたの大きな助けになってくれます。

 

モジセンに参加しても、成果に繋がりにくい人

もちろん、モジセンをおすすめできない人もいます。

▼具体的にはこんな人ですね。

  • 「楽してワンクリックで稼ぐ」という言葉に惹かれる
  • ノウハウさえ手に入れれば稼げると信じている
  • 自分の人生を変えてくれる、魔法のノウハウがあると信じている
  • お金を払って購入するからには、しっかりサポートしてほしい

このようなタイプの人は、モジセンに参加しても効果を得られないでしょうし、ハッキリいって後悔することになります。

 

モジセンに参加したとしても、当然ながら成果が出せるかどうかは「素直に行動できるかどうか」にかかっていると思ってください。

 

まとめ.本気で実践できる人なら、モジセンの評価は「即買い」レベル

まとめ部分を説明する男女

今回は、僕の人生の転機になった「モジセン」というWeb教材について、詳しくお話しました。

 

色々とお話をしてきましたが、本気で学ぶ気があるならモジセンに参加しても後悔しないことは保証します。

 

これは、角田さん本人に聞いたことなのですが、彼は、モジセンの売上本数にこだわっていません。

むしろ、「中途半端な気持ち」や「価値観が合わない人」には参加してほしくないと考えています。

 

その理由は、モジセンのノウハウが必要以上に広まって、悪用されるのを望まないからなんですね。

売上本数にこだわっていないからこそASPなどには登録せず、モジセンは公式サイトでしか購入することができないようになっているわけです。

 

僕自身モジセンに参加し、複合スキルを学んだことが「人生を変える一つの転機」になりました。

無理に煽って商品を買わせようとしなくても、「商品の価値をキチンと伝える」だけで、自然と購入してもらえる文章を書けるようになったわけですからね。

 

半年間続けて「牛丼並盛り」しか食べられない、ポンコツの僕でもできたんです。

この記事のように長文の記事を、最後まで読んでくれた、向上心の高いあなたならきっと大丈夫です。

共に高みに昇っていきましょう!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住のセールスコピーライター。 商品(サービス)の価値を言語化し、「必要な人に必要なモノを届ける」ことを生業としている。 最近は、クライアントに安心と確かな価値を提供するため、薬機法ライティングについてもコソコソ研究中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© コピラボ|コピーライティング研究所 , 2017 All Rights Reserved.

error: