セールスコピーライター”中村 悠”公式ブログ

モジセンを徹底評価!不確実な時代を生き抜く「道標」となった講座の真実【実践結果も公開】

 
【アイキャッチ画像】モジセン







この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住のセールスコピーライター。 「女性向け商材」や「女性経営者の支援」を行う企業で15年間「営業」「店舗運営」「事業支援」を経験。 150人以上の女性個人経営者の支援を行って来た経験を活かし、客観的視点で「商品」や「サービス」の展開を支援することを得意としている。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、コピーライターの中村です。

この記事では「モジセン」というWeb講座を紹介(レビュー)していきます。

 

あなたがこの記事を読んでいるということは、

  • コピーライターに興味がある
  • コピーライティングを学びたい
  • 本業以外にも収益の柱を作りたい
  • 文章を書くのがうまくなりたい

このように、自分の書く文章で「価値を生み出す技術」を身につけたいと思っており、どこかで「モジセン」という講座の存在を知り色々調べている最中でしょう。

 

もしかすると、過去の僕と同じように「家族を幸せにするためにお金を稼ぎたい!」という動機で思考錯誤している途中かもしれないですね。

どんな動機であれ、「成長したい」という欲求は大切ですよね。

 

世の中には、「お金稼ぎ」や「自己成長」のための教材はたくさんあります。

それこそ、ピンからキリまで数え切れないほどの数があるでしょう。

 

僕自身もいくつか購入して実践した経験がありますが、本当に自分の「糧」になったものはごく一部です。

モジセンは、その「ごく一部」の中でも、僕自身の転機となった講座でもあるので、自信を持って紹介できます。

 

ただ、あなたに合うかはわかりませんので、この記事を見てご自身で判断してみてくださいね。

 

 

【実践結果】モジセンは僕にとってのバイブルとなりました

まず最初にお伝えしておくと、僕は実践したことで「文章が資産に変わ経験」をすることができました。

こんなことを書くと「元々、文才があったんじゃないの?」と思われるかもしれません。

でも、僕は元々400字詰めの原稿1枚の読書感想文を書くことにも苦痛を感じるほど、絶望的に文章を書くことが苦手でした。

 

「文章を書くこと」も「自己表現」をすることも苦手だった僕に結果に「可能性」を見せてくれたのが「モジセン」だったんです。

 

モジセンが見せてくれた可能性。その日は突然訪れた。

僕は基本的に収益報告などしませんが「転機となった感動の瞬間」を疑似体験していただきたいので、少しだけご紹介しておきます。

 

モジセンを実践して、1、2ヶ月がたった頃でしょうか?

僕のメールフォルダに『成約が発生しました』という1通のメールが届きました。

 

それまで「数百円単位」の成約報酬は得ていたものの、「1件で1万円を超える報酬」が確定した瞬間の感動は今でも忘れることができません。

1件成約した後、立て続けというわけではありませんが、着実に収益が増えていくことに。

報酬確認

もちろん、紹介していた「商品が売れ喜び」もあるのですが、「自分の思いを書いた文章と通じて商品を手にとってくださる方が現実にいる」という「言葉の可能性」に感動したんです。

 

僕は基本的に「収益=お役立ちの成績簿」だと思っているので、収益が発生したことよりも、僕が提供する「価値観」に共感してくださったことに喜びを感じています。

今でこそ、このように文章と通じてワクワクする毎日を過ごせていますが、モジセンと出会う前は、こんな現実が待っているとは思わなかったし、将来に対する希望も持つことができない人間でした。

 

当時の暗い過去を少しだけ告白します。

 

モジセンと出会う前。努力は必ずしも実らないことを痛感した

先輩を慰める女の子

僕はモジセンに出会う前から「ブログを使ったアフィリエイト」にチャレンジしていました。

理由は「経済面」と「時間面」の鎖を断ち切りたかったからです。

 

恥ずかしながら僕は「家族を幸せにできない父親」でした。

家族との時間も思うようにとることができず、金銭面でも我慢を強いる場面が多く、金銭面でのパートナーとの喧嘩は日常茶飯事。

 

正社員で働いていたので生活はできていたものの、10年先を考えると「不安しかない」状態でした。

その泥沼の状態をなんとか抜け出したいと情報収集をした末、本業を持ちながら副業でも取り組めるビジネスを知ったんです。

 

それが「アフィリエイト」でした。

とはいえ、Web知識には疎かったため、「成果が出るまでの道のり」は決して楽なものではなく、本業と子育てを両立しながら「就寝前の2時間~3時間」を捻出し、半年間記事を書き続けました。

 

限られた時間の中で作業時間を捻出するため、趣味やテレビを見る時間を削るのはもちろん、時には「家族との時間」や「睡眠時間」を削りながらブログを更新したほど、全てを犠牲にして突き進んだ半年間だったんですね。

でも、僕を待ち受けていた現実は受け入れられるものではありませんでした。

 

なぜなら、半年間がんばって稼げたお金は「461円」だけだったから。

1日2~3時間は作業をしていたので、半年間で累計560時間はブログに費やしていたことになります。

 

全てを犠牲にした結果が「461円という信じられない結果」だったこともあり、それまで黙って見てくれていた妻からも「向いてないんじゃないの?もう辞めたら?」と言われる始末。

もう、自信とプライドがズタズタに引き裂かれ、自暴自棄になりかけていたんですね。

 

なんせ、時給に直すと1.2円ですから……。

  • 「いくらがんばっても、自分は結果を出せない」
  • 「もう、無駄な努力はやめよう……」
  • 「家族の反対を押し切ってまでやる価値がある?」

こんな感じで、何もかもがイヤになっていたころ、モジセンとの出会いがありました。

 

モジセンの内容は?どんなノウハウが学べるの?

モジセンのバナー画像

僕の人生の転機となった、モジセンの公式ページは、上記のような言葉から始まります。

これだけ見ると、普通に考えて「怪しい……」ってなりますよね。

 

僕も正直、最初は「この教材大丈夫なのかな?」と感じていました。

ただ先ほども言ったように、今では「参加してよかった」と本気で思っています。

 

なぜ「この教材大丈夫なのかな?」と思ったかというと、僕が購入した教材はモジセンが最初ではなかったからです。

 

正直にいうと、10個前後の教材に手を出す「ノウハウコレクター」と化していたんですね。

購入したものの中には、「ネットビジネスの王道教材」と呼ばれるものもいくつかありました。

 

手を出した教材が初めてではなかったからこそ、「モジセンに対しての不信感」を感じてしまっていたわけですね。

 

「絶対、後悔したくない!」そう思った僕は、モジセンの評価を調べ尽くしました

王道教材を含め、数々の教材に手を出していた僕は「もう失敗したくない」という気持ちがいっぱいだったので、モジセンに関する情報を集めました。

悲しいことに「教材をリサーチするクセ」がついていたんですね。

 

ネットの検索機能を駆使して、モジセンの口コミを調べていきました。

▼検索した一例

  • 「モジセン 評価」
  • 「モジセン 評判」
  • 「モジセン レビュー」
  • 「モジセン 角田」
  • 「モジセン 口コミ」

上記のように、「モジセンを買った人は、結果を出せているのか?」という情報収集して「モジセンを買っても後悔しない」という確信を得たかったわけです。

 

しかし、「僕が求めていた答え」はどこにも書いてありませんでした。

自分の求める答えを見つけることができなかった僕は、「あるひとつの選択」をすることになります。

 

中村がモジセンへの参加を決意した決め手は?

怪訝な表情をする女の子

恥ずかしながらさんざんリサーチした挙句僕がとった行動は、「自分の直観に従うこと」でした。

具体的にどの部分で判断したのかというと、「モジセンのセールスレター」を読んで心を動かされた直感を信じることにしたわけです。

 

なぜ「過去に教材選びに失敗した」にも関わらず直感に従ったのかというと、モジセンのセールスレターを読んだ時「こんな文章を書けるようになりたい」と率直に思ったからです。

僕の心を動かした「モジセン製作者」の名前は、現役セールスコピーライターの「住田 辰範(PN.角田 正則)」さん。

住田さんは以前、角田正則というペンネームで活動されていました

中村

 

住田さんの書く文章は、「決して煽っていないのに自然と欲しくなってしまう」不思議な文章でした。

その住田さんが「僕の経験すべてを盛り込みました」と豪語するほどの教材なら「買っても後悔しないかな?」という気持ちになったわけです。

 

【モジセンの魅力】多くの教材が「コピーライティングこそ最強のスキル」と定義していた中、”単体では効果がない”と言い切っていた

先輩に怒られる女の子

モジセンを購入した感想は「他の教材と言っていることが違うけど、妙に腑に落ちた」という不思議な感覚でした。

具体的にいうと、多くの教材は「コピーライティングさえマスターしたら無双できるよ!」という「コピーライティング最強説」を唱えてる人ばかりだったんですね。

しかし、住田さんは「コピーライティング”だけ”に頼ってはダメ」だと言い切っていたんですね。

 

なぜなら、コピーライティングはあくまで「弾丸」の役割しか持たないので、複合スキル「発射台」も身につけておかねいと効果を最大限発揮できないからです。

モジセンは、単なるライティングの教材とは違い、「文章の資産価値を上げる発射台の作り方」を教えてくれる教材です。

 

モジセンでは、そのスキルのことを「5大スキル」と表現しています。

5大スキルの詳細については、モジセンの公式ページに書いてあるのでそちらをご覧ください。

 

では、具体的に5つのスキルに触れておきます。

  1. Webマーケティング
  2. 集客ノウハウ
  3. SEOライティング
  4. ビジネスの仕組み化
  5. 人脈構築力

これらのスキルを組み合わせることで「1文字1000円の文章」を書くことを目指していくことを目的に作られています。

 

次の章から、いよいよ「モジセンの中身(真実)」に迫っていきます。

モジセンの中身は自分に役立ちそうかな? という視点で確認してみてくださいね。

 

 

モジセンの全貌公開!全16章のメイン講座で学べる内容とは?

モジセン講座メニュー

モジセンは「全16章のメインコンテンツ」+「追加コンテンツ」で構築されています。

詳しい内容は、下記の16項目の通りです。

■モジセンの講座一覧

  • 第1章 コピーライターマインドセット
  • 第2章 ライターとして収入を得ていく方法の種類
  • 第3章 ライターとして最初の一歩を踏み出す方法
  • 第4章 コピーライターとして自己ブランディングしていく方法
  • 第5章 アフィリエイト基礎セミナー
  • 第6章 アメブロ集客実践セミナー
  • 第7章 SEO集客基本セミナー
  • 第8章 SEO集客実践セミナー
  • 第9章 SEOライティング徹底セミナー
  • 第10章 キラーキーワード発掘セミナー
  • 第11章 コピーライティング実演ワードプレス編
  • 第12章 分かりやすい日本語の書き方
  • 第13章 売れるメルマガプロダクトローンチセミナー(ステップメールの組み方)
  • 第14章 コピーライティング実演メルマガ編(アフィリエイト文章の書き方)
  • 第15章 セールスレターの書き方(動画解説)
  • 第16章 モジセン解体セミナー~なぜあなたはモジセンに参加したのか~
  • 【番外編】おすすめの本の紹介

上記の内容を見てもらったら分かるように、基本的にモジセンは「コピーライターとして独立するためのスキル」を学べる教材です。

 

ネット上には、「コピーライティングを使えば簡単に稼げるぜ!」「読み手を扇動して買わせる心理術」など、「情弱狩り」と呼ばれる手法で、初心者に教材を買わせている人もいます。

 

しかし、悪いのは「使い手」であって「スキル」ではないんですね。

モジセンの一番最初に「マインドセット」があるのも、「使い方を間違えてほしくない」という住田さんのメッセージが込められているからです。

 

つまり、「コピーライティングの正しい使い方を知った上で、価値を引き上げるスキルを学ぶ」ことで、悩んでいる人に最適な商品やサービスへ導いてあげることもできるわけですね。

モジセンのコンテンツは、音声や動画が中心なので「何度でも繰り返し聞く(見る)」ことができます。

 

さらに、住田さんがセールスレターやメルマガを書いていくシーンも収録されているので、「ライティングの技術」だけではなく、どのような意図で文章を書くのか?という「プロのセールスコピーライターの頭の中」を除くことができます。

 

極めつけは、モジセン参加者限定で送られてくるメールです。

  • 成果を出すための「基準値」の大切さ
  • ビジネスチャンスの見つけ方
  • 100万円の本が1900円で買えた話
  • 将来の収入に100倍以上の差がつく、レバレッジとストックの関係
  • ズラシ集客で楽して稼ぐ方法
  • SEOにどこまで力を注ぐべきか?
  • SEOは終わりから始める
  • メルマガ登録率を2倍にした単純な方法
  • セールスコピーは作るものという概念

こんな感じで、モジセンのメインコンテンツ以外にも、様々な情報を学ぶことができます。

ここまでお伝えしたように「モジセンの内容はすべておすすめです」と言いたいところですが、特に僕が役に立った講座を3つだけご紹介しておきます。

 

愛用者が厳選!モジセンのイチオシ講座「ベスト3」

僕がモジセンの中でも特に気に言っている講座をご紹介しておきます。

それが下記の講座です。

  1. 第9章 SEOライティング徹底セミナー
  2. 第13章 売れるメルマガプロダクトローンチセミナー(ステップメールの組み方)
  3. 第16章 モジセン解体セミナー~なぜあなたはモジセンに参加したのか~

SEOライティングについては、冒頭の事例で少しお話しましたが、もう少し掘り下げてそれぞれお話していきますね。

 

モジセンイチオシ講座【第3位】SEOライティング徹底セミナー

モジセンイチオシ講座「第3位」は、第9章「SEOライティング徹底セミナー」です。

近年、Googleのアルゴリズム変更で、小手先のSEOテクニックが通用しなくなっています。

 

以前は、「キーワードを盛り込む」「白い背景に白字でキーワードを書く」といった、Googleを欺くテクニックが蔓延していました。

しかし、Googleのアルゴリズムは日々進化しており、訪問者の利便性や記事に対する信頼性も含めた「優れたユーザー体験」を提供することを重視しているため、小手先のテクニックを使ったサイトがバンバン圏外に飛ばされる……というような事例も多発しています。

 

上記の観点から見ても、音声と動画を交えながら「どのようなポイント気を付けて文章を書けば上位表示されやすいのか?」という具体的な部分を掘り下げて学べるのは大きな魅力のひとつですね。

モジセンのSEO対策講座を実践して身につけることが出来れば、Googleの目指している方向に沿った方法で、上位表示される文章が書けるようになる可能性が高まります。

 

言い換えれば、あなたの書いた記事が、24時間365日、年中無休で販促してくれる営業マンを無料で雇っているのと同様の効果を得ることができるわけですね。

 

モジセンイチオシ講座【第2位】売れるメルマガプロダクトローンチセミナー

モジセンイチオシ講座「第2位」は、第13章売れるメルマガプロダクトローンチセミナー」です。

この講座では、売れるステップメールのコツを具体的に解説してくれています。

 

あなたも、プロダクトローンチという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、一般的にプロダクトローンチは「多額の広告費を使うことで一気にリスト(メ―ルアドレス)を収集しセールスを仕掛けていく」という、かなり大々的なプロモーションのことをいいます。

 

現在、最も爆発的に売り上げがあがるといわれている手法ですね。

ただ、一般的なプロダクトローンチは「焼き畑農業のように全てを刈り取る勢い」で売り込みをかけてきます。

 

それに対して、売れるメルマガプロダクトローンチセミナーで学べるのは、「煽って売り込むのではなく、読者と信頼関係を構築しながら、たった一人で自動的に売り上げがあがる仕組みをゼロから作る手法」です。

仕組み化を目指すならば、ブログとメルマガは両方使いこなす必要があるので、個人的にスゴク助かる講座でした。

 

モジセンイチオシ講座【第1位】モジセン解体セミナー

モジセンイチオシ講座「第1位」は、第16章のモジセン解体セミナーです。

ハッキリいって、この「モジセン解体セミナー」は、かなりどうかしている内容です。笑

 

なぜかというと、住田(PN:角田)さんがモジセンを販売するまでのプロモーション戦略をすべて暴露している講座なんですね。

わかりやすくいうと、こういうことです。

  • どういう導線で集客をして
  • どんな風に自分のファン(共感させる)にして
  • どういう風にセールスをかけるか?

このように住田(PN:角田)さんが実践した、プロモーションの裏側を、すべて暴露しています。

 

普通、自分の手の内をバラすようなことしませんよね? 手の内をバラしてしまうと、売れなくなっちゃうわけですから。

もしあなたが読み手を幸せにする「ライティング」を学びたいと思っているならば、モジセンを選んでも後悔することはないでしょう。

 

モジセンに参加する「デメリット」はないの?

ここまでモジセンの魅力ばかり伝えてきましたが、「モジセンは人を選ぶ教材」だと考えています。

住田さんには失礼ですが、正直な話モジセンは「知名度」でいえば低い部類に入るでしょう。

 

情報発信を生業にしている人で「勉強熱心な人」ならば誰でも知っているであろう教材と比べれば、社会的権威性も高いとはいえません。

売れている教材の数で言っても「数百・数千分の一」でしょう。

 

僕は有名教材と呼ばれるものも購入した経験がありますが、あえてモジセンを紹介しています。

なぜなら、「自分が結果を出すことができた講座」だかららです。

 

モジセンは「返金保証」もないので、その点で「迷いが生じる人」もいるようですが、返金保証の有無で「商品の購入を決める」のであれば、最初から参加しないほうがいいです。

なぜなら、どんな教材を買っても「100%稼げる保障はない」ですし、結果がでるかどうかは「自分にかかっている」からですね。

 

ただ、「必要かどうかは自分で判断してください!」と言っちゃうと、元も子もないので、モジセンに参加して「得する人」と「後悔する人」の特徴もお伝えしておきます。

 

モジセンに参加して「満足する人」と「後悔する人」

ここまでお話したように、モジセン に参加したことは、僕にとって人生の大きな転機になりました。

ただ、先程伝えたように「すべての人が満足できる教材」だとは思いません。

 

モジセンで「結果を出すことができる人」もいれば、「出せない人」もいるでしょう。

どんな教材や講座でも「パレートの法則(パレートのほうそく)」があるように、20%の人が結果を出せて、80%の人は結果を出すことができません

モジセンがあなたの「転機」になるのかしっかり見極めておきましょう。

 

モジセンを購入して「満足できる」人

モジセンを購入して「満足できる人」の特徴は下記の通りです。

  • ライター経験のゼロの初心者だけど、正しい努力の方向性を知りたいと思っている。
  • ライターを目指しているわけではないが、Webの集客やセールスを学びたいと思っている
  • すでに自分のビジネスや専門分野を持っていて、セールス要素を強化したい
  • 今は忙しくて、なかなか勉強できる状況にないけどコツコツ頑張るつもりはある
  • 結果が出るまで、少なくとも「3ヶ月以上」は耐える覚悟がある

上記にあげた特徴にあなたが当てはまるならば、モジセンを購入して「実践・努力」をすれば、結果に繋がる可能性は高いでしょう。

 

モジセンを買うと「後悔」する人

モジセンを購入して「後悔する人」の特徴は下記の通りです。

  • お金を払うからには、お客様扱いしてほしい
  • 楽してコピーライティングをマスターしたい
  • モジセンが自分を救ってくれると期待している
  • モジセンに参加したら「成功できる」と思っている人

上記1つでも当てはまる項目があるなら、モジセンの購入はやめておいたほうがいいです。

 

モジセンに参加しただけでは、当然ながら稼げるようにはなりません。

試行錯誤しながら「行動」した人だけ「成果」という果実を受け取ることができます。

 

まとめ.モジセンは参加する価値あり!ただし、実践者に限る。

まとめ部分を説明する男女

今回は、僕の原点とも言える「モジセン」について、詳しくお話しました。

色々とお話をしてきましたが、本気で学ぶ気があるなら、モジセンに参加しても後悔しないことは保証します。

 

これは、住田(PN:角田)さん本人に聞いたことなのですが、彼は、モジセンの売上本数にこだわっていません。

むしろ、「中途半端な気持ち」や「価値観が合わない人」には参加してほしくないと考えています。

 

その理由は、モジセンのノウハウが必要以上に広まって「悪用されるのを望まないから」です。

売上本数にこだわっていないからこそASPなどには登録せず、モジセンは公式サイトでしか購入することができないようになっています。

 

世の中には、自分が結果を出せない理由を販売者のせいにして、引きずり降ろそうとする人もいます。

しかし、結果が出ないのは多くの場合「自分自身」に原因があるケースが多いです。

 

人の評判を落とそうと根も葉もないことを書くヒマがあれば、愚直に践して結果に繋げた方が素敵ですし、何より人生が間違いなく豊かになれる確率は高いですよね。

モジセンに参加したからといって「100%稼げる保障」はありません。

 

このモジセンとの出会いを「活かす」も「活かさない」もあなた次第です。

後悔しない選択をしてくださいね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住のセールスコピーライター。 「女性向け商材」や「女性経営者の支援」を行う企業で15年間「営業」「店舗運営」「事業支援」を経験。 150人以上の女性個人経営者の支援を行って来た経験を活かし、客観的視点で「商品」や「サービス」の展開を支援することを得意としている。
詳しいプロフィールはこちら


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 + 4 =

Copyright© コピラボ|コピーライターの研究室 , 2017 All Rights Reserved.