この記事を書いている人 - WRITER -


広島出身、関西在住のセールスコピーライター。
「価値あるホンモノの魅力」を文章で100%言語化することを信念としている。

※趣味は3歳と0歳の娘を一眼レフカメラで盗撮してニヤニヤすること。
撮影後、一気に数十枚の写真をLINEで奥さんに送りつけているとかいないとか。

 


➡詳しいプロフィールはこちら

中村 悠

どうも、コピーライターの中村です。

今回は、独学で稼げるセールスコピーライターになりたいと思う方には、ぜひ手に入れてほしい教材についてお伝えしていきます。

 

あ、最初に言っておきますが、

本気でセールスコピーライターとして成果を出したい人以外は、この先は読まないでください。

 

決して楽して儲かるという話は出てきませんし、すぐに結果が出るというものでもありません。

 

逆に「コピーライターという職業に興味があって、将来は独立出来るくらいまでスキルを伸ばしていきたい」と考えているならば、独学でコピーライターになるための準備教材としては、これ以上の教材はないと思っています。

 

ただのレビュー記事だと思わずに、最後まで読んでみてくださいね。

 

1文字1000円ってどんな世界?

1文字1000円と聞いてどう思いましたか?

 

僕のブログを読んでくれているということは、

  • コピーライティングを身につけたい
  • Web集客を身につけたい

 

という思いがあると思います。

 

1文字1000円ということは「こ・ん・に・ち・は」で5000円ですね笑

 

僕のブログでは、コピーライティングについての情報をメインでお伝えしていますが、実は ”コピーライティングだけ ではあまり稼ぐことはできないんです。

 

え!これまで言ってきたことは嘘だったの!?

という言葉が返ってきそうですが、そうではありません。

 

僕も最初は「コピーライティングのスキルさえ磨き続ければ、貢献度合いも増えるので、自然と収益も増えていく」と思っていました。

 

でも、現実は違っていたんですね。

世の中には、いくら書いても1円にもならない文章と、例え1文字 0.1円 でも書けばお金になる文章があります。

 

この2つの違いは分かりますか?

 

 

 

 

 

 

答えは「その文章が売上を生み出せるかどうか」

 

人から求められて文章を書けば、ゼロから脱出することは可能です。

クラウドソーシングサイトに登録しさえすれば、いくらでも仕事はありますからね。

 

でも、ランサーズをはじめとした、クラウドソーシングサイトの単価は1文字、0.2円とか0.3円。。。

1000文字の記事を書いても300円くらいにしかならないのが現実なんですね。

 

経験を積むのにはいいかもしれませんが、クラウドソーシングだけで生活していくことは、かなり厳しいといえます。

 

こういった現実を打破したいと考えた時に、多くの人が「もっと文章力を上げればいいんだ!」と考えて必死でコピーライティングのスキルを磨こうとしてしまうんです。

書籍を読み漁り、コピーライティングのセミナーにいき、ひたすら仕事を受けて、パソコンをカタカタし続ける。。。

 

 

確かにコピーライティングのスキルを上げれば、求められるレベルも高くなり報酬も上がります。

それでも、1文字3~5円がせいぜいです。

 

どんなに頑張っても「コピーライティングの力だけでは、1文字10円が限界であり天井」なんです

といっても、1文字10円の仕事ってかなりすごいですからね。

 

1000文字書いたら1万円で10000文字書いたら10万円です。

書くのが早い人ならば、1日で10000字くらい書けるので、これだけで日給10万円です。

 

「徹底的にコピーライティングを極めて、文章のスペシャリストになる」という道もありますので、目指したい方はぜひ、文章のスペシャリストを目指してみてください。

僕は、コピーライティングが好きなので、スペシャリストになれるようスキルを磨き続けていくつもりですし、毎日の学びは歯磨きのように習慣化しています笑

 

 

ですが、あるスキルと組み合わせることで、コピーライティングの価値は5倍にも10倍にも高まるということを知ったので、”コピーライティングだけ”を追い求めるのはやめました。

 

スキルの組み合わせがもたらす効果

では、コピーライティングを何と組み合わせたら、価値が10倍にも高まると思いますか?

 

ちなみに、僕は師匠から「単価の取れるコピーライターを目指してほしい」と言われてコピーライティングを学んだので、クラウドソーシングなどは活用したことはありません。

 

初めて仕事をご依頼いただいた際の文字単価は約11円でした。

クラウドソーシングの文字単価が0.3円だとしたら、約37倍ですね。

 

しかも、クライアントからは「あまり、報酬は高くないですがお願いできますか?」という言葉をいただけたんです。

これは、僕のコピーライティングスキルが飛びぬけて高かったわけではなく、コピーライティング以外のスキルとの組み合わせがもたらしたものでした。

 

では、コピーライティングはどんなスキルと組みあわえることで価値が10倍以上になるんでしょう?

 

コピーライティングの価値を10倍以上にする5大スキルとは

コピーライティングと組み合わせることで、

効果を発揮するスキルは、

  1. Webマーケティング
  2. 集客ノウハウ
  3. SEOライティング
  4. ビジネスの仕組み化
  5. 人脈構築力

 

この5大スキルです。

ひとつひとつのスキルはバラバラで存在しているように思うかもしれませんが、すべてのパーツが揃った時にコピーライティングを組み合わせれば、ものすごい力を発揮します。

 

僕が初めての仕事にも関わらず、1文字11円もの報酬がいただけたのは、僕のコピーライティングスキルを知っていた人。

 

つまり、人脈構築力で関係性が出来ていたからなんですね。

 

僕の例はあくまで1例ですが「”コピーライティングのスキルだけ”を磨くことが必ずしも正解ではない」ということはお分かりいただけたと思います。

ではどうやって5大スキルを身につけていけばいいのか?

 

5大スキルを実践的に学べる参加型教材『モジセン』

これまでお話してきた、コピーライティングと5大スキルすべてを学べるのが「文章の価値を上げるために必要な情報」をすべて1か所に集めた教材

 

「モジセン」

すなわち『1文字1000円の文字を書くためのノウハウが詰め込まれた教材』です。

 

参加型教材モジセンとは

モジセンとは、コピーライティングを使って実際に稼いでいくためのスキルやノウハウが詰め込まれている、参加型の教材です。

 

 

特にモジセンは、

  • 自分のペースで文章を使って収益化していきたい人
  • 独学でセールスコピーライターになりたい人

にとっては、バイブルになること間違いなしだと思っています。

 

特に独学でセールスコピーライターを目指したいという人にとっては最適の教材なんじゃないでしょうか?

僕自身、師匠のもとでコピーライティングを学んだ後も、スキルを高め続ける為に、コピーライティングの教材をいくつか買っています。

 

 

コピーライティングを身につけたい人って、大体

  • 自分の文章だけでお金を稼げるようになりたい
  • 自分のビジネスの集客・収益化につなげたい
  • 自宅でマイペースに仕事をしたい
  • アフィリエイトで成果を出したい
  • 会社に縛られずに、独立したい

 

というような、きっかけで始める人が多い印象ですが、

コピーライティングをある程度勉強して、いざ「収益化していくぞ!」という場面になった時に必ずぶち当たってしまう壁があるんです。

 

あなたには分かりますか?

 

 

 

 

 

 

その答えが、先ほど僕がお伝えした5大スキルにあります。

 

 

実は、多くの人はコピーライティングに価値があるとわかっていても、

コピーライティングを、どこでどういう風に使えば稼げるのか具体的にわかりません。

 

 

モジセンはまさに、どこでどういう風にコピーライティングを使えば収益が最大化するのか?ということを教えてくれます。

 

  • どんなテーマで文章を書けば収益化しやすいのか?

  • 自分のセールスレターに人を集める為にはどうしたらいいのか?

  • 自然と自分の記事に人が集まるSEOライティングの書き方とは?

  • 自動的に収益を生み出すための仕組み化の方法とは?

  • ネット上でも深い関係(人脈)を作るにはどうしたらいいのか?

 

など、コピーライティングだけでは実現できない領域のことまでできるようになります。

さらに、参加者の声を反映しながら、コンテンツのクオリティも上がっていくという参加型のWeb講座です。

 

独学で成果を出すために必要は条件がモジセンには備わっている

コピーライティングに関する教材であれば、世の中にはたくさんありますよね、数万円の教材から数十万円の講座まで。

あなたは、何か新しいことにチャレンジするとして、最も簡単に成果を出す方法って何だと思いますか?

 

 

 

 

 

 

・・・いいですか?

答えは「成功している人のやり方をパクる」

 

これです。

 

パクると聞くとイメージが悪く聞こえるかもしれませんが、実際に世の中で成功している人はパクりから入っていますし、一番簡単で近道なんですね。

 

独学と聞くと「自分でゼロから色々調べて試してみたり、検証したりと苦労することが美学だ」なんていう人もいますが、成功するまで何年かかるか分からないものを頑張るなんてなかなかできませんよね?

だからこそ、実際に大きく成果を出している人のやり方を真似るのは悪いことではないんです。

 

僕自身、最初は完全に独学でコピーライティングを学ぼうとして挫折しかけたことがありますが、師匠の主催しているコピーライター養成講座に参加して、師匠のライティング技術を徹底的にパクることで、独学でやっていた時の数十倍のスピードで成長を実感することができました。

 

その経験をベースにして、モジセンに参加したことで、あなたがこうして僕の文章を読んでくているような環境を作れるようになったんです。

 

今でこそ、サイトを立ち上げて情報発信なんかしていますが、1年前まではほとんどパソコンの事は分かりませんでしたし、ありえないぐらい文才がありませんでした。

 

そんな僕でも、徹底的に成功者のスキルをパクることで、5000文字程度の記事なら普通に書けるようになりました。 

※今回の記事も6000字弱の記事ですね。

 

10000字や15000字くらいのセールスレターを書くときは、リサーチをしっかりしたり、ヒアリングをしたりと、前段階の準備にかなり時間をかけるので、すぐには書けませんが^^

 

とはいえ、

いざ、パクるといっても、経験がないと手が動かないのも事実です。

 

真似をしようとしても「なかなかうまく出来ない」「自分の言葉に変換して書くことが出来ない」という人は多いですが、多くの場合「具体的なイメージが沸かない」のが原因です。

 

例えば、あなたが何か教材を買ったことがあったとして、成果を出すことが出来ましたか?

成果が出せなかったとしたらなぜなのか?

 

それは多くの場合、やり方は細かく教えてくれているけど、具体的な方法を教えてもらえないからわからないんです。

 

講座に参加したり、コンサルを受けていれば質問して解決することが出来ますが、教材は基本的に一方通行なので、自分で具体的な方法を導き出すしかありません。

ノウハウだけではなく、具体例も含めて教えてくれるモジセンのような教材って本当に貴重なんです。

 

詳しい内容はここで話すわけにはいきませんが、僕がモジセンに参加する事で得ることが出来る最大のメリットについてお伝えしておきますね。

 

モジセンに参加する最大のメリットとは

僕が、モジセンに参加したことで一番良かった事が「スキルの組み合わせの強さ」を知ることが出来た。

という点です。

 

僕自身も、スキルの組み合わせでかなり得することが増えたと思っています。

「コピーライティング」も出来るし
「Webマーケテイング」も理解してるし、
「集客(SEO)」も知っている。

 

1つの価値だけだったら、きっと苦労してしまうでしょうけど「スキルの組み合わせ」が希少価値を生みます。

 

モジセンの生みの親である、角田さんもモジセンを通して「スキルが組み合わされた人」を増やしていこうとしています。

  • コピーライティング
  • Webマーケテイング
  • SEOライティング
  • ビジネスの仕組み化

 

それぞれのスキルを個別に学べる場所や教材っていくらでもあると思いますが、すべてをまとめて総合的に深く学べる場所って、日本中探してもないんじゃないでしょうか?

少なくとも僕は知りません。

 

モジセンで身に付けることが出来るのは、

スキルの組み合わせであり、1文字の価値を上げる方法です。

 

「文字を使った仕事をしていきたい」

つまり、セールスコピーライターになりたいと思っている人が独学で学ぶには最適のバイブルだと思っています。

 

モジセンを実践してみての成果

僕自身がモジセンを実践してみて、一番手ごたえを感じているのが何かというとWebマーケティングとSEOライティングの部分です。

 

Webマーケテイングに関しては、あなたが今読んでくれているブログ「こぴらぼ」を構築できたことが大きいです。

 

このブログを立ち上げて、どういう記事を書いていき、どういう構成で作っていけば来てくれた人に喜んでもらえるのか?

とにかく参考にして作ってきました。

 

SEOライティングに関しては、全く知識ゼロの状態から狙ったキーワードに関しては、かかる時間の大小はありますが、多くのキーワードで1ページ表示させることが出来るようになりました。

一例をあげると、

 

 

 という感じですね。

 

僕はHTMLやCSSなども分かりません。

それでも文章だけで1ページに表示させることが出来ています。

 

これも、巷のSEO対策のような、小手先のテクニックとは違う、本質に沿ったSEOライティングをモジセンで学べたからなんです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は僕がバイブルとして密かに活用してきたモジセンという教材を紹介しました。

実はこれまで、自分が実践した教材を紹介することはありませんでしたが、僕のコピーライターとしての信条は「価値あるホンモノの魅力を100%文章の力で言語化する」ことですので、本気でコピーライターになりたいと思っている人に必要だと判断し、書くことにしました。

 

もしあなたが、

  • コピーライティングを使って稼いでいきたい
  • ライターとして文章で生計を立てたい
  • セールスコピーライターになりたい

 

と思っているなら、モジセンに参加して、1文字1000円の世界の世界を目指してみませんか?

 

ただし、モジセンの作成者である角田さんは、むやみやたらに売れることを望んでいません。

これは、コピーライティングを悪用されることを角田さん自身が望んでいないからなんですね。

 

そのため、モジセンは公式サイトでしか購入することができません。

最初に僕が「本気でセールスコピーライターとして成果を出したい人以外は、この先は読まないでください。」と書いたのは、こういう理由があるからなんです。

 

あなたが、本気でコピーライターとして独立をするために努力を惜しまないならば、1文字1000円の世界を一緒に目指しましょう。

 

 

⇒当サイトに来られた方はこちらのページもご覧になっています

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA