福岡に住む、言葉の専門家が「文章を資産化する方法」を研究するメディア

通販番組はなぜ「番組終了30分以内」に特典をつけるのか?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こぴらぼの運営者、奥さんと2人の娘と福岡で暮らすセールスコピーライター。 伝え方を知らないだけで「良い商品」が消えていく一方、伝え方が上手ければ「粗悪品でも売れていく」現状に不満を感じている。 本業の傍ら、ブログで「自分がいいと思った商品を”勝手に”紹介する」ことが趣味。 モットーは「商品(サービス)の価値を100%引き出す文章」を書くこと。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、コピーライターの中村です。

僕が独身の頃、夜中にテレビをつけると通販番組ばかりやっていて「面白くないな~」と思うことがよくあったんですが、必ずどの番組でも言う「ある言葉」にずっと疑問をもっていました。

 

それが何かというと「番組終了30分以内にお電話いただけたら、さらにこちらもプレゼントします!」という言葉。

どの通販番組でも必ずいいますよね、今回はその理由を分解してみました。

 

通販番組は同じ型の構成で作られている

 

実は、通販番組には売れる型というのがあって、すべてその流れで作られています、心理的に人間がその商品を欲しくなるように誘導されているんですね。

  1. 読まない
  2. 信じない
  3. 行動しない

 

この3つの壁を越えなくてはいけないという原則があります、これは、よく言われることなんですが、実は最後の壁があるんですね。

それが、

今すぐ行動しないという壁です。

つまり、

  1. 読まない
  2. 信じない
  3. 行動しない(今すぐ行動しない)

 

の3つの壁+αを越えてこそ、商品を買ってもらえるんですね、通販番組はこの原則を利用して番組の構成を考えています。

 

「ある腹筋マシーン」を例に挙げてみると・・・

いつのまにかついてしまったおなかの贅肉・・・体のラインをスッキリしたい!!
でも運動するのは「つらい!つらい!つらい!」

 

というナレーションから始まる人気商品なんですが、この商品説明の流れも3つの壁を越えるための構成になっています。

読まないの壁を越える

いつのまにかついたお腹の贅肉、すっきりしたいけど運動するのはつらいですよね?

  • 仕事が忙しく運動する暇がない
  • 難しい操作方法は覚えられない
  • 大きな腹筋マシーンは部屋に置けない

 

そんなお悩みを解決する常識を超えた腹筋マシーン「○○○○」
たったの30秒!倒れるだけで腹筋が出来る常識を超えたただ一つの腹筋マシーン。

 

という流れでまずは、体型が気になってきたターゲットに興味を持ってもらうように仕向けます。

 

信じないの壁を越える

ここでは、

  • モニターによる成果の声を紹介(お客さんの声)
  • スポーツ選手などによる効果の保証(権威者の推薦)
  • この商品で理想の腹筋が手に入る3つの秘密とは(効果性・選ぶべき理由)
  • シリーズ累計300万台突破(実績、日本人はみんなが選んでいるものに弱い)

 

など、ターゲットに信じてもらうための情報を出来るだけ流して安心感を持ってもらうんですね。

深夜の通販番組なんかはこの部分が繰り返し何回も流れていたりしますよね^^

ライター中村

 

 

行動しない(今すぐ行動しない)の壁を越える

人間は本能的に怠け癖があります、そのため気になったとしても、「また今度でいいか……」と考えるんですね。

 

通販番組では次にいつ見てもらえるかわからないので最後に一気に購入したくなるようにたたみかけます。

 

 

たとえば、

  • 通常価格27,000円(税抜)が今なら9,990円(税抜)に!
  • 39日間使っていただき効果を実感いただけなければ、全額返金いたします!(損はしない)
  • 番組終了後30分以内に電話いただけた方にはさらに!○○をプレゼント!この機会をお見逃しなく!コールセンターを増員してお待ちしています!

 

という風に必ずなりますよね。
なぜ30分以内なのか?考えてみたことありますか?

 

それは、勢いよく行動する決断してほしいためです。
こんな風に▼

通販番組の締めが「30分以内にお電話ください」の理由

真相は分かりませんが、僕が考えてみた予想はこんな感じです。

  • 他の商品と比較させないため
  • Amazonレビューなどで確認させないため
  • 周囲の人に口コミを聞かせないため
  • 考えさせないため
  • 冷静にさせないため
  • 忘れさせないため

 

という風な感じでしょうか。

ようは、時間が経つと人って冷静になるので30分以内に時間を区切ることで、テンションが上がった状態のまま購入に繋げてほしいからなんですね。

 

今回は通販番組を僕なりに分解してみましたが、世の中には意図的にほしくなっちゃう仕組みが散りばめれれているので意識して探してみると新たな気づきがありますよ。

 

 

⇒当サイトに来られた方はこちらのページもご覧になっています

 

この記事を書いている人 - WRITER -
こぴらぼの運営者、奥さんと2人の娘と福岡で暮らすセールスコピーライター。 伝え方を知らないだけで「良い商品」が消えていく一方、伝え方が上手ければ「粗悪品でも売れていく」現状に不満を感じている。 本業の傍ら、ブログで「自分がいいと思った商品を”勝手に”紹介する」ことが趣味。 モットーは「商品(サービス)の価値を100%引き出す文章」を書くこと。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© こぴらぼ|コピーライターの研究室 , 2016 All Rights Reserved.

error: