文章を”資産化”する方法を研究するメディア

【SEO対策の基礎知識】自サイトを検索上位に表示させ自然検索でアクセスを集める方法

WRITER
 
スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住のセールスコピーライター。 商品(サービス)の価値を言語化し、「必要な人に必要なモノを届ける」ことを生業としている。 最近は、クライアントに安心と確かな価値を提供するため、薬機法ライティングについてもコソコソ研究中。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、セールスコピーライターの中村(@copyright_yuta)です。

今回は「GoogleやYahoo!などの検索エンジンで上位表示させる方法の基礎知識」についてお伝えします。

 

あなたが、Webを活用して集客につなげたいならば「多くのアクセス」を集める必要があります。

なるべくなら「コストをかけずにアクセスを集めたい」と考えているのではないでしょうか?

 

今回お伝えする「SEO」を使えば、自サイトへアクセスを集めることができます。

アクセスが増える結果、自社商品やサービスを検討する人も増え、その結果として「売上・利益」を増加させることにも繋がります。

 

つまり、SEO対策はあなたのビジネスのゴールである「売上・利益」に直結する重要な手法なのです。

この記事では、ブログを使って集客する際必須のスキルとなる「SEO対策の基礎知識」についてお伝えしていくので、参考にしてみてください。

SEOをマスターして、Googleの検索結果を私の記事で埋め尽くした-い!

文子

うん、どんな記事を書くかは聞かないね

中村

 

SEO対策とは?

疑問を投げかけているイラスト

SEOとは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略称の事を意味します。

詳しくは下記のとおりです。

検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、英: Search Engine Optimization, SEO、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)とは、検索エンジンのオーガニックな検索結果において特定のウェブサイトが上位に表示されるようウェブサイトの構成などを調整すること。また、その手法の総称。

引用:検索エンジン最適化 – Wikipedia

簡単に言うと、GoogleやYahooなどの検索エンジンのルールに最適化したWebサイトを作り、狙ったキーワードを上位に表示させることで、訪問者を増やす手法のことをいいます。

基本的には、「Googleに評価されるコンテンツを書き溜めていくことで、検索上位に表示させることを目指す方法」ですね。

 

検索エンジンとひと言でいっても、Google、Yahoo!、Bingなど様々なものがありますが、日本での検索シェアはGoogleとYahoo!で約90%、Bingで5%前後です。

Yahoo!はGoogleの検索技術を使っているので、日本での検索エンジン対策は、Google対策とほぼイコールになります。

 

あなたもビジネス目的でブログを運営しているのなら、ゴールは「集客」もしくは「売上」ではないでしょうか。

ブログの運営目的を考えると、「検索上位に自分のサイトが表示されるメリット」の大きさがイメージできるはずです。

 

検索上位に表示されることで、想の見込み客を継続的に集客できる」という大きな強みとなるわけです。

 

なぜ、SEO対策が重要なの?

SEO対策が必要な理由は「見込み客にあなたの存在を知ってもらうため」です。

多くの人は、わからない情報があれば「ネットで検索」しますよね。

 

たとえば、家族旅行で福岡に来て「ラーメンを食べたい」と思った場合。

Googleで「福岡 ラーメン 子連れ」と打ち込んで調べますよね。

そして、検索結果に表示された中から「数記事」を見て、どこのお店に行くかを決めるのではないでしょうか?

あなたも、わざわざ2ページ目まで読み進めることは稀なのではないでしょうか?

 

結果的に「上位表示されている記事」ほど、アクセスが集まりやすくなります。

言い換えると、1ページに表示されなければ「あなたの記事が読まれることは限りなく低い」ということですね。

 

上位表示されるメリットは「アクセスが集まること」だけではありません。

一般的なユーザーは「なんとなく上位に表示される情報は信用できそう」と無意識に思います。

 

つまり、検索上位に表示されることで「見込み客からの信用度アップ」につながることになるんです。

 

SEOには2種類ある?過去に裏技が蔓延した業界の黒歴史

今でこそ「検索ユーザーの悩みを解決するコンテンツ」が上位表示されるようになってきていますが、過去には「ユーザーを騙す裏技」が横行した時代がありました。

 

つまりSEOといっても、2種類の方法があるわけです。

  1. ブラックハットSEO(現在主流の手法)
  2. ホワイトハットSEO(過去に蔓延した手法)

それぞれの手法について、簡単に説明しておきますね。

 

検索ユーザーを騙す手法「ブラックハットSEO」

ブラックハットSEOとは、 Googleが定めるガイドラインに反し「 アルゴリズムの穴を突いて不正に検索順位を上昇させるための手法」を指します。

 

たとえば、

  • 被リンクを大量に購入しておくる
  • サイトを量産してメインサイトにリンクをおくる
  • ページに不自然なほどキーワードを盛り込む
  • 背景色と同じ文字色(背景「白」に文字色「白」)でキーワードを盛り込む

以前のSEOは、検索エンジンの仕組みが今ほど完成されていなかったため、抜け道が存在し、テクニック次第で「価値のないページでも上位表示が可能」でした。

 

しかし、広告を主な収入源としているGoogleにとって、検索ユーザーにとって検索ユーザーにの役に立たないページを表示させることは、「信用の低下⇒広告主の減少」に繋がり、場合によっては死活問題になりかねません。

そこで、Googleはアルゴリズム(評価方法)を改善し続け「パンダアップデート」「ペンギンアップデート」に取り組み、検索ユーザーにとって価値のあるページを上位表示させる取り組みを続けてきました。

 

検索システムの進化によって、「ブラックハットSEOを使った裏技」はペナルティの対象となり、上位表示されにくくなったのです。

いまでもブラックハットSEOで成果を出している人もいますが、今から始めるならホワイトハットSEOに取り組みましょう

中村

 

検索ユーザーに寄り添う手法「ホワイトハットSEO」

ホワイトハットSEOは、ブラックハットSEOとは対極にある手法で、Google検索エンジンのガイドラインに沿って、Webサイトを最適化すること、またはその手法を指したものを指します。

 

具体的には、Googleが公開している検索エンジン最適化スターターガイド – Googleや、ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)で推奨されているような形で行われるSEOのことを指します。

品質に関するガイドラインー4つの基本方針

1.検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。

2.ユーザーをだますようなことをしない。

3.検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。
その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。

4.どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトといえるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

引用:Googleウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)より

この4つの基本方針を見ると、Googleがいかにユーザーの事をいかに大切に考えているかがわかります。

過去は「正直ものがバカを見る」時代であった、黒い業界がGoogleの努力によって、「正義が勝つ」という理想の形になりつつあるわけです。

 

SEO対策は一見すると難しい印象を持ってしまいますが、「効果的なキーワード選定」を行えば、個人でも十分に上位表示させることが可能です。

身につけるまでには、「少しの努力」が必要になりますが、身につけてしまえば「強力な武器」になるので、ぜひマスターしましょう。

 

SEO対策を実践する4つのメリット

SEO対策を身につけることができれば、あなたのビジネスチャンスは広がります。

なぜなら、検索上位に表示されるということは「24時間365日働く営業マン」を雇うのと同じ効果を得ることができるからです。

 

24時間働く営業マンといわれてもイメージが湧かないかもしれませんが、具体的には以下の4つのメリットを指します。

  1. 濃い見込み客を集客できる
  2. 上位表示されることで信頼度が高まり、読者に安心してもらえる
  3. SEO対策を施したブログは資産になる
  4. 低コストで集客ができる

上記4つのメリットが、SEO対策を実践する上でのメリットとなります。

では、ひとつずつ確認していきますね。

 

SEO対策のメリット1.質が高い自然検索からの集客が期待できる

SEO対策を実践する理由の1つ目は、「濃い見込み客を集めることができる」という点です。

検索エンジンを使う人は「自分の悩みや疑問に対する答えを求めて」検索しています。

 

たとえば、

「ダイエット 楽に痩せる方法」というキーワードを検索する人の場合は、

  • できるだけ「効率的にダイエットで成果を出したい」と考えている
  • ダイエットはしたくないけど「楽して痩せたい」と考えている

 

「子連れ キャンプ おすすめ」というキーワードだとすると、

  • 「子連れのファミリーでも楽しめるキャンプ場の情報」を求めている
  • キャンプが別にしたいわけでなく、「子供を喜ばすための場所や方法」を探している

こんな感じの目的をもって検索しますよね。

 

このように、検索経由で読者が訪れることを「プル型」のアクセスといいます。

プル型とは

必要な情報をユーザーが能動的に「引き出しに行く」タイプの技術やサービスのこと。「プッシュ型」との反対語として利用されることが多い。

WebブラウザーにWebページのURLを入力したり、Webページのハイパーリンクをクリックしたりする操作により情報を引き出すWWW(World Wide Web)はプル型のコンテンツである。

こうしたクライアント主導型の方式を「スマートプル型」という。

引用:プル型(ぷるがた)とは – コトバンク

つまり、「プル型」は、特定の場所にコンテンツを事前に用意しておき、「情報がほしい」と感じたユーザーを引き寄せる方式を指します。

たとえば、ラーメン屋さんが表にメニュー表を出しておいて、「どのお店に入ろうかな?」と迷っているお客さんを引き込むのも「プル型」の集客です。

 

一方、SNSのように一方的に情報を発信することで見つけてもらうことを「プッシュ型」のアクセスと呼びます。

 

「プシュ型」は、情報提供側が決めたタイミングでユーザーに情報を伝える(プッシュする)形式です。

広告やSNSは基本的に「プッシュ型」に属します。

 

プッシュ型の特徴は、ユーザーが「受動的に情報を受取る」という点です。

そのため、受け取った情報が「ユーザーの求めているものではない」ケースも多々あります。

 

両者を比較してわかることは、SEOのように「プル型」で集客したユーザーは、「すでに興味を持って検索している」可能性が高いため、商品購入やサービス申し込みの可能性が「プッシュ型」に比べて高くなるということです。

 

メリット2.上位表示されることで信頼度が高まる

SEO対策のメリット2つ目は、上位表示されることで信頼度が高まり利用者の安心に繋がるという点です。

検索の上位に表示されるということは、多くのアクセスを期待できるだけでなく「訪問者の信頼度を高める」ことにもつながります。

 

SEOの知識を知らない人にとっては、「検索上位に表示されている=いい商品(サービス)」という認識が一般的です。

同じような商品であれば、「検索10位」よりも「検索1位」の商品のほうに安心感を感じるわけです。

 

お客さんの立場にたってみたらイメージしやすいですよね。

ネット上では、実物を見ることができないので「信頼感」が何より大切になります。

 

それを考えると「検索上位表示されている」ことで「信頼」を得ることに繋がるわけですね。

 

メリット3.SEO対策を施したブログは資産になる

SEOを意識して作ったWebサイトは資産になります。

お金を払うのをやめると集客できなくなる広告と違い、SEOで上位表示された記事は継続的にアクセスを集めることができます。

 

例えるならば、広告は「賃貸型」、SEO対策は「持ち家型」と表現することもできますね。

どういうことかというと、賃貸型の広告は、広告費(家賃)を払えば、即日結果(入居)を出すことができます。

 

ただ、広告費(家賃)を払わなければ、効果を失う(家を追い出される)ことになります。

 

一方、持ち家型のSEO対策は、Webサイト(家)ができるまでは、費用(ドメイン代やサーバー代)がかかるものの、成果には繋がりません。

しかし、家(Webサイト)が完成してしまえば、SEOを施した家を持ち続けることができます。

 

もちろん、定期的なメンテナンス(競合調査や記事のリライト)は必要になりますが、面倒を見てあげれば「一生モノの持ち家」のような資産となってくれるのです。

 

 

SEO対策のメリット4.低コストで集客ができる

SEO対策を実践する4つ目のメリットは、低コストで集客できるということです。

 

一般的に、広告を理想して集めたアクセス数は広告を止めると落ちてしまいます。

しかし、SEOを意識して記事を書き検索上位に表示させることができれば、長期にわたり安定して集客できます。

 

検索上位に表示されることで、「集客コストを大幅に下げることができる」というのは大きなメリットではないでしょうか。

WordPressなどの、有料のブログサービスを使ったとしても、年間約13000円(サーバーとドメイン代)ほどのコストで運営できるのも大きなポイントですね。

 

ただ、一見魅力満載のSEO対策ですが、デメリットも存在します。

続いては、SEO対策のデメリットについてお伝えします。

 

SEO対策のデメリットと解決策

SEO対策を実践する上でのデメリットは3つあります。

  1. 効果が出るまでに時間がかかる
  2. Googleの機嫌に左右される
  3. SEOのノウハウはあくまで仮説で正解は分からない

上記3点が、SEO対策を実践する前に知っておくべきデメリットです。

デメリットを知らずはじめてしまうと、挫折してしまう可能性もありますので、知っておいてくださいね。

 

SEO対策のデメリット1.上位表示されるまでに時間がかかる

1つ目のデメリットは、上位表示されるまでに時間がかかるという点です。

一般的にWordpressを使うと、スタートしてから3か月~半年間は、なかなかGoogleに評価してもらえないといわれています。

 

Googleの検索エンジンも、無数にあるサイトの中から新しいサイトを見つけるののには時間がかかるわけですね。

 

解決策としては、SNSと連動して自分の記事にアクセスを集める方法もあります。

個人ブログであれば、最初の内は人が来ないことを利用して、多少不備があっても60点くらいであれば、どんどん記事を公開してしまうことで、「更新頻度」という評価を得ることもできるわけです。

 

SEO対策のデメリット2.Googleの機嫌に左右される

デメリットの2つ目は、検索アルゴリズムが日々進化しているという点です。

 

たとえば、検索アルゴリズムの変更でいきなり順位が下がる(圏外に飛ばされる)ことも日常茶飯事です。

いくら検索上位に表示されていた記事が県外に飛ばされてしまい「アクセスが激減する」というケースも多々あります。

 

Googleと検索ユーザーの両方に役立つ記事を書くことで、圏外に飛ばされるケースは最小限に抑えることもできるので、SEOは「自分の力ではどうしようもないケースもある」という事実は知っておいたほうがいいでしょう。

 

デメリット3.SEOのノウハウはあくまで仮説で正解は誰にも分からない

SEOの弱点3つ目は、ノウハウはあくまで仮説にすぎず正解が分からないという点です。

基本的に検索エンジンは、意図的に検索結果を操作する行為を禁じています。

 

そのため、検索順位の決め方に関してはトップシークレットであり教えてくれることはありません。

ウェブマスター向けガイドラインのように、ヒントをくれることはありますが、「こうやったら上位表示されるよ」という答えを教えてくれることはないんですね。

 

つまり、世の中にあるSEO対策はすべて「仮説」の域を出ないというわけですね。

ただ、Googleの出している公式発表を参考にしながら、仮説を立てることで狙って上位表示させることは十分可能なので、安心してください。

 

Googleがユーザーの利便性(使いやすさ)を最優先に考える理由

Googleが読者の利便性を最優先に考えている理由は「Googleの経営が広告によって成り立っているから」です。

どういうことかというと、たとえばYahoo!のトップページには広告が表示されますが、Googleのトップページには「広告がない」ですよね。

 

Googleの検索結果には、広告が表示されますが「広告」という文言がついています。

これにより、検索してきたユーザーが「純粋な記事」と「広告」を簡単に区別することができますよね。

 

つまり、使用者の使いやすさを最優先に考えることで、Googleの収益につながっていということですね。

  1. Googleが便利になるほど、使うユーザーは増える
  2. 広告がより多くのユーザーの目に触れる
  3. 広告をクリックする人も増える
  4. 広告に掲載する企業が増える
  5. Googleの広告収益が増える

 

普通、広告は「いかにクリックしてもらうか」が勝負になるので、「広告」と明示されていることは広告費を払ってくれるスポンサーを減らす行為に繋がりそうな気がしませんか?

ではなぜ、スポンサーを減らす危険を冒してまで「広告」と明示させるのか?

 

その理由は、Googleの経営理念である「Googleが掲げる10の真実」で知ることができます。

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能する。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。

引用:Google が掲げる 10 の事実

上記10か条の中で、特に1つ目の「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる」という部分が、検索結果に「広告」と明示させる理由になります。

だからこそ、Googleはユーザーが満足するコンテンツを表示させようと、検索エンジンの仕組みを調整し続けているんです。

 

検索する人にとって利便性が高い記事とは?

検索する人にとって利便性の高い記事とは「自分の悩み・疑問を分かりやすく解説してくれる」記事です。

 

もし、あなたがブログに集客する方法で悩んだ場合。

近くにブログが詳しい人がいたら、わざわざ検索をするでしょうか?

 

おそらく検索せずに、詳しい知人に教えてもらうことでしょう。

人って基本的に、面倒くさいことはしたくないですからね。

 

「仕方なしに検索エンジンを使う」という人も、中にはいるということです。

そのため、記事を呼んだ人の悩みを早い段階で解決してあげるためにも、下記のように「利便性」のいい記事を書く必要があるわけです。

  1. 検索した人が今まさに抱えている「悩み」や「質問」に対して「正確な答え」を示している記事。

  2. 検索した人が抱えると予想できる「悩み」や「質問」を確実に解決できそうな情報を「先回りして」提供している記事。

  3. 他にも同じような情報のブログがあったとしても、「どこよりも早く答えが分かる」記事。

  4. 他にも同じような情報のブログがあったとしても、「どこよりも見やすい、分かりやすい」記事。どこよりも「常に最新の情報」を発信している記事

 

今お伝えしたような情報が、まさに検索した人にとって利便性の高い記事です。

僕は普段、そこまでSEOを意識して文章は書かないんですが、「絶対1位をとる!」と決めて書いた記事もあります。

 

ちなみに僕が検索1位を獲得すると決めて書いた記事はこちらです。

 

この記事は、僕と同じ病で悩んでいる人の役に立ててほしいと考えて書いた記事です。

文章自体は読んでもらうのが恥ずかしいレベルですが、当時かなりの熱量を込めて書いた結果、実際に1位をとることができ、現在でもGoogle検索で1位を維持できています。

 

SEOのテクニックを駆使して、検索システムに喜ばれる文章を書くことも必要な面はありますが、「画面の向こうで文章を読むのは人間」だということは、忘れないでほしいことです。

 

まとめ.SEOの本質を理解してブログで検索上位を目指そう

今回は「SEOライティングの基礎」についてお話しました。

 

あなたがブログを使って「集客につなげたい」や「収益化に繋げたい」という思いがあるならば、SEOについて勉強することは強力な武器になるでしょう。

 

ただ、ガチガチにSEOを意識しすぎると人間味が無くなってしまう危険もあります。

あくまで補助的に使うようにしてくださいね。

 

SEOを意識した文章を書く上で気を付けるべきポイントは下記の3つ。

  • このタイトルは検索する人の「意図をくみ取れているか?」
  • 記事の内容は検索する人の「悩みや質問を解消できそう」か?
  • 記事の内容は「わかりやすく見やすい」か?

 

この3点を意識するだけでも、読者に喜んでもらえるコンテンツを作ることができます。

これから記事を書くときには意識してみてくださいね。

 

ではでは、最後までありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住のセールスコピーライター。 商品(サービス)の価値を言語化し、「必要な人に必要なモノを届ける」ことを生業としている。 最近は、クライアントに安心と確かな価値を提供するため、薬機法ライティングについてもコソコソ研究中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© コピラボ|コピーライティング研究所 , 2018 All Rights Reserved.

error: