福岡在住のセールスコピーライターがこっそり運営する「ことば選び」の研究部屋

SEOライティングの基礎を固めよう!Googleから評価されるブログ記事の書き方

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住、2人の娘を持つセールスコピーライター。 「だれでも自分の魅力を資産化できる」という理念のもと、価値をキチンと伝える文章術や自分メディアの運営ノウハウについて発信している。 信念は「お金を理由に子供の夢を諦めさせる」父親にならないこと。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、セールスコピーライターの中村です。

今回は、Googleの検索上位に表示されるための記事の書き方「SEOライティング」についてお伝えします。

 

ブログを書いている人の中には、「SEO対策」と聞いただけで拒否反応を起こす人もいますよね。

SEOを嫌う理由は、「自分がブログを書いているのは機械のためじゃない! 読者に向けて書いているんだ!」という感情から生まれています。

 

ただ、いくら素晴らしい情報を発信していたとしても、「人の目に触れなければ意味がない」ですよね。

今回お伝えするSEOライティングは、「検索エンジン」と「人間」の両方にアプローチする方法です。

 

あなたの情報を必要な人に届けるためにも、基礎をキチンと理解していきましょう。

SEOライティングができるようになると、あなたの文章で上位表示を目指せますよ

中村

Googleの検索結果を私の記事で埋め尽くした-い!

文子

 

そもそもなんでSEO意識したライティングが必要なの?

疑問を投げかけているイラスト

SEOとは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略称の事をいいます。

詳しくは下記のような感じです。

検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、英: Search Engine Optimization, SEO、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)とは、検索エンジンのオーガニックな検索結果において特定のウェブサイトが上位に表示されるようウェブサイトの構成などを調整すること。また、その手法の総称。

引用:検索エンジン最適化 – Wikipedia

簡単に言うと、GoogleやYahooなどの検索エンジンのルールに最適化したWebサイトを作り、狙ったキーワードを上位に表示させることで、訪問者を増やす手法のことをいいます。

基本的にはGoogleに評価されるコンテンツを書き溜めていくことが大切です。

 

検索エンジンとひと言でいっても、Google、Yahoo!、Bingなど様々なものがありますが、日本での検索シェアはGoogleとYahoo!で約90%、Bingで5%前後です。

Yahoo!はGoogleの検索技術を使っているので、日本での検索エンジン対策は、Google対策とほぼイコールになります。

 

あなたもビジネス目的でWordPressを使っているならば、「集客」や「収益化」を目指しているはずです。

それを考えると、「検索上位に自分のサイトが表示されていることによるメリット」がどれほど大きいのかをイメージできるのではないでしょうか。

 

単純アクセスを増やすだけならば、「FacebookやTwitterといったSNSを使えば、簡単に増やせるんじゃないの?」と思うかもしれません。

 

でも、SNS経由のアクセスよりも、検索経由のアクセスのほうが効果的に集客できるんです。

僕が検索経由のアクセスの方がいいという理由は2つあります。

  1. 質のいいアクセスを集めることができる
  2. 上位表示されている限り継続的にアクセスが集まる

 

つまり、「理想の顧客を継続的に集めることができる」というのが、検索経由のアクセスを集めるための記事の書き方、SEOライティングを身につける最大のメリットだということがいえます。

 

SEO対策には大きく分けて2種類の方法がある

SEO対策とひと言でいっても、大きく分けて2種類の方法があります。

その2種類とは下記の通りです。

  1. ブラックハットSEO
  2. ホワイトハットSEO

では、「この2種類の方法は何がちがうの?」という疑問を解消していきますね。

 

方法1.ブラックハットSEO

ブラックハットSEOとは、 Googleが定めるガイドラインに反し、 アルゴリズムの穴を突いて不正に検索順位を上昇させるための手法を指します。

 

以前のSEOは検索エンジンの仕組みが今ほど完成されておらず、検索エンジンの隙をついた方法で上位表示させることができていたんです。

 

そのページが本当に検索ユーザーにとって価値を与えているのかどうかは関係なく、テクニック次第でどんなページでも上位表示させることができていた怖い時代だったんですね。

 

その結果、インターネット上に悪意のあるページや検索した人を騙してお金を巻き上げることを目的としたページが蔓延してしまうという問題が生まれてしまいました。

検索する人からしたら、そんな信用できない情報が蔓延している検索システムなんて使いたくないですよね。

 

Googleの主な収入源は広告収入なので、検索してくれる人たちが離れてしまっては死活問題になります。

そこで、googleは仕組みを改善し続けることで、今では以前と比べて遥かに優れた検索エンジンになり、ブラックハットSEOはぺナルティを受けやすくなったわけです。

いまでもブラックハットSEOで成果を出している人もいるようですが、危険と隣り合わせだということは変わらないので、あまりおすすめしません。

中村

 

方法2.ホワイトハットSEOとは

ホワイトハットSEOは、ブラックハットSEOとは対極にある考え方です。

検索エンジンのガイドラインに沿って、Webサイトを最適化すること、またはその手法を指したものを指します。

 

具体的には、Googleが公開している検索エンジン最適化スターターガイド – Googleや、ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)で推奨されているような形で行われるSEOのことを指します。

品質に関するガイドラインー4つの基本方針

1.検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。

2.ユーザーをだますようなことをしない。

3.検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。
その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。

4.どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトといえるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

引用:Googleウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)より

この4つの基本方針を見ると、Googleがいかにユーザーの事をいかに大切に考えているかがわかりますよね。

そのため、僕たちはGoogleを使う検索する人の事を徹底的にイメージする必要があるわけです。

 

最近の検索エンジンは「ユーザーが検索する意図」を推測して検索結果を表示させることができるようになり、上辺のテクニックだけでは上位表示させることが難しくなっています。

 

SEOライティングがブログにもたらす4つのメリット

SEOライティングを身につけることができれば、あなたのビジネスチャンスは広がります。

なぜなら、SEOライティングを身につければ「24時間365日働く営業マン」を雇うのと同じ効果を得ることができるからです。

 

24時間働く営業マンといわれてもイメージが湧かないと思うので、4つのメリットという言葉に言い換えて解説していきますね。

  1. 濃い見込み客を集客できる
  2. 上位表示されることで信頼度が高まり、読者に安心してもらえる
  3. 長期間に渡り、安定した集客ができる
  4. 低コストで集客ができる

この4つのメリットを上手く使えば、コストをかけて宣伝をする必要はなくなります。

 

では、ひとつずつ確認していきましょう。

 

メリット1.濃い見込み客を集客できる

SEOライティングを身につけるべき理由の1つ目は、「濃い見込み客を集めることができる」という点です。

検索エンジンを使う人は「自分の悩みや疑問に対する答えを求めて」検索しています。

 

たとえば、

「ダイエット 楽に痩せる方法」というキーワードを検索する人の場合は、

  • できるだけ「効率的にダイエットで成果を出したい」と考えている
  • ダイエットはしたくないけど「楽して痩せたい」と考えている

 

「子連れ キャンプ おすすめ」というキーワードだとすると、

  • 「子連れのファミリーでも楽しめるキャンプ場の情報」を求めている
  • キャンプが別にしたいわけでなく、「子供を喜ばすための場所や方法」を探している

こんな感じの目的をもって検索しますよね。

 

このように、検索経由で読者が訪れることを「プル型」のアクセスといいます。

プル型とは

必要な情報をユーザーが能動的に「引き出しに行く」タイプの技術やサービスのこと。「プッシュ型」との反対語として利用されることが多い。

WebブラウザーにWebページのURLを入力したり、Webページのハイパーリンクをクリックしたりする操作により情報を引き出すWWW(World Wide Web)はプル型のコンテンツである。

こうしたクライアント主導型の方式を「スマートプル型」という。

引用:プル型(ぷるがた)とは – コトバンク

つまり、SEOを活用したプル型のアクセスは、読者が求めている記事を表示させることで「積極的にクリックして記事を読む」といった行動に繋がるということになります。

 

一方、SNSのように一方的に情報を発信することで見つけてもらうことを「プッシュ型」のアクセスと呼びます。

イメージしてもらえば分かるかと思いますが、SNSを使ったアクセスは「情報を求めていない人」も含まれているので、集まるアクセスは「プル型」ほど濃い読者ではない可能性があるということになります。

 

メリット2.上位表示されることで信頼度が高まり安心につながる

SEO対策のメリット2つ目は、上位表示されることで信頼度が高まり利用者の安心に繋がるという点です。

検索の上位に表示されるということは、多くのアクセスを期待できるだけでなく「訪問者の信頼度を高める」ことにもつながります。

 

SEOの知識を知らない人にとっては、「検索上位に表示されている=いい商品(サービス)」という認識が一般的です。

同じような商品であれば、「検索10位」よりも「検索1位」の商品のほうに安心感を感じるわけです。

 

お客さんの立場にたってみたらイメージしやすいですよね。

ネット上では、実物を見ることができないので「信頼感」が何より大切になります。

 

それを考えると「検索上位表示されている」ことで「信頼」を得ることに繋がるわけですね。

 

メリット3.長期間に渡り、安定した集客ができる

SEO対策をすべき3つ目の理由は「継続的にアクセスを集めることができる」という点です。

基本的に、SNSを使った情報は「旬が短い」傾向にあります。

 

SNSでは、情報が時系列に並ぶので、古い情報はすぐに流れてしまうんですね。

 

その証拠に、Facebookでブログの投稿に反応があるのは「2,3日」ではないでしょうか。

SNSで投稿してアクセスを集めようを思ったら「投稿し続けなくてはいけない」のが現実なわけですね。

 

一方、SEOに成功した記事は「情報の新しさ」が評価の対象になるのではなく、「検索ユーザーが求めている情報(コンテンツ)になっているか否か」という視点で評価されることになります。

つまり、Googleに評価された記事であれば「1年前に公開されたコンテンツ」でも、上位表示されアクセスを集め続けてくれるのです。

 

以上、2つの理由から「SEOを意識したライティングを身につけることで、理想の見込み客を集客できる可能性が高まる」わけです。

 

メリット4.低コストで集客ができる

SEO対策のメリット4つ目は、低コストで集客できるということです。

 

一般的に、広告を理想して集めたアクセス数は広告を止めると落ちてしまいます。

しかし、ブログで記事を書きコンテンツ化していくことで、それが資産として積みあがっていくんですね。

 

さらに、SEOを意識して記事を書き検索上位に表示させることができれば、長期にわたり安定して集客できるわけです。

このように、ブログを使ったSEOライティングを身に付ければ、集客コストを大幅に下げることができるのということですね。

 

WordPressを使ったブログで集客をするならば、年間約13000円(サーバーとドメイン代)ほどで、集客できますしね。

 

ここまで話したように、SEO対策をする上ではメリットの部分ばかりが目立ちますが、実は万能に見えるSEOにも弱点があるんです。

それをこれからお話ししていきますね。

 

WordPressを使ったSEO対策のデメリットと解決策

あなたのサイトにとって、SEOライティングは武器になりますが、残念ながら弱点もあります。

 

具体的には下記の3つです。

  1. 効果が出るまでに時間がかかる
  2. 対応しきれない環境要因もある
  3. SEOのノウハウはあくまで仮説で正解は分からない

この3点がSEO対策をする上で、乗り超えなくてはいけない壁となります。

 

「弱点もある」ということを意識した上で解決策を考えることで、より成果を出しやすくなるのでお伝えしていきますね。

 

デメリット1.上位表示されるまでに時間がかかる

1つ目のデメリットは、上位表示されるまでに時間がかかるという点です。

一般的にWordpressを使うと、スタートしてから3か月~半年間は、なかなかGoogleに評価してもらえないといわれています。

 

Googleの検索エンジンも、無数にあるサイトの中から新しいサイトを見つけるののには時間がかかるわけですね。

 

解決策としては、SNSと連動して自分の記事にアクセスを集める方法もあります。

個人ブログであれば、最初の内は人が来ないことを利用して、多少不備があっても60点くらいであれば、どんどん記事を公開してしまうことで、「更新頻度」という評価を得ることもできるわけです。

 

デメリット2.対応しきれない環境要因もある

2つ目は、対応しきれない環境要因も存在するということです。

 

たとえばこんなことが考えられますね。

  • 狙いたいキーワードのボリュームが少ない
  • 狙いたいキーワードのライバルが強すぎる

このように、いくら上位表示できても全く人を集めることができないキーワードと、上位表示出来れば、かなりのアクセスが期待できるのに競合が強すぎて勝てないキーワードというものがあります。

 

このように、いくら頑張っても自分の力ではどうしようもない環境にあるというのもSEOの弱点といえます。

解決策としては、「検索件数が多くライバルも弱いキーワード」を探しだして、上位表示を目指すという方法があります。

 

デメリット3.SEOのノウハウはあくまで仮説で正解は分からない

SEOの弱点3つ目は、ノウハウはあくまで仮説にすぎず正解が分からないという点です。

基本的に検索エンジンは意図的に検索結果を操作する行為を禁じています。

 

そのため、検索順位の決め方に関してはトップシークレットであり教えてくれることはありません。

ウェブマスター向けガイドラインのように、ヒントをくれることはありますが、「こうやったら上位表示されるよ」という答えを教えてくれることはないんですね。

 

つまり、世の中にあるSEO対策はすべて「仮説」の域を出ないというわけですね。

ただ、Googleの出している公式発表を参考にしながら、仮説を立てることで狙って上位表示させることは十分可能なので、安心してください。

 

Googleがユーザーの利便性(使いやすさ)を最優先に考える理由

Googleが読者の利便性を最優先に考えている理由は「Googleの経営が広告によって成り立っているから」です。

どういうことかというと、たとえばYahoo!のトップページには広告が表示されますが、Googleのトップページには「広告がない」ですよね。

 

Googleの検索結果には、広告が表示されますが「広告」という文言がついています。

これにより、検索してきたユーザーが「純粋な記事」と「広告」を簡単に区別することができますよね。

 

つまり、使用者の使いやすさを最優先に考えることで、Googleの収益につながっていということですね。

  1. Googleが便利になるほど、使うユーザーは増える
  2. 広告がより多くのユーザーの目に触れる
  3. 広告をクリックする人も増える
  4. 広告に掲載する企業が増える
  5. Googleの広告収益が増える

 

普通、広告は「いかにクリックしてもらうか」が勝負になるので、「広告」と明示されていることは広告費を払ってくれるスポンサーを減らす行為に繋がりそうな気がしませんか?

ではなぜ、スポンサーを減らす危険を冒してまで「広告」と明示させるのか?

 

その理由は、Googleの経営理念である「Googleが掲げる10の真実」で知ることができます。

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能する。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。

引用:Google が掲げる 10 の事実

上記10か条の中で、特に1つ目の「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる」という部分が、検索結果に「広告」と明示させる理由になります。

だからこそ、Googleはユーザーが満足するコンテンツを表示させようと、検索エンジンの仕組みを調整し続けているんです。

 

検索する人にとって利便性が高い記事とは?

検索する人にとって利便性の高い記事とは「自分の悩み・疑問を分かりやすく解説してくれる」記事です。

 

もし、あなたがブログに集客する方法で悩んだ場合。

近くにブログが詳しい人がいたら、わざわざ検索をするでしょうか?

 

おそらく検索せずに、詳しい知人に教えてもらうことでしょう。

人って基本的に、面倒くさいことはしたくないですからね。

 

「仕方なしに検索エンジンを使う」という人も、中にはいるということです。

そのため、記事を呼んだ人の悩みを早い段階で解決してあげるためにも、下記のように「利便性」のいい記事を書く必要があるわけです。

  1. 検索した人が今まさに抱えている「悩み」や「質問」に対して「正確な答え」を示している記事。

  2. 検索した人が抱えると予想できる「悩み」や「質問」を確実に解決できそうな情報を「先回りして」提供している記事。

  3. 他にも同じような情報のブログがあったとしても、「どこよりも早く答えが分かる」記事。

  4. 他にも同じような情報のブログがあったとしても、「どこよりも見やすい、分かりやすい」記事。どこよりも「常に最新の情報」を発信している記事

 

今お伝えしたような情報が、まさに検索した人にとって利便性の高い記事です。

僕は普段、そこまでSEOを意識して文章は書かないんですが、「絶対1位をとる!」と決めて書いた記事もあります。

 

ちなみに僕が検索1位を獲得すると決めて書いた記事はこちらです。

 

この記事は、僕と同じ病で悩んでいる人の役に立ててほしいと考えて書いた記事です。

文章自体は読んでもらうのが恥ずかしいレベルですが、当時かなりの熱量を込めて書いた結果、実際に1位をとることができ、現在でもGoogle検索で1位を維持できています。

 

SEOのテクニックを駆使して、検索システムに喜ばれる文章を書くことも必要な面はありますが、「画面の向こうで文章を読むのは人間」だということは、忘れないでほしいことです。

 

まとめ.SEOの本質を理解してブログで検索上位を目指そう

今回は「SEOライティングの基礎」についてお話しました。

 

あなたがブログを使って「集客につなげたい」や「収益化に繋げたい」という思いがあるならば、SEOについて勉強することは強力な武器になるでしょう。

 

ただ、ガチガチにSEOを意識しすぎると人間味が無くなってしまう危険もあります。

あくまで補助的に使うようにしてくださいね。

 

SEOを意識した文章を書く上で気を付けるべきポイントは下記の3つ。

  • このタイトルは検索する人の「意図をくみ取れているか?」
  • 記事の内容は検索する人の「悩みや質問を解消できそう」か?
  • 記事の内容は「わかりやすく見やすい」か?

 

この3点を意識するだけでも、読者に喜んでもらえるコンテンツを作ることができます。

これから記事を書くときには意識してみてくださいね。

 

ではでは、最後までありがとうございました。

 

⇒当サイトに来られた方はこちらのページもご覧になっています

 

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住、2人の娘を持つセールスコピーライター。 「だれでも自分の魅力を資産化できる」という理念のもと、価値をキチンと伝える文章術や自分メディアの運営ノウハウについて発信している。 信念は「お金を理由に子供の夢を諦めさせる」父親にならないこと。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© こぴらぼ|コピーライターの研究室 , 2018 All Rights Reserved.