2017/04/20

セールスコピーライターとして実現していきたい3つの夢

 

この記事を書いている人 - WRITER -

広島出身、関西在住のセールスコピーライター。

ブログやメルマガといったツールを活用し、文章で信頼関係を築くライティングを得意としている。

自身が過去に病気を患ったことがきっかけで、大切な人(家族、友人)と過ごす「当たり前の日常」に幸せを感じるようになった、2人の娘を持つパパライター。

➡詳しいプロフィールはこちら

中村 悠

この記事を書いている人 - WRITER -

広島出身、関西在住のセールスコピーライター。
ブログやメルマガといった手段を使い、文章で信頼関係を
築くライティングを得意としている。

自身が過去に病気を患ったことがきっかけで、
大切な人(家族、友人)と過ごす「当たり前の日常」に
幸せを感じるようになった、2人の娘を持つパパライター。

詳しいプロフィールはこちら

うも、コピーライターの中村です。

あなたには夢はありますか?

 

夢の話をするとバカにする人も世の中にはいます。

夢を語ることは恥ずかしいことだという人もいます。

 

それでも夢を語ることは人生を豊かにするために必要なことです。

だから、夢を持つことは決して恥ずかしいことではありません。

 

夢を語れない大人が増えると世の中はつまらなくなっちゃいますもんね。

今回は、いつもブログを読んでくださるあなたに僕が叶えたい3つの夢をお話しさせてください。

 1つ目の夢:娘にかっこいいと思われる父親になる

僕の祖父は小さな畳屋を営んでいました。

 

職人気質のとにかく豪快な人だったんです。

  • 釣りが趣味で、釣り好きの仲間を集めて釣りクラブをつくったり
  • しょっちゅう釣り仲間を呼んで家で宴会をしたり
  • 生涯の中で家を4軒立てたり(キャッシュで)
  • 商品をかった事を忘れて同じような商品を何回も買ったり(これは違うか)

 

最終学歴は小卒、10人兄弟の長男という極貧生活から畳屋を立ち上げて、ここまで豪快な人生を送った祖父を子供ながらに最高にカッコいいと思いました。

それと同時に、自分もそんな男になりたいと思うのは自然な流れでした。

 

そんな祖父の背中を見て育った結果、生まれた1つ目の夢が「娘にかっこいいと思われる父親になる」ことでした。

 

 

2つ目の夢:限られた時間を本当に好きな相手と自由に過ごしたい

2つ目の夢は、コピーライティングに出逢ったことがきっかけで生まれました。

 

コピーライティングに出逢ってからは、毎日のようにパソコンに向かい「どんなことを書けば見てくれる人の役に立つだろう?」と考えながらカタカタしていますが、1年前はこんな日がくるとは想像もしていませんでした。

 

何かしたいけど何をしていいかわからない日々

コピーライティングに出逢うまで、何かしたいという気持ちはあるけど、
具体的に何をしたいかが見つからない…

そんな状況がずっと続いていました。

 

今考えてみると、その原因として、セルフイメージの低さがあったのではないかと思っています。

具体的になぜ、セルフイメージが低かったかというと、「自分には秀でたスキルが何もない」という思い込みを持っていたんです。

 

自分に自信がなかった。

 

でも、希望は捨てたくない。

モヤモヤした気分と闘いながら過ごしていました。


そんなときに、コピーライティングの存在を知ることに。

衝撃でした。

「このスキルを身に付ければ、自分が今までしたいと思っていたことが実現できる!」

その後、寝ても覚めてもコピーライタ―になることしか考えられなくなりました。

 

強烈な思いが生まれたワケとは

強い思いが生まれた理由とは、僕が前々から思っていた事が実現できるから。

 

それが何かというと…

「限りある人生の時間の多く好きな人と時間に使いたい」という願いです。

・家族と一緒に過ごす時間
・今まで苦労を掛けてきた、両親に恩返しする時間
・気の合う友人と過ごす時間
・仕事を通じて出会ったパートナーとの時間

 

限られた時間を本当に好きな相手と自由に過ごしたい

それが僕の夢だったことを思い出しました。

僕は潰瘍性大腸炎という病気になったことがきっかけで、何気ない日常の大切さを知ったはずでした。

 

でも現実はどうか…?

 

理想と現実のギャップに悩んだ時期

毎日、決まった時間に会社に行き同じ仕事を繰り返す日々に疑問を感じ始めている自分がいました。

 

休みもちゃんとあり、残業もしないように指導される。

一般的に見て、素晴らしい会社です。


上司、同僚もいい人ばかりで、本来ならば文句のつけようがありません。

でも、現状に満足していない事に気付いてしまったんです。

 

1度、会社の倒産を経験しているので、現状維持に安心することの危険性を感じていたからかもしれません。

 

現状の自分のモノサシで考えず、まず行動してみる


でも困ったことに、僕には
会社をやめて独立する能力も産まれ持った秀でた才能もない。


しかし、幸か不幸か僕は昔から、やりたいと思ったことを実現しないと気が済まない性格だったんです。

 

自分は何がやりたいのか?

生涯をかけてやりたい仕事は何なのか?

 

ひたすら探しつづけました。

様々な本も読みました。(自分探しの旅には出ていません)

やりたい事を探す過程で興味を持った筆文字にもチャレンジしていき、最終的に自分は「言葉に強い関心がある」ということに気付いたんです。

そして、最終的にコピーライティングに辿り着くことに。

 

セールスコピーライティングとの出逢い

ある時、知人のFacebookの投稿でセールスコピーライター養成講座という講座の事をを知りました。

その時は、どうしても妻に話す事が出来ず、行動しなかった事を後から後悔したのをよく覚えています。

 

その、半年後。

同じコピーライター養成講座の記事を知人が投稿しているのを発見し、いてもたってもいられず直接話を聞きました。

 

話を聞いてしまった僕は、気持ちを抑える事が出来ずに妻に想いをぶつけたんです。

 

これ以上ないぐらいの大反対を受けました、それもそのはず・・・。

相談したとき、妻は妊娠したばかりでした。

 

側にいてほしいはずの夫が毎月、東京に行かせてほしいと頼み込むわけですから、普通に考えてあり得ないタイミングだったはずです。

しかし、最終的には許してくれました、この決断には本当に感謝をしています。

 

この決断を無駄にしないためにも、

限られた時間を本当に好きな相手と自由に過ごしたい

という2つ目の夢もぜひ実現していきたいと思います。

 

3つ目の夢:本物の商品だけが生き残る世の中にしていきたい

最後の夢は、生涯をかけて叶えていきたい夢です。

僕がコピーライターを目指す中で、一番衝撃を受けたこと。

それは、良い商品を扱っているのに、伝え方を知らないばかりに日の目を見ない経営者が沢山いるということ。

 

本当に良いものより、よく見える粗悪品のほうが売れてしまう世の中です。

 

そんな、世の中を変えていきたいと思っています。

もちろん、僕一人の力は微々たるものですが、全国にいる本物を扱う経営者とコピーライターの力が合わされば、いつか実現できると信じています。

 

僕の夢はまだ始まったばかりですが、日々実現に向かいコツコツやっていきます。

もしかしたら、あなたが僕の夢である、「長い時間を一緒に過ごしたい”好きな人”」になる可能性もありますね。

 

それが友人なのか、ビジネスパートナーなのかは、まだわかりませんが^^

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。

⇒当サイトに来られた方はこちらのページもご覧になっています

 

 

現役セールスコピーライターが本気で作った
完全無料の参加型メルマガ講座

煽ることなく自然とあなたの商品が売れていく
「価値が伝わる文章の秘訣」を全部公開します

 
この記事を書いている人 - WRITER -

広島出身、関西在住のセールスコピーライター。
ブログやメルマガといった手段を使い、文章で信頼関係を
築くライティングを得意としている。

自身が過去に病気を患ったことがきっかけで、
大切な人(家族、友人)と過ごす「当たり前の日常」に
幸せを感じるようになった、2人の娘を持つパパライター。

詳しいプロフィールはこちら

Copyright© こぴらぼ☆コピーライティング研究所 , 2016 All Rights Reserved.