2017/10/12

【総まとめ】ブログ100記事達成時の「PV」と「収益」は? 継続することの重要性と効果を振り返ってみる

 

この記事を書いている人 - WRITER -

広島出身、関西在住のセールスコピーライター。

ブログやメルマガといったツールを活用し、文章で信頼関係を築くライティングを得意としている。

自身が過去に病気を患ったことがきっかけで、大切な人(家族、友人)と過ごす「当たり前の日常」に幸せを感じるようになった、2人の娘を持つパパライター。

➡詳しいプロフィールはこちら

中村 悠

この記事を書いている人 - WRITER -
広島出身、関西在住のセールスコピーライター。 ブログやメルマガといった手段を使い、文章で信頼関係を 築くライティングを得意としている。 自身が過去に病気を患ったことがきっかけで、 大切な人(家族、友人)と過ごす「当たり前の日常」に 幸せを感じるようになった、2人の娘を持つパパライター。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、コピーライターの中村です。

今回の記事で、ようやく僕もWordPressでブログをはじめてちょうど100記事目となります。

 

100記事書いたといっても「3ヵ月で100記事!」という、お手本のようなペースで書いたわけではありません。

11ヵ月もかかって100記事という、バリバリ記事更新をしている方からしてみれば、「何やってんだ!」と怒られてしまうようなスローペースです。

 

こんなに時間かかっていれば、普通は記事にしませんよね?

「11ヵ月かかっての100記事」なんて何もすごくありませんから。

 

でも今回、記事にしちゃいました。

なぜだと思いますか?

 

 

その理由は、「時間はかかっても、ブログを100記事書けば自分の方向性が見える」と伝えたいからです。

 

僕の場合は「11ヵ月もかかってようやく100記事」というナマケモノペースですが、世の中には「3か月で100記事を書いた!」という人がゴロゴロしているように見えます。

 

 

「ん……?見えます?」と思いました?

 

 

実際「ブログ 100記事」と検索したら「3か月で100記事書いてみた」というような記事がゴロゴロ出てきます。

でも、基本的に3か月で100記事書いた人しか記事にしませんよね?

 

ネットだけを見ると、成果を出している人ばかりで自信を喪失してしまうかもしれませんが、世の中の大多数の人は100記事書く前に挫折しています。

 

なので、時間が多少かかっても100記事書いた経験というのは大きな糧と自信になります。

 

そして、1番のメリットは自分のブログの方向性が分かってくるということです。

 

理想のぺースからいえば、僕はかなり記事の更新スピードは遅い部類に入りますが、それでも100記事を書いてみて得たものや気づきはあるわけですね。

 

今回は、僕がナマケモノペースで仮説と検証を繰り返してきた100記事の振り返りを徹底解説していきます。

※かなりボリュームのある記事なので、いきなり全部読む必要はないです。^^目次からスキップして気になる項目から読んでみてくださいね。

 

 

ブログを100記事書いたことで分かった3つの効果性

まず最初は、ブログを100記事書いたことでどんな変化があったのかを書いておきます。

3つのポイントに関しては悩む人も多いと思うので詳しくお伝えしておきますね。

 

具体的には、

  1. ブログを100記事書いた時点の文章力
  2. ブログを100記事書いた時点のPV(アクセス)
  3. ブログを100記事書いた時点の収益(収入)

この3つの項目についての事実(結果)を赤裸々に告白していきます。

 

では、1つずつ具体的にお話していきますね。

 

ブログを100記事書いた時点の文章力は?

ブログを書き始めた当初、僕には文才のカケラもありませんでした。

そんな文才のない僕でも、100記事書くと少しはボリュームのある記事も書けるようになるんですから不思議なものですよね。

 

▼ブログを書き始めた初期に書いた記事。

 

この記事は1700字程度ですが、4,5時間かかったのを今でもよく覚えています。

今見るとかなり恥ずかしい文章ですね……汗

 

 

▼最近書いた記事の中で一番ボリュームのある記事

 

この記事は14000字弱で、現時点では一番ボリュームのある記事です。

書くのに1週間くらいかけた上に、細かい修正も合わせると60回くらいリライトしています。

 

このように単純に文字数というボリュームだけを見ても、ブログ開始当初に比べれば格段に書けるようになっています。

 

ただしSEOライティングで記事を書く上で大事なのは文字数ではなく、読者が求めている情報に対しての網羅性なので文字数だけに踊らされないように注意してくださいね。

 

▼ネット上の文字数の常識が合っているのか検証してみた記事

 

更新スペースが遅いとしても、100記事も書けば文章は上達します。

文才ゼロだった僕でもある程度書けるようになったので、あなたもきっと大丈夫です。

 

いきなり100記事を目指すのがハードルが高いと感じるようならば、まずは30記事書いてみることからスタートしてみてください。

仮説をもって諦めずに継続していれば、必ず文章力は上達します。

 

 

で、ですね。

100記事書いて文章も上達していけば、記事を読んでもらえる時間も増えるし、自然とPV(アクセス)も増えると思いませんか?

僕はPVが自然と伸びると思っていたんです。

 

では実際は少し違っていました。

 

多少なりとも文章力の向上を実感できたので、PVの伸びも期待していましたが思うように伸びなかったわけです。

その点についても赤裸々に告白していきますね。

 

ブログを100記事書いた時点のPV(アクセス)は?

ブログを100記事書いた時点でのPV(アクセス)については、結論からいうと目標には届きませんでした。

 

PVが伸びなかった原因としては、「記事の更新頻度が少ない」この一言に尽きますね。

僕がWordPressでブログをスタートしてからの記事の更新ペースを赤裸々に暴露しますので、「こうなってはいけないんだな」という反面教師にしてください。笑

 

ブログを100記事書くまでの記事更新のペース

WordPressでブログを開始した、2016年10月からの記事更新のペースは次のような感じで更新していきました。

  • 10月……17記事
  • 11月……22記事
  • 12月……13記事
  • 1月……10記事
  • 2月……12記事
  • 3月……5記事
  • 4月……5記事
  • 5月……6記事
  • 6月……5記事
  • 7月……2記事
  • 8月……1記事
  • 9月……3記事

こうやって並べて書いてみると、見事に失速していますね。

 

この記事の更新ペースがPVに直接影響しているかは分かりません。

ただ、早いスパンで記事を書いていくことでブログのドメインパワーが強化されるので、SEOの観点では記事の更新頻度が高い人の方が有利になりそうですね。

記事の更新頻度が高いと言い切らないのは、正解はGoogle先生にしか分からないからです。

中村

 

 

ブログを100記事書くまでのPV(アクセス)の推移

記事の更新自体がスローペースだったこともあり、PV(アクセス)も伸びていません。

具体的に毎月のアクセスがどれくらいあったかも暴露しておきますね。

  • 10月……2016PV
  • 11月……2458PV
  • 12月……1976PV
  • 1月……2506PV
  • 2月……3284PV
  • 3月……4676PV
  • 4月……6869PV
  • 5月……6430PV
  • 6月……8612PV
  • 7月……8118PV
  • 8月……7506PV

本当に、書いていて切なくなるくらいのアクセス数です。笑

 

ブログを始めた当初に、100記事書くまでに1万PV 達成するという目標立てていましたが、残念ながら未達に終わっています。

やっぱり定期的に記事は書かないとだめだね

中村

だから言ったのに~

文子

 

唯一の救いは、途中からSEOをある程度意識して記事を書いていたので、記事の更新が少なくてもPV(アクセス)が、ある程度安定しているということでしょうか。

 

SEOを意識して記事を書く際には、キーワードのボリューム数よりも効果性に重点をおくようにしていました。

 

普通に考えたら、PV(アクセス)が多い方が収益化もしやすいと思いますよね?

当然、PVが多い方が収益化しやすいのは事実です。

 

では、PVが少なければ収益化をすることは不可能なのでしょうか?

実際どうだったのかを続いてお話ししていきますね。

 

ブログを100記事書いた時点の収益(収入)は?

ブログを100記事書いた時点で、多少なりとも収益化することはできました。

収益化できたといっても、平均7500PVくらいしかないブログなので参考にならないかもしれませんが。

 

収益化については別の記事でも書いているので、今回は結果について簡単に触れるだけにしますね。

 

▼少ないPVで収益化できた方法について詳しく書いた記事はこちら

 

結論からいうと、ブログ開始後半年くらいは収益ゼロでした。

収益を考えるよりも、資産となる記事を書くことを意識していたのでマネタイズに繋がる記事がなかったという理由もあります。

 

とはいえ、やはりブログを始めて、最低半年くらいは収益ゼロでも我慢が必要ということでしょうか。

マネタイズとは

ネット上の無料サービスから収益をあげる方法のこと。

収益事業化。もともとは金属から貨幣を鋳造するという意味で使われていたが、2007年頃からIT用語として使用されるようになった。

インターネットには数多くの無料サービスが存在するが、サービスの提供側は様々な方法で無料サービスからの収益をあげる工夫を行っている。

引用:コトバンク マネタイズ

僕のブログの場合、100記事のうちキャッシュポイントになる記事は4記事しかありません。

 

それでも月に10万円前後くらいは、1つのブログから収益を生み出してくれています。

あくまで勉強のために始めたブログではありますが、価値提供の結果、商品を購入してくださる方がいることはありがたいですね。

中村

 

「少ないPVでもある程度の収益化に繋がっている理由は何だろう?」と振り返りながら考えてみました。

その結果思いついた点として、軸をブラさないためにマインドセットをしっかりとしておいたことに気付きました。

 

マインドセットと聞くと「抽象的で怪しい」と感じる人がいますが、成果を出すためにはめちゃめちゃ大事なことなのでお伝えしておきますね。

 

少ないブログのPV(アクセス数)で収益化3つのマインドセット

僕がブログを運営する上で、最初に決めていたマインドセットは3つあります。

これは、僕がコピーライティングを学んだ人から教えてもらったものですが、僕の原点となっている考え方です。

 

具体的には、

  • マインドセット1.書き続ける事
  • マインドセット2.人に与えること
  • マインドセット3.未来を見据えること

この3つのマインドを軸にしてブログを運営してきました。

マインドセットについてお話ししていく前に、「マインドセットって何となく使ってるけど、実際のところどんな意味があるの?」と思ったあなたのために説明しておきますね。

中村

意味が分からないまま何となく使うと理解しにくいですもんね~

文子

 

マインドセットとは、

考え方の基本的な枠組みのこと。

組織に対してだけでなく、個人に対しても用いられる。

組織においては、マインドセットは企業の意思決定のうえで重要な役割を担う。

それは現在の事業内容や経営理念、過去の経験等から構成され、今後の達成目標や対象とする相手、利用できる手段等を定める際の指針となる。

また個人においては、マインドセットは職務に必要な知識や技能を明確に意味づけるのに役立つ。

同じ知識や技能を学ぶにしても、その意味や目的を意識するのとしないのとでは、結果に大きな違いが出ることがある。

引用:コトバンク マインドセット

つまり、マインドセットをしっかりとしておくことで壁にぶつかったり、挫折しそうになった時にも軸をブラさずにブログを運営できるわけです。

 

マインドセットは本当に大切です。

マインドセットができていれば、ほぼほぼ、結果はついてくるはずです。

 

では、僕が軸にして運営していった3つのマインドセットについてお話ししていきますね。

 

マインドセット1.書き続ける事を意識する

マインドセットの1つ目は「書き続ける事を意識する」ことです。

 

実は、この書き続けることが一番難しいところです。

結果が出る前にブログを辞めてしまう人がほとんどなんですね。

 

3ヵ月以内に7,8割の人がブログを辞めてしまうといわれるのは、この書き続ける事ができないことが原因です。

ダイエットと一緒で、結果を出す人と出せない人の違いは「続けるかどうかだけ」なわけです

 

でも、やみくもに続けてもゴールの見えない状態で継続できるほど、人間の精神は強くありません。

そこで大事になるのが、ベタですが仮説(目標)設定なんです。

 

仮説(目標)設定といっても、決めることは2つです。

 

具体的には、

  1. 大枠の仮説(目標)
  2. 行動面の仮説(目標)

この2つを決めていくわけですね。

 

1.大枠の目標を決める

大枠の目標とは、簡単に言うと「ざっくりとした仮説を決める」ということです。

 

たとえば、僕が最初に立てた仮説でいうと……。

ブログを100記事書いた時点で達成しておきたい目標を2つ設定しました。

 

具体的には、

  1. ブログのアクセス10000PV
  2. ブログからの収益 5万円

この2つを達成するために記事を書くことにしたわけですね。

いったん大枠の目標を決めてしまえば、あとは100記事書くだけです。

 

僕の場合はあえて、「いつまでに」という期間を設定しなかったので100記事書くのに11ヵ月もかかったわけですが。笑

 

大枠の仮説を立てたら、次に「どうやってその目標を達成するか?」という行動面の目標も立てます。

大枠の目標だけでは願望だけで終わってしまう危険があるので必ず行動面の目標まで落とし込むことがポイントです。

 

2.行動面の仮説を立てる

僕の場合は、行動面の目標を立てる前に優先順位の高い項目を洗い出しました。

 

中村の人生の中で優先順位が高い項目(時間を投資すべきもの)

  • 子育てに協力する(休日は原則、家族と過ごす)
  • 仕事仲間と共同制作しているサイトの記事を執筆する
  • 本業をおろそかにしない(ブログはあくまで副業「実験のため」に運営)

僕にとっては、この3つの項目がブログを書くよりも優先順位が高いものでした。

 

このように、あらかじめ自分の中で優先順位を決めておけば、時間を確保する際にも、どこを削れば効果的に時間を捻出できるか?ということが見えてきます。

 

僕の場合は、優先順位が低くて時間を捻出できそうなものが何だったかというと「テレビを見る時間」でした。

 

毎日仕事から帰って、何となくテレビを見て過ごしていたので、テレビを見ていた時間を学びとブログを書く時間に充てることにしたわけです。

テレビを見るのを一切やめると、1日2時間くらいは時間が捻出できるものですね。笑

バラエティなんかは全く見なくなったので、最近人気の芸人さんとかは一切分かりません……汗

中村

 

ここまででお話ししたように、

  • 大枠の目標
  • 行動面の目標

この2つの目標を持った上で記事を書いていきました。

 

では、続いてマインドセットの2つ目についてお話ししていきますね。

 

マインドセット2.人に与えることを徹底する

マインドセットの2つ目は「人に与えることを徹底する」ということです。

ようするに価値提供にこだわるということですね。

 

確かにブログを運営する上での最終的な目的は「収益化」です。

 

でも、読者さんに価値提供することを考えずに「自分が儲けるにはどうしたらいいか?」ということばかり考えていると、まず成果にはつながりません。

 

稼ぐことだけが目的になってしまうと高い確率で失敗するということですね。

大事なのは、まず価値提供をしてあなたのファンを増やすことです。

 

世の中であなたからしか買えない特殊な商品を扱っているならば話は別ですが、多くの場合お客さんはあなたが扱っている商品は、他の誰かから買うことができます。

 

つまり買う相手が、あなたである必要はないんです。

ブログで次から次に商品を紹介している人がたまにいますが、そんな記事を増やせば増やすほど読者さんは遠のいていきます。

 

売り込みばっかりしてくるブログを読みたいとは思わないですよね?

自分が必要としている情報が書いてあるから、あなたのブログを読んでくれるわけです。

 

 

つまり、あなたの発信している情報に価値を感じて興味を持っているということですね。

あなたの事を好きな人が増えるからこそ、「あなたから買います」と言ってくれる人も増えてきて、結果的に収益につながるというわけなんです。

 

しつこいようですが、信頼関係も出来ていないのに「今日はこの商品を紹介して~」「明日はこっちの商品を紹介して~」という感じで売ることばかり考えてしまうと高い確率で失敗します。

 

そうならないためにも、

  1. 価値を提供する
  2. 読者さんが信用してくれる
  3. あなたのファンになる
  4. あなたの紹介した商品が売れる

この順番を間違えないようにする必要があるんです。

 

伝えていく順番を間違えてしまうと、あなたが発信する情報がどんなに素晴らしいものでも、魅力が半減してしまいますので注意が必要です。

 

マインドセット3.未来を見据えてすぐに結果を求めない

3つ目のマインドセットは「未来を見据えてすぐに結果を求めない」ということです。

これはどういうことかというと、「現在の作業が1年後の収入に繋がる」という考えをもって作業をするということです。

 

成果がなかなか出ない人は、記事を書いたらすぐに結果を求めてしまいがちです。

でも、ブログで成果を出そうと思えば「結果が出るのには時間がかかる」ということを知っておく必要があるんですね。

 

すぐに成果を出す必要があるほどお金に困っている場合は、ブログを書いている場合じゃありません。

 

まずは、生活の基盤がちゃんとしていることが前提です。

ただ単に稼ぐだけなら他にも仕事はありますからね。

 

ブログを使って収益化していきたいと思っているならば、最低半年~1年は収益化するのに時間がかかるという覚悟を持っておくと精神衛生上いいです。

 

ブログを初めてすぐに成果が出せるのは、

  • 一部の天才
  • すでにビジネスの基盤があり影響力がある
  • 太いパイプ(人脈)を持っている

など、特殊な人たちです。

 

そんな人と比べても、自信を無くして挫折をするだけですからね。

「自分は凡人だから結果が出るまでには最低1年はかかるな」と最初から思っておけば、なかなか結果が出なくても焦らずにすみますよ。

 

1年かかると思っていれば、もし半年で収益化できた時には「自分やるじゃん♪」と自信になりますよ。

中村

1人で鏡をみてドヤ顔してもいいですね~

文子

 

ここまでで、3つのマインドセットについてお話ししてきました。

では、ここから実際にブログで成果を出すためにどういう仕組みづくりをしてきたのかをお話ししていきますね。

 

資産ブログを作るための4つの仕組みづくり

資産ブログを作っていくにあたり、4つの仕組みづくりを心掛けていきました。

具体的には次の4つです。

  1. ブログのテーマ(テンプレート)にこだわる
  2. 自分を高める環境に身を置く
  3. 記事の種類を3種類に分けて書く
  4. ある程度SEOを意識して記事を書く

 

この4つの仕組み作りを意識してきたことで、ブログが資産となり収益に繋がっていることを実感しているわけですね。

では、1つずつお話ししていきます。

 

資産ブログ作りの仕組み1.ブログのテーマ(テンプレート)にこだわる

まず、仕組みづくりの1つ目ですが、ワードプレスのテーマにはこだわりました。

その理由としては、資産ブログの軸となるのは「記事の質」なので、とにかく記事を書くことに集中したかったんですね。

 

▼自分にあったワードプレステーマを選ぶことの重要性について書いた記事

 

自分にあったテーマを使うことで、作業効率が何倍にもアップしますし、デザインやブログの構成なども簡単に変更できるのでストレスなく記事作成に集中できます。

実際、僕も今のワードプレステーマを使うようになってから、これまで以上に成果に繋がっています。

 

▼僕にとっての最高の相棒について書いた記事はこちら

 

人によって自分にピッタリのテーマは違うと思いますが、ストレスなく記事の執筆に集中できることを考えれば、ブログのテーマにこだわるというのも重要な仕組みづくりの1つといえますね。

 

資産ブログ作りの仕組み2.自分を高める環境に身を置く

資産ブログを作るための仕組み2つ目は「自分を高める環境に身を置く」ということです。

これは1人で作業をしているとモチベーションが続かないのもありますが、1人でやっていると甘えも出る為、限界を超えて成長できないからです。

 

僕の場合は自由な時間がなかったので、家でも参加できる環境に身を置くことに決め2つの環境に身を置いています。

 

ブログのコミュニティに参加

まず最初は、ブログの有料コミュニティですね。

最初は無料で参加できるコミュニティを探して入ったりもしましたが、「相互リンク」や「ランキングをポチっと押してください」みたいなアクセスアップのお願いをする書き込みばかりだったんです。

なので魅力を感じることができず、すぐに辞めました。

 

コミュニティに所属するのにお金を払うのに抵抗がなかったわけではありませんでしたが、自分を鼓舞するための投資と割り切って参加を決意したわけです。

自分に合わなければやめればいいと思っていたので、取り合えず入ってみたわけですが結果的にいい刺激をもらっており、現在も所属しています。

 

なんせ、数万PVの人がゴロゴロしているコミュニティなので、いい感じでかなりの刺激になるんですね。

 

▼僕が参加しているコミュニティはここ

 

コミュニティ内では、色々なイベントも実施されているので「孤独が苦手」という方には、1度検討してみるといいですよ。

 

ライターチームへの参加

こちらは、僕が本気で入りたいと思って念願叶って入れたチームです。

僕の尊敬しているコピーライターさんが主催しているグループですが、10数人でチームを組みサイトをゼロから作るということをしています。

この環境の中では、意識も高く実力もある仲間が切磋琢磨しているので、僕も常に刺激をもらっています。

 

チームの中では、自分が書いた記事も添削してもらえるので、自分の弱点やクセなどに気付くことができ成長に繋げることができています。

実際に僕が10000字以上の記事を普通に書けるようになったのは、ライターチームのサイトで17000字の記事を書いたことがきっかけでした。

 

それまでは、どんなに頑張っても7000字を書くのがやっとだった僕ですが、1度17000字を書くと当たり前の基準が上がり10000字を超える記事を書くことも苦痛では無くなりました。

この記事も12000字弱くらい書いてますしね。

中村

長ければいいってもんじゃないので読みやすくしないとですね~

文子

 

今お伝えしたように、1人でコツコツ書いていく環境では「自分でブレーキをかける」ことで成長が止まってしまう危険もあります。

なので、ある程度のストレスを感じる環境に身を置くということも資産ブログを作っていく上では大事な条件だと感じています。

 

資産ブログ作りの仕組み3.記事の種類を3種類に分ける

資産ブログを作っていくためには、むやみやたらに記事を書けばいいというものではありません。

ブログ全体のイメージを考えて記事を書いていく必要があります。

 

僕の場合は3つの種類に分けて記事を書くようにしています。

 

具体的には、

  1. 集客用の記事(アクセスを呼び込む)
  2. 資産記事(価値提供)
  3. レビュー記事(キャッシュポイント)

この3種類に分けて記事を書いていくわけですね。

 

では、1種類ずつ説明していきます。

 

集客用の記事(アクセスを呼び込む)

集客用の記事の目的は、瞬間的なアクセスを集める為の記事です。

いわゆるトレンド記事やニュース記事というやつですね。

 

トレンド記事は瞬間風速を狙う記事なので、スピードが命です。

サクッと旬の話題性がある記事を書いて、新規のユーザーを集めて資産記事につなぐことを目的として書いていきます。

 

ちなみに現時点で僕は、まずは資産記事を書き溜めたいと考えていたので、集客用の記事を1記事も書いておらず、瞬間的なアクセスは集まっていません。笑

 

レビュー記事(キャッシュポイント)

2つ目の記事がレビュー記事です。

これはいわゆる出口となる記事ですね。

 

この記事がないとマネタイズができませんので必ず用意する必要があります。

よく「集客用の記事」と「レビュー記事」を混同している場合がありますが、2つの記事はそもそもの目的が違うので混同すると何を言いたいのか分からなくなってしまいます。

 

つまり、集客用の記事」と「キャッシュポイントとなる記事」は分けて書いた方が読者さんにも伝わりやすいというわけですね。

 

資産記事(価値提供)

資産記事というのは、読者さんに高い価値を提供することを目的にした記事で、一過性のものではない普遍的な内容について書く記事ですね。

ブログを資産化していく上では、この資産記事が1番重要です。

 

この資産記事をどれだけ積み重ねていくかで、あなたのファンとなる読者を獲得できるかが決まります。

ブログを書いているのに収益化できない人によくある特徴としては、この資産記事をないがしろにしてレビュー記事を量産していることにあります。

 

あなたのことを信用しないのに、レビュー記事を書いても当然読まれません。

量産すればするほど、読者さんは離れていきます。

 

僕が少ないPVにも関わらずブログから収益が発生したのは、資産記事をこだわって書いてきたからなんですね。

100記事の中で、9割は資産記事を意識して書いてきましたが最初の頃はコンテンツの質が低く資産記事になっていないものが多数ありますがね……汗

中村

最初の頃は資産記事を書こうと思ってもスキルが追い付かないですもんね~

文子

 

資産ブログ作りの仕組み4.SEOをある程度意識して記事を書く

資産ブログ作りの仕組み4つ目は、「SEOをある程度意識して書く」ということです。

ポイントはある程度です。笑

 

ガチガチにSEOを意識して書くこともできますが、機械を意識して書きすぎると不自然で読みにくい文章になってしまいますし、何より読者さんのを置き去りにした文章になりがちです。

 

検索上位に表示されることも大切ですが、最も重要なのは読者さんの悩みを解決する記事を書くことなので、ある程度のSEOを意識するという段階にとどめるようにしています。

ある程度のSEOでも、価値提供できればちゃんと1ページ表示されるので大丈夫ですよ。

中村

読者さんが読みやすい記事を書くのが1番なんですね~

文子

 

まとめ.今後の方向性

いかがだったでしょうか?

今回の記事では、僕がようやく100記事を達成したということでこれまでの総まとめを記事にしました。

 

振り返っておくと、

  • ブログを100記事書いたことで分かった3つの事実
  • 少ないブログのPV(アクセス数)で収益化3つのマインドセット
  • 資産ブログを作るための4つの仕組みづくり

この3つのお話をしましたね。

 

この記事を通して僕がお伝えしたかったことをひと言でまとめると、「継続すればちゃんと結果は出る」ということに集約されます。

 

継続は力なりという言葉はベタですが、「分かっている」ことと「実際にできる」ことは天と地ほどの差があります。

「はいはい、継続は大事ですよね~」と分かった気になっている人は差し置いて、あなたがまだ100記事書いた経験がないならば、時間がかかってでも100記事を書いてみてください。

 

そうすれば、あなたなりの成果と方向性が見えてくるはずです。

僕の場合はブログを100記事書いたことで、「文章だけに頼ってはいけない」ということに気が付きました。

 

これまでは、画像にはそこまでこだわっておらずフリー素材をとりあえず使っていたわけです。

でもブログ100記事を書いたことで、「自分のブログは独自性が薄い」ことに気が付きました。

独自性が薄いといわれても抽象的で分かりにくいですよね。笑

中村

 

コピーライティングの事を教えているブログは世の中にたくさんあります。

でも、僕だからお伝え出来る情報もあるはずです。

 

今後は独自性を出していくために工夫が必要だと切実に感じました。

そのために画像もちゃんとこだわって作成することにしたわけですね。

 

新しい「こぴらぼ」のテーマは「圧倒的なボリュームのコンテンツでもユルい画像でストレスなく伝わるメディアを目指します。笑

 

目先の利益を見れば成約率は落ちるかもしれませんが、長い間楽しんでもらえるメディアになるように方向転換していきますので、今後ともよろしくお願いします。

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

ひー!宣言しちゃったよ、どうしよ……汗

中村

ちょっと最後くらいビシッと締めてくださいよ~

文子

⇒当サイトに来られた方はこちらのページもご覧になっています

 

 

 
この記事を書いている人 - WRITER -
広島出身、関西在住のセールスコピーライター。 ブログやメルマガといった手段を使い、文章で信頼関係を 築くライティングを得意としている。 自身が過去に病気を患ったことがきっかけで、 大切な人(家族、友人)と過ごす「当たり前の日常」に 幸せを感じるようになった、2人の娘を持つパパライター。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© こぴらぼ☆コピーライティング研究所 , 2017 All Rights Reserved.