2017/04/20

ブログ名(ブログタイトル)を決めるときに気を付けたいポイント

 

この記事を書いている人 - WRITER -

広島出身、関西在住のセールスコピーライター。

ブログやメルマガといったツールを活用し、文章で信頼関係を築くライティングを得意としている。

自身が過去に病気を患ったことがきっかけで、大切な人(家族、友人)と過ごす「当たり前の日常」に幸せを感じるようになった、2人の娘を持つパパライター。

➡詳しいプロフィールはこちら

中村 悠

この記事を書いている人 - WRITER -
広島出身、関西在住のセールスコピーライター。 ブログやメルマガといった手段を使い、文章で信頼関係を 築くライティングを得意としている。 自身が過去に病気を患ったことがきっかけで、 大切な人(家族、友人)と過ごす「当たり前の日常」に 幸せを感じるようになった、2人の娘を持つパパライター。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、コピーライターの中村です。

 

ブログ名って最初に何となく、つけちゃうと後から変更したくなりません?

僕自身がそうだったんですが、自分がブログを書くのに慣れてくればくるほど、もっとちゃんとタイトルを考えればよかったorz

と考えてしまいます。

 

ブログ名は、ブログの「顔」です。

顔が人柄を表してくれるように、ブログ名はあなたのコンセプトを効果的に伝えることが出来ます。

あなたの伝えたいことにぴったりのブログ名を考えてみましょう^^

ブログ名にこだわったほうがいいのはなぜ?

先ほども、お伝えしたとおりブログ名はブログの「顔」です。

ブログ名は運営者側から見れば愛着が持てるものであり、情熱を注げるものがいいです。

 

そして読者側から見れば一発で記憶に残り、友人に口頭で簡単に伝えられる呼びやすい名前であるのが理想ですね。

あなたのブログのファンが増えて、ちょっぴり有名になってきたとして、交流会に参加したときなどに、「あ、○○○ってブログをされてる方ですよね?!」と言ってもらえるくらい、覚えやすい名前だといいですよね^^

では、どんなブログ名がいいんでしょう?

 

ブログ名にキーワードを入れるメリットとデメリット

ブログ名はできれば、あなたのブログコンセプトを端的に表すものにしましょう。

読者はまず、ブログ名を読んで自分に必要な情報が書いてありそうかを判断します。

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e5%90%8d

広告などのキャッチコピーと同じですね^^

 

キーワードを入れるべき?入れないべき?

ブログのタイトルは大きく分けたら、キーワードが「入っているか」「入っていないか」の2パターンに分けられます。

例えば、「Facebook研究所」というブログがあったとすれば、キーワードに「Facebook」が入っており、ブログの中身は運営者がいろいろ調べた活用法が載っていくのかな?

と何となくイメージできますよね?

 

当然、Facebookの情報を探している人からしたら、興味は引くでしょうし、SEOで上位表示させることが出来れば「Facebook 活用 おすすめ」というようなキーワードに該当する記事を掲載すれば、多くの読者に読まれるきっかけにもなります。

 

キーワードは時代によって左右されやすい

キーワードを入れることによる、メリットは大きいですが、その反面、時代に左右されやすいというデメリットもあります。

10年前にはSNSで圧倒的な存在感を示していたmixiが現在はFacebookをはじめ、様々なSNSに市場を逆転されているように、10年後もFacebookが今の人気を維持している保証はありません。

 

むしろ、他のSNSや新しい形のコミュニケーションツールが台頭してきて、市場シェアが変わっている可能性だってあります。

そんな風に時代のニーズが変わると情報発信をしている「ブログの存在価値」が低下する可能性もあるんです。

 

例えば、キーワードをFacebookではなく、「SNS」にすることで範囲を広くする事も出来ますが、ブログのコンセプト的にはターゲットは絞ったほうが読者の心に刺さりやすく読者が集まります。

 

個人名、ハンドルネームをブログ名にしてメリットがあるのは有名人だけ

名前やハンドルネームをブログ名にしている方も多いですが、注意が必要です。

例えば「中村のブログ」というタイトルだったとしたら、読者はブログの名前から、内容を想像することが出来ません。

 

むしろ、

と思われる可能性もあります。

 

あなたが、ファンをたくさん抱えている有名人だったり、芸能人だとしたら、個人名を付けることでブログを使ったブランディングをすることが出来ますが、一般人がブログに自分の名前をつけるのは個人的には、あまりおすすめできません。

%e6%a4%9c%e7%b4%a2

やっぱり、個人名よりはブログを通して伝えたいコト、叶えたい事などが入っているブログのほうが、読者は感情移入できますし、応援してもらえるかも?

 

ブログ名は、あとから変えても大丈夫

あんまり、タイトル決めで悩みすぎてブログがスタートできなければ、本末転倒なので、ある程度固まったら、始めちゃいましょう^^

運営していく中で、どうしても「ブログ名をやっぱり変えたい!」と思ったら変えても大丈夫です。
「ねばならない」と考えると楽しくないですし^^

 

ワクワクできるタイトルが思いつけば、変えちゃいましょう。

ただし、タイトルを変えるならブログをはじめた初期のほうがいいです。

読者が増えてきてから急に変更してしまうと、読んでいる人も困惑しちゃうので。

 

ブログ名とドメインを揃えていたとしたら、あんまり変えないほうがいいかもしれませんが、どしてもブログ名を変えたい場合は変えてもいいと思いますし、ドメインと整合が取れなくなるのが気になるようなら、思い切ってドメインを取り直して新しいブログをはじめるのもひとつの手です。

WordPressなら、過去の記事を新しドメインにリダイレクトして移動することも可能です。

リダイレクトとは、サイトにアクセスしようとしたユーザーを、最初にリクエストされた URL とは別の URL に移動させることです。 別の URL へのリダイレクトには正当な理由がある場合もあります。 たとえば、サイトを新しいアドレスに移転した場合や、複数のページを 1 つに統合した場合などです。

引用:Search Console ヘルプより

※簡単にいうと、読者が古いブログのURLにアクセスしたときに、自動的に新しいブログURLを表示してくれるように設定することをリダイレクトといいます。

 

 

僕がブログ名を『こぴらぼ』にした理由

僕もブログ名を途中で変更しています。

その時に考えたこととして

  • タイトルから中身をイメージできるか?
  • 愛着が湧きそうか?
  • おぼえやすいか?
  • 検索しやすいか?

という4点を意識して考えていきました。

 

その結果、「こぴらぼ★コピーライターの研究所 」になったんです。

検討した項目に該当する部分

  • タイトルから中身をイメージできるか?
    色々研究した(調べた)ことをコピーライティングを使って分かりやすく伝えるブログ。
  • 愛着が湧くか?
    ひらがなはなんか可愛い(オイ)
  • 覚えやすいか?
    大体1回で覚えてもらえる
  • 検索しやすいか?
    「ひらがな」なので変換する必要もない

 

ブログ名はあなたと一緒に成長する

「なんかイマイチなブログ名つけちゃったな」と思う場合もあれば、「知識がないのにこんな、大それたタイトルなんかつけて大丈夫かな」と思うこともあるかもしれません。

でも、大丈夫。

ブログを続けていくと、あなたの成長に伴い、しっくりくるようになりますし、愛着がわいてきます。

最終的には精神論になってしまいますが、自分が好きなものには魂が宿りますし、同じ文章を書いていても愛着がないブログと大好きなブログだと気持ちの入り方が全く変わってきます。

ぼくはWordPresswo初めてそんなにたっていないのに、「こぴらぼ」という名前が大好きです^^

 

あなたも、好きになれるブログ名が見つかるといいですね♪

では、また^^

 

 

⇒当サイトに来られた方はこちらのページもご覧になっています

 

 

現役セールスコピーライターが本気で作った
完全無料の参加型メルマガ講座

煽ることなく自然とあなたの商品が売れていく
「価値が伝わる文章の秘訣」を全部公開します

 
この記事を書いている人 - WRITER -
広島出身、関西在住のセールスコピーライター。 ブログやメルマガといった手段を使い、文章で信頼関係を 築くライティングを得意としている。 自身が過去に病気を患ったことがきっかけで、 大切な人(家族、友人)と過ごす「当たり前の日常」に 幸せを感じるようになった、2人の娘を持つパパライター。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© こぴらぼ☆コピーライティング研究所 , 2016 All Rights Reserved.