セールスコピーライター「中村 悠」の公式ブログ(秘密基地)

「人生のどん底」を転機に!元ホームレス社長「赤原士郎」氏の生き方から学ぶ「足かせ」の外し方

 







この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住のセールスコピーライター。 過去に自身が難病を患った際、「偶然」の出会いで「日常」を取り戻した事がきっかけとなり『偶然』の出会いを『必然』に変えるコピーライターという仕事を志す。 現在は「言葉で人生をデザインする」というテーマで、「商品(サービス)」を必要としている人に「必然の出会い」をお届けする支援をしている。 「2人の娘」がママっ子なので、機嫌がいい時しか相手にしてくれないのが悩み。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、コピーライターの中村です。

今回の記事では、僕が個人的に価値観に共感した『赤原 士郎』さんという方を”勝手”に紹介していきます。

 

突然ですが、あなたは「人生のどん底に落ちた経験」はあるでしょうか?

僕の場合は「難病との闘病生活期間」が人生のどん底期間でした。

 

僕らの未来、何が起こるかわからないですよね。

  • 信頼していた知人・友人に裏切られる
  • 定年まで安泰だと思っていたら突然リストラされる
  • ある日突然病気になり、当たり前の日常を失う
  • 突然、パートナーから離婚を打ち明けられる

このように「順風満帆な人生」を歩んでいたとしても、ある日突然「人生のどん底」に落ちる可能性って誰にでもあるのではないでしょうか?

 

そして多くの場合、1度どん底に落ちてしまうと「よっぽどのキッカケ」が無い限り、なかなか這い上がってくることはできませんよね。

多くの人が「人生の壁」から脱出できないでいる一方、ある一定の確率で「人生のどん底から、不死鳥の如く何度も蘇る人」も存在します。

 

今回の記事で紹介する「人生のどん底から、自力で這い上がった「元ホームレス社長」赤原士郎さんも、その1人です。

もし、あなたが「人生のどん底に落ちた経験がある」もしくは「現在進行系で、人生のどん底から抜け出せない」と感じているならば、「赤原士郎」さんの生き方が参考になるかもしれません。

 

ぜひ最後まで読んで、あなたの未来を変えるヒントを感じとってみてください。

中村さんが人の紹介をするって珍しいですねー

文子

自分が共感した人は、商品と同様に多くの人に知ってほしいんだよね

中村

 

人はどんな時に「人生のどん底に落ちた」と感じるのか?

人生のどん底とは、言ってみれば「自分の意思だけではどうにもならない状態」です。

たとえば、

  • ビジネスに失敗し、お金持ちから無一文になった時
  • 受験に失敗して、絶望を味わった時
  • 職場や学校でいじめに耐えきれなくなった時
  • 大好きな人に別れを切り出され、絶望した時
  • 仕事で大きなミスをして、自己嫌悪に陥った時

こんな風に、色々と姿を変えて「人生のどん底」は、あなたの前に訪れます。

しかも、1つ1つ順番にくるわけではなく、場合によっては「一気に訪れる」ことも。

 

人は本来、弱い生き物なので心の準備ができていないまま、1度に多くの挫折を味わうと「出口の見えないトンネル」のように感じ、絶望してしまいがちです。

 

僕も過去に「突然訪れた不幸」によって、人生のどん底に叩き落とされた経験があります。

まさか「自分の人生であんなこと」が起こるなんて、夢にも思いませんでした。

 

仕事と人生には「3つの坂」がある

「仕事と人生」には、三つの坂があるといわれています。

  • 1つ目は、上り坂……万事好調で何をやってもうまくいく時
  • 2つ目は、下り坂……不調に陥り、思い通りにいかない時
  • 3つ目は、”まさか”の坂……ある日突然、奈落の底に叩き落とされる出来事

あなたも、1度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

人生において、「何の問題もなく、順風満帆で生涯を終える人」は存在しません。

何かしら、人生転機ともいえる「まさかの坂」を経験することになります。

 

僕自身も、過去に「まさかの坂」を経験したことがあります。

それは、大学に無事入学して迎えた19歳の冬。

さあ、これから大学生活を満喫しよう!」と思った矢先、原因不明の難病に蝕まれてしまったことです。

 

今振り返れば、「いい経験をしたな」と振り返る余裕ができましたが、当時は「なぜ、自分だけがこんな目に……」と、絶望していたのを、今でも、昨日のことのようにおぼえています。

約2ヶ月弱の入院生活の後、自宅で過ごした3年間の闘病生活は、まさに「人生のどん底」と呼べるものでした。

 

「厳しい食事制限」「規則正しい生活の強制」で、僕の精神は蝕まれ、「何のために生きているのかわからない」と思うほど追い詰められ「自分はもうダメだ」と何度思ったかわかりません。

 

でも神様は、僕を見捨ててはいませんでした。

ある先生が作った「漢方」の存在を知ったことがきっかけで「当たり前の日常」を取り戻し、「上り坂、下り坂、まさかの坂」を繰り返しながら現在にいたります。

この漢方との出会いは、別記事で詳しく書いているので興味があればどうぞ

中村

 

大きな病院の先生には「手術しないと完治不可能」だと言われた難病を、「小さな個人病院」の先生が救ってくれた出来事は、その後の僕の生き方の方向性を変えました。

それは、「人の人生を救うのに”規模の大小”は関係ない」ということ。

 

この思いが根底にあるからこそ、規模の大小に関係なく「魅力的な商品やサービス」に光を当てる、コピーライターという仕事を選んだのかもしれません^^

 

どうすれば「人生のどん底」から這い上がることができる?

もし、あなたが現在「人生のどん底」にいるならば、どうにかして這い上がりたいと思っているはずです。

その理由は「人生のどん底」というイメージが最悪だからですよね。

 

でも、少し視点を変えてみるだけで「人生のどん底」には、チャンスが潜んでいることがわかります。

どんなチャンスかというと、「自分の人生を変えるチャンス」です。

 

こう言うと少し大げさかもしれませんが、人は何か「きっかけ」がないと、なかなか自分の「習慣」や「考え方」を変えることはできません。

「人生のどん底」を味わったということは、「それまでのやり方では上手くいかない」ということに気付く”きっかけ”ができたという見方もできます。

 

人生のどん底に落ちた時に、

  • 「自分はもうダメだ……」と人生を諦める
  • 「今のままじゃダメなんだな、じゃあどうすればいいんだろう?」と意識を変える

この、どちらの思考をするかで、その後の人生は大きく変わります。

 

今回、紹介する方も「人生の転機」を迎えた時に自分の生き方を見直したことで、劇的な復活を遂げています。

「今の自分と比べると別世界の出来事」だと感じる部分もあるかもしれませんが、根本の「考え方や覚悟の決め方」は共通する部分も多いはずなので、参考にしてみてください。

では、詳しくお話していきますね。

 

挫折からわずか2年足らずで「海外王室や財閥と渡り合える力」を手に入れた、元ホームレス社長「赤原 士郎」ってどんな人?

出典:赤原士郎OFFICIAL WEBSITE『理想の創り方』

僕が今回紹介する「赤原 士郎(あかはら しろう)」さんは、いろんな意味で規格外。

 

赤原さんのやっていることを、ひと言で表すと、

「好きなこと」や「得意な事」を活かして生きていきたい事業家を応援するプロデューサー。

 

クライアントの一例をあげると、

といった具合に「個人・法人」関わらず、多くの方のプロデュースをされている感じです。

さらに最近では、プロデュース業に加え「自分が理想に突き進んで行く際に背中を預けることができる仲間の育成」にも注力されています。

 

もし、赤原さんのことを詳しく知りたければ、通常2,000円で発売している電子書籍「足かせ外して自由を手にする方法」メルマガ登録者に限り「無料」でもらえるようです。

 

一見すると、華やかな世界で「順風満帆に人生を突き進んできた」ように見える赤原さんにも、どん底を味わった経験があります。

しかも、生半可な挫折ではありませんでした。

 

わずか3年前、タンポポを食べて飢えを凌いでいた

赤原さんは、2度のホームレスを経験しています。

一番しんどいときは、1日50円で生活し、それでも食費が無い時は「タンポポ」を食べて飢えを凌いだこともあるそうです。

 

どん底から復活するまでの、ざっとした経歴は以下の通り。

2016年8月:ホームレスになる

2016年12月:ベンチャー起業の社長になる

2017年7月:ベンチャー起業の社長を辞め、2度目のホームレス

2018年11月:月商1億の事業を目指して展開

2度目のホームレスになった時は、スマホも、iPadも、パソコンも、全て初期化され、家も無い状態での再スタート。

そこから、29日で現金73万円を手にして、ずか2年で「年商10億以上」が目指せるまで復活しました。

た、タンポポから年商10億円まで、3年とかどうなってるんですかー!

文子

いや、僕に言われても知らないよ

中村

 

さらに、

  • 顔出しなし(鷹のマスクを被って活動)
  • ネットだけ
  • お金もなし

という、一般的に成果を出せないと言われている「3つの条件」がありながら、今の状態に到達されているんですね。

 

一般常識で考えれば「怪しい」のひと言で片付けられてしまいそうな赤原さんですが、超クリーンに事業を展開して稼ぐ」という言葉をテーマに正直に真っ直ぐ活動されています。

超クリーンに事業を展開するというのは、僕の「信念」に言い換えれば、「自分の子供に見られても恥ずかしくない仕事をする」ということです。

 

今の世の中は「ネットを使ったビジネス」というだけで、怪しいと一括りにされる時代です。

事実を知らないのに、SNSなんかで流れてくる情報を「思考停止状態」で鵜呑みにしてお祭り騒ぎをするなんてことが日常茶飯事ですよね。

 

こんな混沌とした世の中で、赤原さんほど真っ直ぐに「わがままこそ、我が人生」と言い切れる人は、なかなかいないんじゃないかと思っています。

まさに、令和時代のラオウですね

文子

いや、「我が人生に一片の悔いなし」ってラオウの名言は一部の人にしか伝わらないから

中村

 

赤原さんが「わがまま(自分の理想の実現)」を貫き通すために「超クリーンな展開」にこだわる理由は、赤原さんの公式メルマガ講座の紹介ページに掲載されている、クライアントが「実名で顔写真付き」という部分からもおわかりいただけるはずです。

 

あ、ちなみに赤原さんのメルマガは、ボリュームも内容もかなり常識外れなので、ある程度覚悟して登録しないと1通目から挫折しちゃいます

中村

いやいや、1通目からは挫折しないでしょー、よしお試し登録っと♪

文子

(1通目を読んで)……な、なんですかこれは……

文子

 

「人生のどん底」を転機にするには人に依存せず自分の「地力」を高めるしかない

多くの人は「普通が一番幸せ」という価値観を持っています。

でも、これからの時代「普通」のままでは、幸せにはなれないことは、あなたも薄々気づいているはず。

  • 「遊べるのは今だけ」という、謎の合言葉で大学時代を謳歌し
  • 就職したら、「会社が定年まで守ってくれる」と盲信的に信じ
  • 結婚して、子供を生むことで自分の時間がなくなり
  • 夫婦の会話が減り、2組に1組が離婚するようになり
  • 生活習慣病やガンなどを患い、寿命を全うせずに最後を迎える

こんな「まさかの坂」が、誰にでも数年先に待っているかもしれないんです。

 

そんな儚い「不安定な人生」で本当に納得できますか?

僕自身も、新卒で入社した会社が倒産し、転職先の企業を解雇され「会社(他人)は自分を守ってくれない」という体験を何度もしました。

 

だからこそ、赤原さんの「自分で逆境を切り開く」という考えに共感できたんだと思います。

赤原さんは、「超クリーンな事業展開」を通して、上記の「幸せを壊す、まさかの坂」から這い上がる地力を身につけてほしいと思っているわけですね。

 

たとえば、1人1人の人間が、自分に備わっている本来の力(地力)を高めることができれば、

■殺伐とした世の中

みんなが好きな事を事業に出来たら、いくらでも解決できる

■食・健康

ちゃんとした野菜や食べ物が「普通に出回る仕組み」を作れば解決できる

■高い離婚率・家庭崩壊

ちゃんとした食べ物を食べたらホルモンバランスが整い喧嘩が減る。

⇒稼ぐためには、人間的成長が必須。結果、人として『中身』が成長する

⇒そもそも、時間的ゆとりができれば、夫婦のすれ違いも減る

⇒お金のゆとりができれば、子供のどんな夢を応援してあげられる

このように、「人生を自由にデザイン」することだってできるようになるわけです。

 

現代を活きる各々が自分の強みを活かして生きる力」を身につければ、「まさかの坂」が人生を変えるための転機」になると思ってます。

 

まとめ.「人生のどん底」から抜け出す転機は自分で掴み取るしかない

人差し指を指している男女のイラスト

今回の記事では、「人生のどん底から自力で這い上がった『赤原 士郎』さん」の紹介をしました。

ここまでお話した内容を、ひと言でまとめると、人生のどん底から這い上がるには「覚悟を決めて、『思考力』と『地力』を高めるための行動を繰り返す」という言葉でまとめることができます。

 

そして、「思考力」と「地力」を高めるためのヒントを赤原さんの公式メルマガ講座では学ぶことができます。

一例をあげるとメルマガ講座の中では、

  • 狙って結果を出せる自分の作り方
  • 世の中の「表」と「裏」を見抜く方法
  • 多くの人が挫折する人生の壁の正体
  • 赤原さんがたった2年で復活した収益モデル
  • 人気テーマパークから学ぶビジネスの真理
  • SNSで目立つ人の真の目的
  • 誰でも好きな事を仕事にする事業の展開方法
  • リスクゼロで実践できる仕組み化の極意
  • コンサル生に「月商1000万以上」稼がせた戦略と思考
  • 行動した人だけがもらえる「シークレット特典」
  • 無料で思考をアップデートできる動画講座

上記のように、「修行か?」と感じてしまうほどの、ボリュームのコンテンツが流れてきます。

「興味本位」や「リサーチ目的」で登録すると、1通目のメールで100%挫折します。

 

しかし、あなたが「本気で学ぶ覚悟」があるのなら、登録して試練を乗り越えてみてください。

わがままな人生をおくるためのヒントの数々を体験して、あなたの人生が好転するきっかけになることを願っています。

 

では、最後までありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住のセールスコピーライター。 過去に自身が難病を患った際、「偶然」の出会いで「日常」を取り戻した事がきっかけとなり『偶然』の出会いを『必然』に変えるコピーライターという仕事を志す。 現在は「言葉で人生をデザインする」というテーマで、「商品(サービス)」を必要としている人に「必然の出会い」をお届けする支援をしている。 「2人の娘」がママっ子なので、機嫌がいい時しか相手にしてくれないのが悩み。
詳しいプロフィールはこちら


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 + 10 =

Copyright© コピラボ|コピーライターの研究室 , 2018 All Rights Reserved.