日記もまともに続かなかった僕がブログでの情報発信を始めた2つの理由

この記事を書いている人 - WRITER -


広島出身、関西在住のセールスコピーライター。
「価値あるホンモノの魅力」を文章で100%言語化することを信念としている。

※趣味は3歳と0歳の娘を一眼レフカメラで盗撮してニヤニヤすること。
撮影後、一気に数十枚の写真をLINEで奥さんに送りつけているとかいないとか。

 


➡詳しいプロフィールはこちら

中村 悠

どうも、コピーライターの中村です。

今回は僕がブログをはじめた理由についてお伝えいこうと思います。

 

「こぴらぼ」をはじめようと思ったきっかけ

何を隠そう、僕はコツコツと何かを続けることがすごく苦手でした。

日記なんかは時に苦手で、何回もチャレンジしては挫折してということを繰り返していたわけですね。

中村
日記を続けることが出来る人はほんと尊敬します

 

そんな残念な継続力の僕が日記よりもハードルの高いはずの、ブログでの情報発信という暴挙に出たのには2つの理由がありました。

 

ブログを始めた理由①:コピーライターとしてのブランディング

僕がブログを始めようと思ったのは、コピーライターとしてのブランディングの為でした。

  • 中村という人間を知ってもらうため
  • コピーライターとしてどんな役に立てるのかを知ってもらうため
  • コピーライティングのおもしろさを知ってもらうため

 

など、ブログを見てもらうだけで僕がどんな人間で、どんなお役に立てるのかを知ってもらう為のコンテンツ作りをしていきたかったんですね。

 

ブログを始めた理由②:商品に自信はあるのに集客に苦戦している、個人事業主の方を救うため

コピーライターとして活動していく中で、商品に自信があっても集客する術を知らない個人永英社の方が多いことに驚きを隠せませんでした。

なんとかしたいと考えている経営者の方ほど、知識がないばかりに「効果がわからないまま、広告に投資する」という手法をとってしまいます。

 

もしも、あなたが広告業者の言われるままに、効果があるのか分からない広告を打っているとしたら、そのお金をご自分でブログを活用したコンテンツ作りに投資することで、無駄な投資をすることなく集客出来る環境が出来るんですね。

 

なぜブログなのか?

今の世の中ってこれまで以上に競争が激しくなってます。

流行りが生まれてもアッという間に次の流行と入れ替わる。

Webサービスやアプリなども一時期ヒットしたとしてもすぐにライバルが現れて埋もれちゃうんですね。

本にしてもそうですよね、毎日似たような書籍が次々と出版されて、常に新しいものを生み出し続けないと現状を維持することもできない。

 

作り上げたものが時間の経過とともに廃れてしまうのは仕方ないことですが、あなたが過去に何かを成し遂げたとしたら、ブログという手段で残しておけば、その事実は消えません。

あなたの日々の活動や専門知識などを発信していくことで、自然とファンがつき「〇〇を頼むなら〇〇さん」という風に選ばれる為のブランディングに繋がります。

つまり自分の資産として形成されていくんですね。

 

ブログは自分の履歴書にもなる

あなたにもこんな経験ないですか?
ブログを愛読していたり、SNSで気になっている人が、主宰するセミナーやオフ会などに参加した場合、初めて会うのになんか初めて会った気がしない。

 

その理由は定期的に更新されているブログの文章には、運営者の人柄や考え方など、運営者の世界観が広がっていて、あなたがその考えに共感しているからなんです。

これからの時代は今まで以上にブログやSNSなどが履歴書よりも重視される時代がきます。

 

その証拠に、採用担当者は受験生のSNSなどをチェックして「どんな人間なのか?」ということを確認しているとも言います。

就職活動をする際に書いたその場限りの「作られた事実」よりもその人がブログやSNSをしている場合は発信している情報を見れば、相手の人間性や考えも手に取るようにわかるからですね。

 

このように、ブログを使って自分の世界観を構築していけば、価格競争に巻き込まれない独自のブランディングが出来るわけです。

 

過去の実績が「信用されるプロフィール」にもなる

もしも、あなたがビジネス目的で、ブログを運営していきたいと思うなら、過去の経歴は「プロフィール欄」にちゃんと書いておきましょう。

 

どんな経歴の人がブログを運営しているのか?明確なほうが読み手の安心感につながります。人柄や考え方はもちろんですが、実績ほど相手に安心感を与えるものはないんですね。

もしかしたら「自分の実績なんて大したことがないから人の役に立てるわけがない」と思っているかもしれないですが、そんなことはありません^^

 

確かに、あなたより経験値もレベルも上の人の役には立てないかもしれません。
でも、あなたより経験が浅い人の役には立てますよね。

 

例えば、少年野球のコーチなんかは少しうまいお父さんがされていたりします、すごい人しか人に教えることが出来ないんだとしたらプロ野球選手のような人しか監督やコーチはできないことになるわけです。

でもそんなことはないですよね?

 

だからこそ、初級レベルの人は経験ゼロの人に教えられますし、中級者の人は初心者に教えられるんです。

 

ブログを続けるのもやめるのも自分との約束次第

会社勤めをしていると、会社の利益を上げることが優先なので、時にはやりたくない仕事も任されることってありますよね。

 

ブログでは、やりたくないことをやる必要はないんです。
自分が大好きなことだけにエネルギーを情熱を注ぎこめます。

 

なんでも成功する為には、多くの人を喜ばせたり、助けてファンになってもらう必要があります。人に与え続ける事が成功の秘訣ってよくいいますよね。

 

「ギブ&テイクではなくギブ&ギブ」という言葉をある社長が言われていましたが、ブログを利用すると「自分が好きなことで人の役に立つことを発信する」という手段で多くの人に情報を届けることができるんです。

人は自分にメリットを与えてくれる人のところに集まります。

 

仕事でも、普段の生活でも、期待を超えるサービスを提供してあげると信頼されるようになる、だからこそ「自分がいいと思うこと」「読者のためになるということ」は出し惜しみせずどんどん記事に書いていきましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は僕がブログを始めた理由についてお伝えさせてもらいました。

ブログで情報発信をしていくということは最初のうちは苦痛に感じることもあるかもしれませんが、慣れてくると「今日は何を加工かな?」という気持ちが沸いてきます。

最初はへたくそな文章でも構いません。

 

コツコツ書いていけば、文章は必ずうまくなりますし、コピーライティングを学んでいけば「心を動かす文章」もちゃんと書けるようになります。

情報発進に才能は必要ありません。

泥臭いですが”正しい方法でいかに努力するか”だけなんですね。

 

やみくもに努力をしても、なかなか成果が出ず挫折してしまう可能性もありますので、そうならないように僕も応援していきます。

一緒にブログで成果を出せるように頑張りましょう。

では、また^^

 

 

 

 

⇒当サイトに来られた方はこちらのページもご覧になっています

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA