2017/09/30

コピーライター養成講座に参加する前に確認すべき4つの心構え

 

この記事を書いている人 - WRITER -

広島出身、関西在住のセールスコピーライター。

ブログやメルマガといったツールを活用し、文章で信頼関係を築くライティングを得意としている。

自身が過去に病気を患ったことがきっかけで、大切な人(家族、友人)と過ごす「当たり前の日常」に幸せを感じるようになった、2人の娘を持つパパライター。

➡詳しいプロフィールはこちら

中村 悠

この記事を書いている人 - WRITER -

広島出身、関西在住のセールスコピーライター。
ブログやメルマガといった手段を使い、文章で信頼関係を
築くライティングを得意としている。

自身が過去に病気を患ったことがきっかけで、
大切な人(家族、友人)と過ごす「当たり前の日常」に
幸せを感じるようになった、2人の娘を持つパパライター。

詳しいプロフィールはこちら

うも、セールスコピーライターの中村です。

今日はあなたがコピーライターになりたいと思った上で養成講座を申し込みたいと思ったときにチェックしておいてほしい4つのポイントをお伝えます。

 

以前、コピーライターになりたい人向けに、経験ゼロでもコピーライターになる2つの方法という記事を書きました。

 

独学で勉強するのもいいけど、「師匠を見つけて基礎から習ったほうが、成功するための近道になるよ」という内容でしたね。

 

僕が実際にコピー講座を受けてみて、コピーライターに向いている人と向いてない人について感じたことを書きます。

※あくまで個人的意見です。



最近、コピーライターは「パソコン1台あればどこでも仕事ができる、自由な時間が増える」ということで人気の職業です、コピーライターとして食べていくには、当然専門知識である「コピーライティング」が必要になるので、勉強は必要なんですね。

 

先日の記事で独学よりも養成講座に参加したほうが、飛躍的に成長できるとお伝えしましたので、今回はコピーライター養成講座に参加したいと思った方に向けて書いています。

 

自分にぴったりのコピーライター養成講座に出会うには

 

いざ養成講座に参加しようと思っても、結局どの講座がいいの?と迷いますよね?

おすすめの講座は何なの?と聞きたくなるかもしれません。

結論からいうと


分かりません。(オイ)

 

なぜかというと、僕に合っていたとしてもあなたに合っているとは限らないからなんですね。

 

世間では、様々な講座をしていますので、説明会に行ってみて先生の雰囲気や講座内容を聞いて自分に合っていそうだと思う講座に参加するのが一番ではないかと思います^^



僕の場合は直観でこの人から学びたいと思い、説明会も参加せずに申し込みをしました。
※今考えるとよくやったなと思いますが汗



意外と人間の直感ってバカに出来ないので直感に頼るのも1つの手段かもしれないですね。



師匠曰く、反応のでるセールスレターが書ける優秀なコピーライターが不足していて、需要に供給が全く追いついていないんだそうです。

 

だからこそ、今のうちに実力をつけておけば必要とされるコピーライターになれるチャンスは高くなります。



あなたがぴったりの講座に出逢えることを願っています^^

 

・・・が
今日はここでは終わりません。

 

養成講座に投資する前に自問自答してほしいことがあります。

 

コピーライター養成講座の受講前に確認してほしい4つのポイント

 

養成講座というよりも、僕自身が講座に参加して、この4つが出来ないとコピーライターとしてやっていくのは難しいと感じたことがあったのでお伝えします。
※あくまで個人的な実体験での気づきです^^

 

その1:文章を書く事は好きですか?

コピーライターというぐらいですから、文章を書くのが好きじゃないと続けていくのは難しいかもしれません。

 

ここで間違えてほしくないのは「文章が得意か?」ではなく「文章が好きか?」です。

現時点で文章を書くのが苦手でも好きなら問題ありません。


僕も、文章を書くのは苦手ですが、幸い書いていて楽しいので毎日勉強をすることが苦になりません。



車の免許を持っている方ならわかると思いますが、最初からいきなり車の運転はできなかったですよね?


でも、練習をして乗っている間に自然と上手になる。

コピーライティングも運転と同じで基本を覚えて練習していけば誰でも上手になれます。

「文才がないから無理だー!」とあきらめる必要はまったくありません^^

 

何より、文章が好きかどうか?

自分の胸に手を当てて考えてみてください。

 

 

 

 

 



考えましたか?

大丈夫! 自分は文章を書くのが好きだ!

と思えたら次の質問に進んでください。

 

 

その2:読むことは好きですか?

コピーライターとして活動していくには、書くことだけではなく読むこともすごく大切です。

どんなものを読むかというと・・・

  • コピーライティングに関する本
  • 心理学に関する本
  • マーケティングに関する本
  • 小説
  • チラシ(おっ♪と思ったもの)
  • セールスページ(おっ♪と思ったランディングページ)
  • メルマガ(片っ端から)

 

などあらゆる「いいお手本」に目を通し、「正しい文章」「魅せる文章」を自分の中にストックするとともに、スワイプファイルなどで収集していくことが大切です。

 

セールスコピーライティングではゼロから文を生むのではなく、成果の出ている文章をいい意味で参考にすることがポイントになります。

 

その3:考え続けることは好きですか?

コピーライターの仕事は考えることばかりです。

「あーでもない、こーでもない」と毎日頭から煙をだしながら、コピーを書いていきます。



セールスコピーライターの場合はゼロから考えるわけではないので、今ある情報をどういう風に組み合わせて文章、表現にしていけば人が行動したくなるか?

このことばかり考えています。



カフェなどで、作業をしていると優雅に見えるかもしれませんが、頭の中はフル稼働です。

白鳥もびっくりするぐらい水の中では足をフル回転させています。



考えすぎてやつれてもかまわない!(冗談です)という猛者のみ、次の質問に進んでください^^

 

その4:本気で文章を書き続ける自身はありますか?

これは、コピーライターをしていく上で一番大事です。

要するに学んだ事を活かして行動に移すことができるか?ということです。



人間は、好奇心の塊なので、新しいテクニックなどを学ぶのが大好きなんですね、特に優秀で向上心の高い人ほど色々なことを吸収しようとします。

 

コピーライターはライティングだけでなく、マーケティング、心理学など幅広く勉強する必要がありますので、知識欲の強い人は勉強するだけでも楽しめるかもしれません。



ただし、実際文章を書くとなると、話は変わってきます。

コピーライティングって果てしなく奥が深いんです。はっきり言ってここまでやれば大丈夫!というものがありません。

 

 

勉強していけばいくほど、

  • 何を書いたらいいかわからない・・・
  • 書いてもそれが正解なのかわからない・・・

 

もっと華やかなものだと思っていた・・・

など、悩みはドンドン出てきます。

 

 

実際に収入を得ることができるようになるまで、自分のやっていることがこれで本当にいいのか?わからないし不安になるんですね。



養成講座ではスキルは教えてくれますが、その後の人生までは面倒見てくれません。

当たり前ですが、最後は自分で切り開いていくしかないんです。




ただし、講座の中で出逢った仲間は苦楽を共にした分、強い関係性が生まれます^^

そういう面倒や苦難も乗り越えて初めて一人前のコピーライターになれるんですね。

あなたにその覚悟はありますか?

 

4つの質問すべてに大丈夫!と答えれたら資質あり!

 

4つの質問に大丈夫!と答えられたあなたなら、大丈夫です。

覚悟と投資意識があるならば、きっと結果に繋がるはずです。

 

4つの質問に答えることはできたけど、養成講座に行くのはやっぱりキツイ。

と考えた方は独学でも大丈夫。

 

お手本となる人を探して、勉強してみてくださいね。

僕もあなたの参考になるように記事を書いていきたいと思います。

 

では、最後までありがとうございました^^

 

 

⇒当サイトに来られた方はこちらのページもご覧になっています

 

 

現役セールスコピーライターが本気で作った
完全無料の参加型メルマガ講座

煽ることなく自然とあなたの商品が売れていく
「価値が伝わる文章の秘訣」を全部公開します

 
この記事を書いている人 - WRITER -

広島出身、関西在住のセールスコピーライター。
ブログやメルマガといった手段を使い、文章で信頼関係を
築くライティングを得意としている。

自身が過去に病気を患ったことがきっかけで、
大切な人(家族、友人)と過ごす「当たり前の日常」に
幸せを感じるようになった、2人の娘を持つパパライター。

詳しいプロフィールはこちら

Copyright© こぴらぼ☆コピーライティング研究所 , 2016 All Rights Reserved.